よかミカンの三国志入門
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

はじめての変

策士・参謀・軍師の役割の違いって何?

この記事の所要時間: 239




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志の定義」のコーナーです。

 

 

定義という言葉を久しぶりに使いました。

中学2年生の数学の図形分野で登場しますね。

定義とは、「その言葉の意味をもっと詳しく正確に述べたもの」です。

例えば二等辺三角形の定義は「2辺が等しい三角形」でした。

 

三国志の世界でもこの定義を使ってみましょう。

明確な意味や共通認識が確認できるはずです。

今回は「策士」「参謀」「軍師」の定義について調べていきます。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の時代の数学を体験してみよう!なんと円周率はおよそ3ではなかった!?




策士の定義とは

 

現代でも策士という言葉は使用することもありますね。「恋愛の策士」「政界の策士」。

策士の定義としては、「謀を好んで、巧みに駆け引きする人」のことです。

直接的に相手にぶつかっていくわけではなく、背後で暗躍するイメージですね。

「策略が上手な人」はすべて策士に該当するということになります。

 

 

三国志では誰が当てはまるのでしょうか。

後漢の皇帝に仕えた「十常侍」なんてまさにドストライクですね。

多くの主君に仕えて策略面をサポートした「賈詡(かく)」もまさに策士です。

劉備を益州に招いた「張松(ちょうしょう)」も策士としての印象が強いです。

女性であれば董卓(とうたく)呂布(りょふ)に対して

ハ二―トラップを仕掛けた「貂蝉(ちょうせん)」も策士ですね。

そう考えてみると政治家も軍師と呼ばれる人も、

名外交官も、知将もみんな策士という枠組みに入るのかもしれません。

戦国乱世の中にあって生き残っていくためには、

誰であっても策士という一面が必要だったかもしれませんね。

張飛(ちょうひ)だって策略で厳顔を破っていますから、立派な策士です。




参謀の定義とは

 

参謀はどうでしょうか。

こちらの定義は「高級指揮官の補佐役」です。

指揮権はなく、情報を集約したり、そこからアドバイスしたりするポジションになります。

当然のように優秀な策士でなければ務まりません。

 

劉備が益州を攻略する際の「龐統(ほうとう)」や

漢中を攻略する際の「法正(ほうせい)」がこれに該当します。

曹操が河北を制圧する際の「郭嘉(かくか)」や、

長安近郊で馬超韓遂で戦った際の「賈詡」も同様ですね。

ポイントは指揮官と共に戦場に出向いて助言している点ではないでしょうか。

 

基本的に女性が戦場に出ることはありませんから、

三国志の中では該当者はいないと思われたのですが、

趙昂の妻である「王異」だけは別格です。

攻め寄せる馬超相手に弓をとって応戦し、夫に何度も助言しています。

 

現代であれば「選挙戦」というくらいですから選挙は戦場です。

選挙参謀には女性もいますね。

トランプ大統領の陣営にはコンウェイさんという名参謀がいました。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志1

 

軍師の定義とは

 

軍師の定義は難しいですね。

参謀との違いを明確にするとしたら、

「司令官と同格・または上位にあたる顧問役。君主の師匠的存在」という感じでしょうか。

ただしこの軍師の概念についてはフィクションの要素が強く、

物語を盛り上げるための創作ともいわれています。

 

実際に官位にある軍師は、まさに参謀的役割だったと考えられます。

シュミレーションゲームに登場する軍師という役職も同様ですね。

 

一説によると軍師は、君臣の関係ではなく、賓客扱いだったようです。

確かに劉備は「諸葛亮」を三顧の礼で迎えていますし、

孫策も「張昭」を師友の礼で迎えています。

参謀のようにアドバイスや補佐をしながらも、

特別扱いされていた名士が軍師だったのではないでしょうか。

張昭に至っては主君である孫権と対等に大喧嘩をしているぐらいです。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

大きなカテゴリーとしては「策士」。

この中でも戦場で補佐役を務めるのが「参謀」。

戦術面以外にも政治や外交など様々な局面で君主の相談役となるのが「軍師」。

という感じで定義づけしてみました。

だいたいこんな共通認識ではないでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介!

関連記事:孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!?
  2. 曹操が董卓に歌をプレゼント?イミシンな董卓歌
  3. 三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る!…
  4. 易姓革命!?禅譲か?簒奪か?王莽のはかない夢
  5. 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術
  6. 3分で分かるアンティキティラ島の機械の技術力の高さ!
  7. 【第10回 幻想少女】天敵・趙雲攻略が見えた。エース貂蝉の活躍(…
  8. 馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【魏の歴史事件簿】曹魏の4代皇帝曹髦の時代起きた事件をざっくりご紹介!?
  2. 趙達(ちょうたつ)とはどんな人?サイババか!?三国志に現れた天才占い師
  3. 【三顧の礼】劉備を確保しろ!水鏡先生の野望
  4. 【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々
  5. 井伊直弼の評価はどうなっているの?独裁者?英雄?
  6. 世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【10/17〜10/23】 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(3/3) クーデターが遅すぎた?司馬懿の晩年が満身創痍な件 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(3/3) 46話:袁紹軍の審配、石弓隊で曹操軍を撃破 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選 三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選 小牧長久手の戦いの勝敗はどうなった?漫画・センゴクから見る小牧長久手の戦い

おすすめ記事

  1. 2300年前の古代中国に動物園が存在した?キングダムに登場するランカイのモデルも?
  2. 島津久光を好きになってはいけない6つの理由
  3. 関羽を倒さなかった黄忠に、よかミカンが異議アリ?
  4. 董卓は火葬で放置プレイされてチョー惨めだったってほんと!?
  5. 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?
  6. 【三国志演義】赤壁の戦いはどこまで実話なの?
  7. 51話:武将を惹きつける人間磁石 劉備玄徳
  8. 【キングダム】離眼の紀彗(きすい)は、実在しない痛いキャラだった?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP