魏延
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

蜀討伐戦の驚きの真実!鄧艾は孫子の兵法書を応用していた!




 

鄧艾(とうがい)

蜀を滅ぼした立役者として知っている方も多いと思います。

そんな鄧艾ですが、

実は蜀を滅亡させる戦で孫子の兵法書を応用することで、

蜀討伐作戦を計画して実行に移していくのです。

では鄧艾はどのように孫子の兵法書を引用して作戦を計画して実行に移していくのか。

今回は鄧艾と孫子の兵法書についてご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考えていた




鄧艾が引用した孫子の兵法書の作戦とは

 

鄧艾は蜀討伐作戦で、

総大将である司馬昭(しばしょう)へ孫子の兵法書を応用した進言を行います。

鄧艾は司馬昭へ「総大将。『敵の防備がない所に攻撃を行い、敵の不意を突く』と

孫子の兵法書の計編に書かれております。」と進言。

司馬昭は鄧艾の進言をすぐに採用することに。

こうして鄧艾は孫子の兵法書をパクった作戦が採用されると

蜀軍の手薄なところに攻撃を仕掛けることになるのです。

では鄧艾はどのような経緯でこの作戦を進言することになるのか。

そして鄧艾が孫子の兵法書を応用した作戦は成功したのでしょうか。

経緯をご紹介していきたいと思います。




蜀討伐初戦:姜維の退路を断つべく巧妙に立ち回るが・・・・

 

魏の最高権力者であった司馬昭(しばしょう)は自ら指揮を執り、

鍾会(しょうかい)や鄧艾達に命令を下して蜀を討伐作戦を始動。

鄧艾は蜀の大将軍で魏軍を迎撃に出撃してきた姜維(きょうい)率いる蜀軍の退路を

断つべく進撃を開始。

鄧艾率いる魏軍は姜維軍と激戦を繰り広げながら、

姜維が漢中へ退却するルートを巧妙に切断していきますが、

漢中付近に近づいて来るとこの地に詳しい姜維に先を越されてしまい、

漢中へ退却させてしまうのでした。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

鍾会と鄧艾:蜀の防衛線である要害・剣閣に攻撃を仕掛ける

 

鄧艾は姜維を逃してしまったため鍾会(しょうかい)率いる軍勢と合流。

鄧艾軍と鍾会軍は姜維が逃亡した蜀軍の防衛地点で、

要害の地である剣閣(けんかく)に向けて進軍を開始します。

両軍は姜維の軍勢が立てこもっている剣閣の地に到着すると全軍に攻撃命令を発します。

鄧艾軍と鍾会軍は火の出るような猛攻を剣閣に対して行いますが、

剣閣の姜維率いる蜀軍を突破することはできませんでした。

 

関連記事:曹操って孫子の兵法書を編集した人だけど兵法を使って戦ったことあるの?

関連記事:【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書

 

鄧艾:孫子の兵法書を応用して蜀討伐作戦を進言

 

鄧艾はこのまま鍾会と一緒に蜀の防衛線である剣閣を攻め続けていてもらちがあかないと考え

司馬昭へ作戦内容の進言を書き記した手紙を送ることにします。

鄧艾は司馬昭へ「姜維は私に敗北して剣閣に立てこもっております。

しかし剣閣は要害の地であるためそう簡単に陥落することはできないでしょう。

そこで横道にそれて山中へと軍勢をいれて、道なき道を突き進みます。

すると剣閣と蜀の首都である成都(せいと)の真ん中に位置する地点に、

出ることが調査の結果明らかになりました。

もしこの地点に我が軍が出現すれば、剣閣の守備兵たちは成都へ引き返すことになり、

剣閣は簡単に陥落することができるでしょう。

また剣閣に篭城している姜維の蜀軍が成都防衛に動かないとなれば、

蜀の守備軍が少ない成都まで我が軍が突き進んで陥落させてしまえばいいのです。

孫子の兵法書も『敵の防備なきところを攻撃し隙を突くべし」と述べております。

今、敵軍の守備兵が少ない地点を攻撃しようとしているのですから、

勝利は間違えないことでしょう。

私にこの作戦をやらせてもらえないでしょうか。」と進言。

司馬昭は鄧艾から蜀討伐作戦のアドバイスを聞いて早速「しっかりやれ」と返信。

鄧艾は司馬昭からの手紙を受け取ると軍勢をまとめて山の中に入っていくのでした。

 

孫子の兵法書を応用した作戦その1:守備の手薄な場所を攻めるため道なき道を進む

 

鄧艾は軍勢を率いて山道に入っていくことになります。

しかし鄧艾が進軍することを希望した山道はとんでもないところでした。

まず山の中にはほとんど道らしき物がなかったため、

山に穴を開けて道づくりから始めなくてはなりませんでした。

そして道が無いということは峡谷と峡谷を結ぶ橋も当然ありません。

そのため鄧艾は山中の道なき道を突き進んでいくために道づくりを行いながら、

峡谷と峡谷を結ぶための橋作りを行っていかなくてはなりませんでした。

崖を登って行く時には鄧艾は兵士達に紐を結びつけて木にしがみつきながら行軍。

鄧艾は崖を下って行く時には、

毛氈(もうせん=獣の毛を加工して織物のように仕上げたもの)を自分の体に巻きつけて転がって

崖を下っていったそうです。

こうした過酷な登山を数百キロに渡って行いながら、

なんとか蜀の江由(こうゆう)に到着することができ、

この地の守備隊長であった蜀の将軍は鄧艾軍の姿を見てびっくりして一戦もすることなく、

降伏することになります。

 

孫子の兵法書を引用した作戦その2:守備兵の少ない最後の防衛ライン綿竹へ攻撃

 

鄧艾は江由の蜀の将軍を降伏させると蜀の首都である成都ヘ向けて進撃を開始。

蜀の将軍であった諸葛噡(しょかつせん)は、

成都防衛の最終ラインである綿竹に軍勢をいれて鄧艾軍を待ち受けます。

鄧艾は魏軍を率いて綿竹に到着すると息子である鄧忠(とうちゅう)と

師簒(しさん)に命じて、守備兵が少ない蜀の最終防衛ラインである綿竹へ

攻撃を行うよう命令を下します。

しかし鄧忠と師簒は諸葛噡が篭城している綿竹を攻略することができずに敗北。

鄧艾は激怒して

「お前ら!!ここが魏と蜀の一戦を決める大事な戦いであることをわかっているのか。

もう一度チャンスをやるからなんとしても綿竹を攻略してこい。

もしもう一度ここに戻ってきたらどうなるかわかっているだろうな」と脅迫。

鄧忠と師簒は鄧艾の激怒に触れてビビってしまい、

すぐに軍勢を率いて綿竹に向かって猛攻をかけます。

その結果、鄧艾軍は大きな犠牲を払いながら綿竹を攻略し

綿竹を守備していた諸葛噡·張遵(ちょうじゅん)らを討ち取ることに成功。

こうして綿竹を攻略した鄧艾は軍勢を成都に向けて進軍していくのでした。

 

蜀討伐が終わりを告げる

 

鄧艾は成都近辺にある雒(らく)に到着すると蜀の皇帝・劉禅の使者がやってきます。

劉禅の使者は鄧艾に対して「ここに蜀の皇帝が保有していた玉璽と

降伏文書をだずさえております。 」と述べます。

鄧艾は「よっしゃー!!」と小躍りして喜んで劉禅の降伏を受け入れることに。

こうして蜀討伐は終わりを告げることになります。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は蜀討伐において孫子の兵法書を応用した鄧艾の作戦について

ご紹介させていただきました。

しかしここで一つの疑問が沸いてきませんか。

それは鄧艾がいつ孫子の兵法書を学んだのかと言うことです。

鄧艾の幼い頃は父が早くに亡くなってしまったため、

母親と二人で生活をしており勉学に励んでいる暇はなかったでしょう。

では一体いつ学んだのか。

レンの推測ですがもしかしたら鄧艾は、

仕事を行いながら孫子の兵法書をしっかりと学んでいたのではないのでしょうか。

仕事の休憩時間や家に帰宅した後、戦で行軍している時になどに孫子の兵法書を読んで、

兵学について学んでいたのかもしれません。

このように仮定するであれば、

鄧艾はかなりの努力家でありこのような努力を怠ることなく続けた人間だからこそ、

蜀を討伐する大きな功績を立てることができたと言えるのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長続きした?

関連記事:【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 酔いつぶれる劉備玄徳 【三国志演義】無能な劉備は知識人の理想の君主?
  2. おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗…
  3. 韓信 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだっ…
  4. 株式会社三国志で働く劉備と孔明 【将苑】諸葛孔明の人物鑑定7つの方法
  5. 【アニメで分かる三国志】劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」を見れば…
  6. 山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界
  7. 賈詡 ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?
  8. 初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. オオクニヌシ(日本神話)
  2. 晋の陳寿
  3. 陸遜
  4. 鼎(かなえ)
  5. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  6. お酒が強い篤姫
  7. キングダム52巻
  8. 陸遜
  9. 陳宮

おすすめ記事

  1. 法正は名軍師だったの?性格が最悪な徳性なき蜀の天才参謀 法正と夏侯淵
  2. キングダム 528話 ネタバレ予想:橑陽の牙 楊端和
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/15〜8/21】
  4. 袁術へ強制的に仕えることになった華歆がマッハで彼に見切りをつけた理由ってなに? マッハで逃げる袁術に捕まってしまう華歆(華キン)
  5. 孫堅と孫策の似てないところは一体どこ? 海賊時代の孫堅と孫策
  6. 曹操に敗れすべてを失った馬超の性格を考える【後半】 ボロボロになった馬超

三國志雑学

  1. 馬超 vs 許褚
  2. 司馬懿対孔明
  3. 蜀軍に勝利する木鹿大王(南蛮族)
  4. 曹操は褒め上手
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備、孫権、魯粛
  2. 張遼・楽進・李典
  3. キングダム54巻amazon
  4. 西園寺公望
  5. 夏侯惇

おすすめ記事

呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!? 陳寿(晋) 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント? ホウ徳、馬超 曹操に仕える前の龐徳って何してたの?地方の役人として後漢王朝に仕えていた男の人生 簒奪する王莽 王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物 関羽の呪いでなくなる孫皎(そんこう) 孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関羽の呪いで 玉璽 三国志 玉(ぎょく)が大好きな中国人 孔子と儒教 儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる? 吉田松陰(極悪顔) 吉田松陰はテロリストなの?それってホント?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP