ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

キングダムのネタバレ考察

キングダム544話 新人戦 ネタバレ&レビュー


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

大人気春秋戦国時代漫画、キングダム、

前回はYJが合併号だったので、2週間ぶりの掲載という事になります。

最近は休載が多く、原先生のモチベーションを心配したのですが、

今回のキングダムは、凄い圧で緻密な展開しています。

8000名の飛信隊が右翼の戦場に到着し、亜光(あこう)王賁(おうほん)

信(しん)そして、岳嬰(がくえい)堯雲(ぎょううん)

趙峩龍(ちょうがりゅう)と役者は揃いました。

さあ、今回は、どんな展開になるのでしょうか?

 

※注意:この記事にはキングダムのネタバレが含まれています。

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

前回記事:【ネタバレ注意】キングダム543話 「主戦場」 レビュー&今後予想

関連記事キングダム541話 ネタバレ予想「藺相如側近 堯雲の実力は?」


キングダム544話 ネタバレ 止まらない飛信隊の行軍

 

8000名の飛信隊は、王翦(おうせん)によって

完全に秘匿されていたので、その出現は、趙軍をも驚かせました。

しかし、それ以上に、ビビッているのは、

これが列尾(れつび)以来の戦いになる飛信隊の新米兵たちです。

というより、烈尾は半日で陥落したので、本格的な実戦は、

これが初めてという事になります。

 

ところが、堯雲の軍を間近にしても飛信隊の行軍は止まりません。

新米兵たちは、不安になります。

「まさか、このまま突撃するのか?」

河了貂(かりょうてん)は、止まる様子なく

飛信隊に前進の指示を出し続けます。

 

それを見て、堯雲は警戒し、亜光軍を追撃させていた軍を引き返させます。

亜光は、その隙を見逃さず陣を立て直し横陣を復活させます。

河了貂はそれを見てから、悠々と飛信隊を停止させ横陣を敷きました。

こうして飛信隊は、前面で趙最強、堯雲の軍と対峙するのです。


キングダム544話 ネタバレ いきなりピンチに陥る飛信隊

 

これを契機に、右翼の戦場は再度、仕切り直しになります。

結果的に、王賁を助ける事になった信は、

「ありがとうの一言くらいないのか?」と王賁に憎まれ口を利きますが

王賁はそれを黙殺し、ただ、

「お前たちが対峙している趙将は只者じゃない気をつけろ」と助言しました。

 

その時、堯雲の軍団から少数の騎兵が飛び出します雷雲隊です。

 

そこには、干斗(かんと)や惇角(とんかく)、

惇告(とんこく)のような新米の飛信隊がいました。

堯雲は飛信隊全体で、新米兵に動揺が大きいとして

小部隊で探りを入れたのです。

 

新米兵は教わった通りに矢を射かけますが、

相手は馬まで武装した重装騎兵で、矢が通りません。

盾を構えて防御しますが、、騎兵の突破力には適わず、

そのまま突撃を許してしまいます。

 

「徹底的に蹂躙しろ!」雷雲隊の部隊長の一言で、

飛信隊はいいように蹂躙され、

反撃できない状態に追い込まれます。

 

これを見ていた河了貂は、援軍を送ろうとしますが信が制止します。

直観ですが、援軍を送った時の「ゆらぎ」を

堯雲が待っている気がすると言うのです。

 

「安心しろ、この飛信隊はヤワじゃねえ」

 

信が自信満々で言ったので河了貂は、ひとまず様子を見ます。

 

転職活動に役立つ特集記事

 

キングダム544話 ネタバレ ここで活躍 仁&淡

 

蹂躙される飛信隊ですが、干斗は、馬の蹄で押しつぶされながら

案外、冷静に戦況を見ていました。

(こんな連中に負けるもんか、何か切っ掛けがあれば・・)

 

その時、這いつくばっている飛信隊の兵士を馬で押しつぶそうとする

趙の騎兵の顔を矢が貫通しました。

 

飛信隊の歩兵より、少し離れた場所で待機している

弓矢兄弟の兄、蒼仁(そうじん)です。

河了貂に万が一の時までは姿を見せるなと言われていた弓矢兄弟ですが、

「ここが万が一の時」と、判断して攻勢に転じたのでした。

 

列尾の時から、相変わらず、人を射る事が出来ない弟の淡(たん)ですが、

「馬なら射れるだろ、馬を狙え」と兄にアドバイスされて、

兄弟で、少数の趙騎兵をピンポイントで射殺します。

 

干斗は、この切っ掛けを逃さず立ち上がり落馬した趙騎兵に槍を突きたてます。

それを見て倒れていた惇角、惇告も奮い立ち、飛信隊は少数の雷雲隊を

押し返しはじめます。

 

不利を悟った雷雲隊は、退却しようとしますが、すでに退路は、

飛信隊の古強者、嵩原(すうげん)達に防がれ、全滅しました。


キングダム544話 ネタバレ かつての英雄を倒し今の英雄になる!

 

何とか窮地を脱した飛信隊、そこで改めて河了貂が前面にいる敵こそ、

王翦が言っていた、かつての趙の三大天、藺相如(りんそうじょ)

武の体現者、堯雲だと告げます。

 

信は、

「対面しているだけでも強さは十分わかる、かつての英雄だ」

と告げた上で、

「それをブッ倒して、俺達が今の英雄になる」と宣言します。

 

河了貂も、

「この戦いは、きっと長く語り継がれる、史に名前を刻みなよ信」と

激励しました。

前哨戦は終わり、いよいよ飛信隊vs堯雲軍の熾烈な戦いの幕が開きます。

 

【キングダムで人気】藺相如(りんそうじょ)は中国史上最強の度胸の持ち主だった?


  

 

キングダム545話の予想

 

いやー、ずーっと日陰扱いだった飛信隊がいよいよ檜舞台にあがります。

列尾以来の総力戦ですね、ここまで長かった。

それも、古強者の雷雲騎兵を少数とはいえ、新米の飛信隊員、

干斗や仁&淡の活躍で見事に撃退しました。

順番から行けば、今度は飛信隊の古株、ベテラン勢の出番ですね。

もっとも、堯雲軍は、雷雲騎兵以外にも実力未知数の敵がいそうなので

楽観はできませんが、すでにお膳立ては出来ています。

陣形から考えて、堯雲を討ち取るのは、信で決まりでしょうね。

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

今回のキングダムは、いつも以上に、びっちり描き込みがされて、

重厚感が抜群でした。

これは、原先生が乗ってきた証拠だと思うので、ここからの展開は、

きっと目が離せないでしょうね。

 

次回記事:【ネタバレ注意】キングダム545話「直感」レビュー&今後予想

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムの王翦は史実通りの最強武将だった!その理由とは?

関連記事:【キングダム】王翦・王賁の血筋は楚漢戦争時代にも登場していた!?

 

―熱き『キングダム』の原点がココに―

春秋戦国時代バナー

 


 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. キングダムネタバレ572話「カタリの仇」レビュー解説
  2. キングダム53巻 キングダム597話最新ネタバレ「武運を」レビュー
  3. キングダム キングダム596話ネタバレ雑学「大将軍」という地位は本当にあるの…
  4. キングダム54巻amazon キングダム608話ネタバレ予想「王翦が李牧と手を組まない5つの理…
  5. キングダム560話岳嬰を一刀両断「信の間合い」ネタバレ&…
  6. キングダム53巻 キングダム592話最新ネタバレ「死に場所」レビュー
  7. キングダム54巻amazon キングダム601話ネタバレ予想「龐煖は完全ポンコツ化?それとも」…
  8. キングダム 【ネタバレ注意】キングダム538話レビュー「まさか、あのお馴染み…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操 詩
  2. 季布
  3. 邪馬台国と卑弥呼軍
  4. 元明天皇

おすすめ記事

  1. 【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂 陸遜
  2. 郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人 ヤンキー
  3. 【鬼は溺死!】容赦ない三国志の節分臘日(ろうじつ) 泣く子も張遼
  4. 呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ! 騙し合う呂布と袁術
  5. 【敬老の日2019】三国志の曹丕がプレゼントをあげたお爺ちゃんとは? 曹操と曹丕
  6. キングダムネタバレ570話「バジオウ死す」レビュー解説

三國志雑学

  1. 呉の孫権
  2. 晋の陳寿
  3. 李儒
  4. 山頂に陣を敷いた馬謖


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 成廉、魏越、呂布
  2. 李儒と三国志
  3. 孫権に激怒する関羽
  4. 孫策、陸遜、顧邵、他

おすすめ記事

徳川家茂の家系図はすごい?朝廷との融和を実現した家茂の功績とは? 徳川家康をボコボコにする武田信玄 武田信玄はどんな業績を残したの?内政面や戦の業績を分かりやすく紹介 武田信玄と徳川家康 武田勝頼の自信を信長・家康連合軍に打ち砕かれた長篠の戦い 歴史書によく出てくる「尚書」って何?女の尚書もいた!? 司馬遷(しばせん) 『史記』のはじまりは三皇本紀?五帝本紀? 三國志戦記とはどんなアプリゲーム? 【はじめての君主論】電子書籍出版のお知らせ パワハラをする張飛 張飛はリーダー向き?三人兄弟の末弟はリーダー向きというアメリカの心理学論文は張飛に通用する?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP