はじめての列子
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【kawausoミエル化計画】地味な劉表政権をミエルカしてみたよ!




 

kawauso編集長が考えるに、この世界に必要なのは透明化なのです。

それは、三国志ですら例外ではありません。

文章の嵐で、つい分かったかのような気になる三国志ですが、

実は細かい部分は、まるで分からないという事はとても多いのです。

そこで今回は、地味な劉表(りゅうひょう)政権の組織のミエル化に

チャレンジしてみましたよ。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:董卓軍の軍事組織はどうなっていたの?暴君の軍隊をミエルカしたよ




荊州軍閥、蔡瑁&張允、そして、参謀の蒯越の手柄の劉表政権

 

では、今回も恒例、劉表政権をミエル化してみましょう。

ご覧の通り、TOPには、荊州牧、鎮南将軍、あと仮節とか色々持つ劉表

左右には、劉表の息子の劉琦(りゅうき)と劉琮(りゅうそう)がいます。

その下にいるのが、荊州のベスト4にあたる、蒯越(かいえつ)と蔡瑁(さいぼう)

張允(ちょういん)文聘(ぶんぺい)です。

 

蔡瑁と張允は、荊州の軍閥の蔡家の有力者で、姉を劉表の妻にするなどで、

結びついているというのは、よく知られています。

 

一方の蒯越は、東曹掾として元々、何進(かしん)に仕えていましたが、

宦官の殺害を進言して容れられず、後難を恐れて汝陽の令として、

荊州に赴き劉表配下になった人です。

 

謀略と弁舌を駆使して劉表に対立していた地方官や豪族を

バカバカ攻め滅ぼしたり降伏させています。

劉表は兵力を蔡瑁から借りて、知恵は蒯越から

借りたと言えるかも知れません。

 

もう一人の文聘は、荊州の北部を守っていた大将とあるので、

魏の方面を見ていた武将だと言えるでしょう。

曹操に許され、魏では後将軍にまでなっているので、

相応に地位があった人であると考えて、蔡瑁や蒯越と同格にしました。




中堅で敵を撃破した人々

 

その下には、主に地方の太守だった人々が並んでいます。

劉表の配下で一番有名なのは黄祖(こうそ)で、たまたま孫堅(そんけん)を討った為に、

孫呉の孫策(そんさく)孫権(そんけん)に執拗に攻められ、

首を討たれた可哀想な人物です。

その支配下に益州で反乱を起こして、荊州に落ちてきた甘寧(かんねい)がいます。

 

黄祖の隣にいる劉磐(りゅうばん)という人は長沙郡を守備した人で、

劉表の姻戚ですが、勇猛な人物で、度々、孫呉の領地に侵攻した程でした。

その為に、孫策太史慈(たいしじ)を建昌都尉として、対抗させたので、

劉磐は、歯が立たなくなり、侵攻を差し控えたようです。

 

その隣は、霍峻(かくしゅん)で、兄の霍篤(かくとく)が集めた私兵団を

兄の死後に引き継いで率いていたそうです。

劉表政権が倒れると劉備に仕え、益州攻略等で活躍しました。

 

さらに隣の韓嵩(かんすう)と劉先(りゅうせん)は、

曹操の力の大きさに屈服して劉表に降伏を勧めたという人物ですが、

零陵太守と武陵太守です。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

黄祖を逃がして戦死した 劉虎・韓晞

 

中堅どころの下には、どこに位置付けていいか分かりませんが、

5000名の長矛兵を率いて、黄祖の救援に向かった

劉虎(りゅうこ)・韓晞(かんき)がいます。

奮闘して、黄祖は逃がしたものの孫策軍の猛攻の前に、

二人とも戦死してしまいました。

 

劉虎は、劉表の従子のようなので、地位は高いのかとも思いますが、

韓晞の出自がよく分からないので、中堅より下にしました。

 

関連記事:正当防衛なのに・・孫家に恨まれ続けて殺された黄祖(こうそ)

関連記事:実在した仙人?史実でも孫策に殺されてしまう于吉(うきつ)

 

 この頃は、一番下?甘寧黄忠、向朗

 

末端にあたるのは、太守の下に位置する武将です。

黄祖の使い走りとして、幾ら手柄を立てても褒美も昇進もなかった甘寧や、

劉表政権下で、中郎将でしたが、長沙太守の部下だった黄忠(こうちゅう)を配置します。

 

向朗(しょうろう)は、臨沮県長でしたが、後に劉備(りゅうび)に仕えてからは、

行政手腕を認められ、孔明(こうめい)の死後には、左将軍まで出世しています。

黄忠劉備に仕えてから運が向いて、後将軍になっていますし、

甘寧も、西陵太守・折衝将軍になっているので、ここは出世頭が奇しくも、

揃っていたという事になりますね。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

いかがだったでしょうか?推測も込みで、劉表政権の序列をミエル化してみました。

ランクづけすると、蒯越が蔡瑁と同列に近い扱いだったり、文聘が荊州北部で、

対魏戦線に向けられ、大将であった事など、これまで見えなかった部分が見えてきて、

なかなか面白いものではないでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘ってどんな人?

関連記事:悲惨!呉のエクスペンダブルズ甘寧のストレス爆発人生を振り返る

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. ボロボロになった馬超 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明
  2. 【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの?
  3. 『三国志』には色々な武器が出てくるけど、やっぱり鉄でできてたの?…
  4. 横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?
  5. 徐晃が地味な原因は裏方仕事が多いせいだった!
  6. 秦の為に戦い秦人に恨まれた名将 章邯(しょうかん)
  7. テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指…
  8. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その1

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 老荘思想(ろうそうしそう)
  2. 陸遜
  3. 織田信長

おすすめ記事

  1. 井上源三郎とはどんな人?剣術の腕や人柄を紹介 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  2. 新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった 異民族に好かれる董卓
  3. 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王
  4. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第1部
  5. 篤姫と幾島の本当の関係は?
  6. 三国志演義に登場する兵器 魏三国時代の兵器(魏軍合体ロボ) 曹操

三國志雑学

  1. 沙摩柯
  2. 胡亥
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 費禕
  2. 徳川家康をボコボコにする武田信玄

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【11/20〜11/26】 范雎(はんしょ)とはどんな人?平民から秦の宰相まで上り詰め、恩と復讐を忘れなかった苦労人 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第19話 「罪と罰」の見どころ紹介 痛い目にあう孫権 合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなった? 【月間まとめ】2016年3月の注目ニュース19選! 【第1回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】蔡文姫さんと一緒に攻略プレイ! 始皇帝(キングダム) 【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦 西郷隆盛像が上野恩賜公園に設置されている理由とアクセス(行き方)

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP