呂布特集
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての呉

潘濬(はんしゅん)とはどんな人?劉備から孫権に主を代えるも孫権に忠義を尽くした硬骨漢

呉南蛮異民族をボコボコにする潘濬(はんしゅん)




 

孫権(そんけん)関羽(かんう)が魏の樊城(はんじょう)へ攻撃を仕掛けるため、

北上したことを知ると劉備(りゅうび)との同盟を破棄して魏と結びます。

孫権は魏と結ぶと劉備の義弟・関羽が領有していた荊州(けいしゅう)を陥落。

孫権は荊州を奪うと劉備陣営から麋芳(びほう)士仁(しじん)などの将軍が、

降伏してきます。

はじめての三国志の読者の皆様は孫権が荊州を陥落させた時、

劉備陣営からもう一人有名な人物が降伏してきたのをご存知ですか。

 

 

その名を潘濬(はんしゅん)と言います。

劉備陣営では目立った活躍をしなかった潘濬

しかし潘濬は孫権に仕え忠義を尽くしてその名を歴史に刻むことになるのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【衝撃の事実!!】正史三国志の作者・陳寿は孫権が打ち立てた孫呉を皇帝として認めていなかった!?




劉表から劉備へ主を変える

 

潘濬は最初劉表(りゅうひょう)に仕えていましたが、

劉表が亡くなり荊州の全土が曹操の物になった時、

劉備の元へ馳せ参じて配下として加わります。

劉備は赤壁の戦いの後南荊州を領有することになると潘濬を事務を担う役職を与えます。

その後劉備は益州を領有することになると南荊州全体の事務仕事を担うことに。

こうして潘濬は荊州で事務の仕事を数年間続けたある日、

とんでもない出来事が起きることになります。




孫呉に荊州を奪われる

 

関羽は荊州北部を領有している魏の領土を攻撃するため軍勢を率いて北上。

孫権は関羽が領有している南荊州の守備兵が少なくなったことを知り、

秘密裏に劉備との同盟を破棄して曹操と手を結んで荊州へ攻撃を行うことに。

孫権は呂蒙(りょもう)陸遜(りくそん)潘璋(はんしょう)など、

孫呉の歴戦の将軍に精鋭の軍勢を率いさせて出撃。

関羽の精鋭軍団が居なくなった南荊州は孫呉の軍勢に降伏してしまうのでした。

潘濬も孫呉の軍勢に抵抗することができずに孫呉へ降伏することになります。

孫権は孫呉に降伏してきた潘濬の名声が南荊州に知れ渡っていたことを知っており、

すぐに職を与えて厚遇するのでした。

こうして潘濬は劉備から主を変えて孫権に仕えることになるのでした。

 

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

孫権に降伏した後、異民族討伐で成果を挙げる

 

潘濬は孫権に降伏した後厚遇され侯の位と将軍の位を与えられることになります。

更に潘濬は孫権が皇帝の位に就任した際孫呉の重臣として太常の位を与えられることに。

こうして孫呉の重臣として迎えられた潘濬。

そんな中五谿蛮(ごけいばん)と言われる異民族が孫呉に反乱を起こして挙兵します。

孫権は重臣であった潘濬へ「五谿蛮を討伐してきてくれ」と命令を与えると共に

数万の軍勢を指揮する軍事権を授けます。

潘濬は孫権から命令を受けると早速軍勢を率いて五谿蛮討伐へ赴きます。

潘濬は軍律をしっかりとするため軍功があった人物には褒美を与えて褒め称え、

軍律を犯して好き勝手やる人物には容赦なく罰して兵士達の規律を引き締めます。

この結果潘濬率いる孫呉軍は軍律をしっかりと守り、

孫呉に反乱を起こした五谿蛮の異民族軍を討伐することに成功。

五谿蛮以外の異民族勢力は五谿蛮が討伐された事を知ると急速に勢力を縮小していき、

孫呉に歯向かう事をしなくなったそうです。

潘濬は劉備政権に属していた時には事務仕事を行っていた文官でした。

しかし孫権に仕えた潘濬は文官としての能力を発揮しながら上記のような武功を挙げて、

孫呉の重臣として重宝されるのでした。

さてここから潘濬が孫権に忠誠を尽くしたエピソードをご紹介していきましょう。

 

孫権に忠誠を尽くした潘濬のエピソードその1:雉狩りをやめなさい!!

 

孫権は雉狩りが好きで暇を見つけると弓矢を持って雉ハンティングする為、

馬に乗って遊びに行っていたそうです。

潘濬はある日孫権が趣味の雉ハンティングに出かけたことを知ると追いかけていき、

孫権に追いつきます。

潘濬は孫権に追いつくと「雉ハンティングしすぎ。もう少し控えていただきたい」と注意。

孫権は潘濬に注意されると「そんなに雉ハンティングしてないし。

潘濬達が居ない時にだけしか、してないし」と反論。

すると潘濬は「殿。まだ天下は平定されておらず殿のやるべきことも多くあります。

弓矢の弦が切れて殿に当たったら怪我をなさいます。

また雉ハンティングを急いでやる必要性もないでしょう。

どうかここは私の顔を立ててやめていただきたいと思います。」と懇願します。

孫権は潘濬の懇願を聞いて雉ハンティングをやめて宮殿に帰るのでした。

そして宮殿に帰ってきた孫権は雉ハンティングを行う弓と弦を破壊して、

二度と雉ハンティングをしなかったそうです。

孫権に対して潘濬の態度は厳しすぎるような気もしますが、

孫呉と孫権を思った注意だと考えれば忠誠を尽くしていると言えるのではないのでしょうか。

 

孫権に忠誠を尽くした潘濬のエピソードその2:孫呉の為に命懸けで災いを除く

 

孫権は高齢になると次第に暴君へと変化していきます。

そんな孫権へ上手く取り入って権力を握った人物がおりました。

その人物の名前を呂壱(りょいつ)と言います。

呂壱は孫権に取り入ると重臣達の些細なミスを大きく取り上げて処罰していきます。

呂壱に処罰された孫呉の重臣達は多くおり、陸遜(りくそん)や諸葛瑾(しょかつきん)など

の重臣達が被害に遭っていました。

更に呂壱は自分の悪口を孫権に伝えた者も処罰の対象として、

次々と罰していきます。

そのため孫呉の重臣達は呂壱を恐れてしまい孫権に「呂壱を追放しなさい」と

注意する人物がいなくなってしまうのでした。

しかし潘濬は呂壱を恐れることなく孫権へ注意をするべく任地の武昌(ぶしょう)を離れて、

孫呉の首都・建業へやってきます。

潘濬は建業に到着すると孫権に「呂壱を処罰してくれ」と嘆願しようとしますが、

孫権の太子となっていた孫登(そんとう)が何度言っても現状が変わらない事を知ります。

潘濬は孫権に直訴することをやめて重臣達を集め、

この招集に応じてやってきた呂壱を殺してしまおうと計画を立てます。

呂壱は潘濬が己を殺害しようと計画を立てている事を知って、

潘濬の招集に応じることなく家に引きこもってしまうのでした。

こうして潘濬の計画は失敗終わってしまいます。

だが潘濬はこの計画が失敗に終わってもめげませんでした。

潘濬は計画が失敗すると孫権が出てくる会議が行われた際に

「呂壱は孫呉の重臣へ無実の罪を着せて処罰しておりますぞ」と訴えます。

また潘濬は孫権の元へ手紙を送って「呂壱を殺害しないと孫呉の重臣達は、

皆孫権様から心を離してしまいますぞ」と訴えます。

孫権は潘濬から度々このような呂壱の悪事についての訴えを聞いて、

ついに呂壱を処断する決断をします。

孫権は呂壱を処刑した後、

呂壱に無実の罪を着せられていた重臣達全員へ手紙を送って謝り

「今後も俺を助けてくれないか」と懇願したことによって、

孫呉の重臣達も孫権を許して事なきを得ることができたそうです。

潘濬が命を賭して孫権に何度も「呂壱を殺害しなさい」と訴えたからこそ、

孫呉の内部分裂を防ぐことができたと言えるでしょう。

ですが潘濬のこの訴えが孫権に届くことがなければ、

潘濬が逆に処断されていた事を思うと命懸けの行動であり、

孫呉と孫権に深い忠誠心がなければできない行動と言えるでしょう。

またもしもですが呂壱が孫権に気に入られる事を利用して潘濬等を処断して、

やりたい放題やっていたら孫呉が内部分裂してしまい、

孫権の時代に孫呉は滅びていたかもしれませんね。

このように考えれば潘濬は孫呉の硬骨漢として歴史に名を残したことも

うなずけるのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

蜀から孫呉へ主を変えた潘濬。

潘濬は孫権に忠誠を持って仕えた事で孫呉の重臣となり、

歴史に名を刻むことができたと言えるでしょう。

もし潘濬が劉備政権へ仕え続けていればどうなっていたのでしょうか。

レンの勝手な憶測ですが歴史に名を残すことができたとしても、

列伝に残るような実績を残すことができなかったかもしれません。

その理由としては関羽死後の劉備の激怒ぶりを考えればお分かりだと思います。

劉備へ孫呉出兵はやめた方がいいと進言したある文官は、

牢屋へぶち込まれてしまったそうです。

そのため潘濬がもし成都へ帰還したとしても、

関羽を殺された激怒が収まっておらず劉備に許された可能性は薄いと思います。

ですがもし劉備の許しを得て蜀の文官として潘濬が再仕官できれば、

諸葛孔明の片腕もしくは蜀の政権において居なくてはならない人物として、

孫呉よりも重く扱われたかもしれませんね。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志・呉書 陳寿著・小南一郎訳など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫権の部下に三君有り!孫呉三君とはいったい誰を指すの?

関連記事:【三国志版艦コレ】孫権が保有していた巨大戦艦長安を解説

 

 

-古代中国の暮らしぶりがよくわかる-

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 魏曹操と魏軍と呉軍 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス
  2. 【第三回 放置少女】ひとりぼっちからの脱出と景品を狙い撃つぜ
  3. 魯粛 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?
  4. 魏を破る朱然 呉のマスオさん朱然、養子で入って呉に尽くした小さな大都督の人生
  5. 司馬懿と曹操 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生
  6. 曹操 幼少期・青年期の曹操がかなりやんちゃってほんと!?
  7. 対立する西郷隆盛と大久保利通 大久保利通と西郷隆盛西南戦争の原因は王道vs覇道の対立だった
  8. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志ライター黒田レン
  2. 陸遜
  3. 陸遜
  4. 騙し合う呂布と袁術
  5. 夏

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】拝啓 我が息子瞻へ・・諸葛亮息子への手紙 親バカな諸葛孔明
  2. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.2【完】 陸遜
  3. 【センゴク】明智光秀へ「ありがとう」と感謝しなくてはならない大名達を紹介 上杉謙信
  4. はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」
  5. キングダム541話 ネタバレ予想「藺相如側近 堯雲の実力は?」
  6. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第12部 郭嘉 vs 法正

三國志雑学

  1. 周泰(しゅうたい)の全身の傷を解説する孫権
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孫尚香
  2. 軍事面でも才能を発揮する諸葛恪
  3. 夏侯惇
  4. 藏覇と孫権
  5. 美女を集めた曹叡
  6. 袁紹モグラ作戦

おすすめ記事

孟嘗君 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を持った戦国四君【青年編】 キングダム最新刊43巻発売決定!43巻の見どころとネタバレ予想! 袁渙(えんかん)とはどんな人?正史「三国志」に登場し曹操が涙を見せて死を悲しんだ政治家 景帝(けいてい)は前漢の第6代皇帝 景帝とはどんな人?「文景の治」の一角を担った前漢の第6代皇帝 セミナリオ(教会) 天下布武の安土城!織田信長はなぜ安土城を建てたのか? 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀を知る観光おすすめスポット5選【丹波亀山城・福知山城・勝竜寺城】 中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説! 【古代中国の伝説の聖剣】欧冶子が作った宝剣がとんでもない高価なモノだった!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP