ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
徐庶


はじめての三国志

menu

はじめての変

【痛恨の極み】吉川英治さん、どうしてあの三国志の迷シーンを復活させちゃったの?

読書する劉備


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

みなさんに一番なじみのある三国志は何でしょうか。

真・三國無双、三国志大戦、蒼天航路、などなど。

女子化しようが妖怪になろうがモビルスーツになろうが三国志は三国志。

じつに懐が深いですね。

ところで、三国志好きの人と好きな武将談義を始めると、必ず

魏延(ぎえん)を熱烈に支持する人が一定数いますよね。

確かに魏延は働き者で親分肌、魅力的な人物ではありますが、なにも

そこまで……? と傍目にいぶかってしまうほど熱烈な支持者が、

必ずいるはずです。

これはきっと、吉川英治さんのせいですね。

三国志演義成立の過程で毛宗崗(もうそうこう)がせっかく削った、

魏延が可哀相すぎるあの迷シーンを、吉川さんが復活させちゃったせいに違いない!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』


吉川英治(よしかわ えいじ)さんって?

 

三国志ってなんとなく知ってはいるけど読んだことないな、という人が、

三国志を読んでみた、と言いたくなったら、吉川英治さんの小説の三国志か

横山光輝さんの漫画の三国志を手に取るのが一般的なのではないでしょうか。

横山さんの漫画は吉川さんの小説をもとにして描いておられるので、

三国志のお話ってこういうものかな、と多くの人がイメージするのは

吉川英治さんの小説がもとになっていることと思います。


魏延との因縁は?

 

吉川さんの三国志は三国志演義を膨らませて書かれたものですが、

三国志演義劉備(りゅうび)陣営びいきで書かれているので、

劉備さん超いい人、劉備を困らせるのはみんな悪人。孔明(こうめい)さん超天才、

孔明を困らせるのはみんな悪人、というスタンスになっています。

北伐の終盤で孔明さんの言うことを素直に聞かず困らせていた魏延さんは

もちろん悪人扱いです。

名将黄忠(こうちゅう)を助けて長沙(ちょうさ)を劉備に差し出したお手柄の魏延に、

孔明は「この者には反骨の相があります」なんて嫌なことを言っており、

ふつうに考えれば魏延かわいそう、ってなりますよね。

しかしこれは魏延が後々謀反をすることをこの時点から予見していた

ことで孔明の聡明さを際立たせるための演義流の演出です。

(現代人の感覚からすると、そこで冷たい仕打ちをされたから恨みに

思って後の謀反の種になったんじゃないの、って思いますが……)

これもひどいですが、「あの迷シーン」とは、第五次北伐の、

秋風五丈原(ごじょうげん)の頃の話です。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?


丞相病篤かりき、魏延怒り深かりき

 

第五次北伐で、孔明が司馬懿(しばい)を谷におびき寄せて閉じ込めて

火計で倒そうとするシーンがあります。

その時、三国志演義の古い系統の本では、孔明が魏延も一緒に閉じ込めて

司馬懿もろとも焼き殺そうとしたことになっています。

後々謀反することが分っているからという理由で。

……なんで決めつけるんですか孔明さん。あんまりです。

そして、火計が失敗して、魏延が謀略に気付き激怒する、なんていう

なりゆきになっています。これじゃあ謀反するのも当然だよ……

これではあまりにも孔明さんがひどすぎるので、毛宗崗が編纂したと

言われる新しい系統の三国志演義では、魏延謀殺未遂の経緯はバッサリ

カットされています。

ナイス毛宗崗。さすがにあのシーンはひいきの引き倒しですからね……

 

関連記事:【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆するつもりだったの?

関連記事:魏延を倒した楊儀は孔明が亡くなった後どうなったの?


  

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

その、毛宗崗がせっかく削った迷シーンが、吉川英治さんの三国志には

入っているんですよ。

そうこられちゃうと、やっぱり情として、魏延はそんなに悪くないんじゃ

ないの? って思いますよね……

その結果として熱烈な魏延ファンが大勢生まれている今日の状況。

いち三国志ファンとしては、正直、とっても面白いです!

吉川さん、ありがとう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:かつて日本で大流行したカリスマコメント付き三国志が存在した!

関連記事:【意外】日本人のほうが三国志を原文で読めるって知ってた?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 


 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 亡くなる袁紹 曹操の北伐~袁氏の滅亡~
  2. 孫姫 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part3
  3. 真田丸 いまさら聞けない真田丸って一体何なの?
  4. 周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志 かつて日本で大流行したカリスマコメント付き三国志が存在した!
  5. 残忍な曹丕 【シミルボン】おのれ曹丕!縁談をぶち壊され大騒動を起こした丁儀
  6. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチ…
  7. 赤壁の戦いで敗北する曹操 完全無欠の敵役!?曹操の弱点とは?
  8. 九品官人法を作った陳羣 陳羣(ちんぐん)って九品官人法以外の実績ってあるの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁術
  2. 費禕
  3. 親バカな諸葛孔明
  4. 鼻をほじりながら無関心な織田信長
  5. 悪い顔をしている諸葛亮孔明
  6. 東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん
  7. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ

おすすめ記事

  1. 姜維の逸話を読み解いてみる。意識高い系かそれとも悲劇のヒーロー? 北伐したくてたまらない姜維
  2. 徳川慶喜とナポレオン三世の知られざる日仏交流史
  3. 曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ! 孟達に猛烈なラブコールを送る曹丕
  4. 近代日本の税制改革・地租改正とは?太閤検地から江戸時代まで解説 まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  5. 劉琮とはどんな人?なぜ曹操と戦わず降伏したの? 曹操に降伏する劉琮
  6. 諸葛亮と龐統は売れ残り?水鏡先生につかまされた劉備 司馬徽

三國志雑学

  1. 夷陵の戦いで負ける劉備
  2. 司馬懿
  3. 曹叡


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 漢の顔良(がんりょう)
  2. 周瑜と孫策
  3. 劉禅と董允
  4. 孔明VS曹操
  5. 山頂に陣を敷いた馬謖

おすすめ記事

華歆(華キン) 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官 蒼天航路 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ! 凌統 凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ 袁術と孫策 孫権はなぜ孫策の子息を冷遇したの?それは孫権が袁術を愛していたから? 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.1 陸遜の部下の兵士 【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってきたのか? 蔡琰 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生 亡くなる周瑜 周瑜の死因と三国志の英雄たちの死因を調べたら判明したことを紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP