よかミカンの三国志入門
三顧の礼




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【羌瘣や摎の先輩】處女(しょじょ)とはどんな人?実在した越の軍事教官【キングダム外伝】

この記事の所要時間: 342




 

キングダムには、羌瘣(きょうかい)やカイネ、摎(きょう)、そして

ゴッドねーちゃん禍燐(かりん)のような戦う美女が存在します。

しかし、実際の戦争は男の世界であり、女性が入る余地は無いとされていました。

ところが、キングダムの時代を遡る事300年前、越王勾践(こうせん)の時代、

軍師范蠡(はんれい)の要請を受けて、越軍を無敵の強さに鍛え上げた

軍事教官の女性がいました、それが越の女性、處女(しょじょ)です。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想!




處女(しょじょ)は范蠡の頼みで越軍を鍛え上げる

 

越王勾践は、当初、名臣伍子胥(ごししょ)の補佐を受けて、

臥薪嘗胆(がしんしょうたん)を行い、越への復讐に燃える

呉王、夫差(ふさ)と戦い敗れます。

 

あわや滅亡寸前という所で、勾践は、夫差の近臣に賄賂を贈り何とか助命され

以後は、夫差にへりくだりながら、密かに敗れた越軍の再建に乗り出しました。

しかし、負け癖のついた軍隊を短期間で鍛え上げるのは至難の業でした。

勾践より命令を受けた軍師の范蠡は思い悩みますが、その途中に處女に出会います。

 

彼女は美貌の女性でありながら、武芸絶倫の女武者であったようで、

范蠡は彼女の能力に惚れこんで軍事教官を任せたのです。




處女は鬼軍曹、森林や湿地、山岳で越軍を鍛える

 

越の人間である處女は、国の為ならと軍事教官を引き受けます。

そして、負け癖のついた至弱の越兵を短期間で鍛え上げる為に、

あえて、森林、湿地、山岳で越兵を錬兵していきました。

平地でも疲労する軍事訓練を歩くのも大変な場所で行うのです。

これぞ、まさに今風のブートキャンプ、彼女は元祖ビリー隊長と言えます。

 

「呉を倒す為だ!明日に向かってヴィクトリー!!」By處女

 

過酷な訓練に軟弱な越兵は脱落していき、彼女は鬼軍曹と呼ばれました(多分)

ですが、武芸の達人であると同時にカリスマ性があった處女の考えは、

次第に越兵に受け入れられ、越兵は短期間で

中原一の精兵に生まれ変わったのです。

 

強い女處女、勾践の愛より軍を撰ぶ

 

ところが、そんな彼女に心ひかれた人物がいました、越王、勾践です。

最初は我慢していましたが、ついには處女を後宮に入れて寵愛したい、

添い遂げたいと願うようになります。

 

處女の方も、勾践の想いに気付いて、女の幸福か、

それとも越軍の育成かで心が揺れ動きました。

 

悩みに悩んだ末に、處女が出した結論は、越軍を鍛え上げる為に

自分の人生を捧げるという決断でした。

處女の堅い決意に、勾践も彼女を後宮に迎える事を断念します。

 

處女の鍛え上げた越軍が宿敵呉を撃破する

 

彼女が人生を捧げて鍛え上げた越軍は、紀元前473年には、

とうとう呉の都、姑蘇(こそ)を陥落させ呉王夫差を捕虜にします。

越王勾践が夫差に敗北を喫してから、22年の歳月が流れていました。

その間、處女は、休む事なく軍事教官として越軍の強化に人生を捧げたのです。

 

自分の鍛え上げた越軍が呉を撃破したと聞いた處女は、

これで私の使命は終わったとばかりに、王宮を去り、

故郷に隠居したと伝えられています。

 

自分の地位に恋々としない潔さは、まさにクールビューティですが、

もしかすると、王宮に留まると勾践が再び焼けボックリに火で

「もう、呉には勝ったのだから、余と一緒になろう!いいじゃないの~」

グダグダな関係になるのが嫌で、故郷に戻ったような気もします。

 

もしそうなら、あの時は、あの時です!と、キッパリ未練を断ち、

惰性に流れないのも處女の魅力だと思うのですが・・

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

處女は、越女とも言われています、これだと、ただ越の女という意味で、

寂しいので、處女の方がいいですね。

もしかすると、勾践の求婚を退けて故郷に帰って後も、生涯を独身で通したので、

ヴァージンの「処女」が転じて處女になったのかも知れません。

結婚だけが女の幸福ではないと、天賦の武芸の才を活かし軍事教官として

越王勾践を覇者にした彼女の人生は、フィクションとしてのキングダムの女性

キャラクターにも反映されていると言えるでしょう。

 

※参考文献:三栄書房 史実で読み解く「キングダム」の世界

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何?

関連記事:これは凄い!司馬尚・龐煖のシバケンコンビがオルド将軍を撃ち砕く?

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. キングダムのレジェンド、楽毅(がくき)は何をした人?
  2. 【キングダム】河了貂(かりょうてん)は本当にポンコツなのか?検証…
  3. あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬
  4. 27話:良い事が無かった曹操に勝機が訪れる!青州兵誕生秘話
  5. 「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  6. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?
  7. 孫策、陸遜、顧邵、他 もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策!
  8. 【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呉の勢力を率いる孫策

おすすめ記事

  1. 孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?
  2. 西郷隆盛は本当に「ごわす」「おいどん」と鹿児島弁を言ってたの?
  3. そうなの!劉備と孔明は故郷について真逆のスタンスだった
  4. 三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家
  5. 三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いられていた
  6. 【始皇帝失敗】巡遊で天下に顔を売るつもりが命を狙われる羽目に

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

おすすめ記事

江藤新平と大久保利通、明治時代の権力闘争 アドバイザー賈詡の張繍育成日記 【シミルボン】本当は凄い!黄巾賊を滅ぼし後漢を支えた三将軍とは? 秀吉&官兵衛、大助かり、湿地帯の高松城は簡単に水攻めできた? 『うしおととら』の獣の槍の元ネタは孫子の時代にあった?古代中国の名剣・干将と莫邪 【大三国志 攻略6】Lv7の土地攻略、青州より太守機能や最強部隊を一挙公開 車に乗る諸葛亮 劉琦が劉備と諸葛亮に利用されていた理由とは? 封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説

おすすめ記事

  1. 【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの?
  2. 蜀漢の外戚・呉懿(ごい)は有能なのに地味で実は孔明に敬遠されていた?
  3. 【龍と犬とロバ】魏呉蜀で活躍した諸葛一族
  4. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2
  5. 【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違うのだよザクとは…
  6. 明智光秀は安土城を焼いたのか?その理由は 安土城 織田信長が作らせた城
  7. 後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?
  8. 123話:馬謖痛恨のミス!!泣いて馬謖を斬る孔明

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP