ログイン | 無料ユーザー登録


麒麟がきた
歯痛の中国史


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

九品官人法(きゅうひんかんじんほう)は悪法?どうして曹丕は採用したの?

九品官人法を作った陳羣


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

三国志の魏(ぎ)の時代に制定された人材登用制度「九品官人法」

コネのある人ばっかり有利で上級官僚層が貴族化する原因を作った

悪法です(よかミカン独断)。

そんな悪法を、魏の皇帝曹丕(そうひ)はどうして採用したのでしょうか。

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:まだ漢王朝で消耗してるの?第4話:九品官人法 陳羣(ちんぐん)

関連記事:陳羣(ちんぐん)って九品官人法以外の実績ってあるの?


九品官人法ってどんな法?

 

九品官人法では、各土地にいるナイスガイをランク付けする係の

中正官(ちゅうぜいかん)というお役人さんが中央政府によって任命されています。

中正官は自分の任地の人物を一品~九品のいずれかにランク付けし、

中央政府に報告します(最上級の一品にランクされる人はめったにない)。

政府はそのランクによって官吏を登用します。

公務員の役職は一品~九品にランク分けされており、例えば中正官に

二品とランク付けされた人物は最初に四段階下の六品の役職につき、

順調にお仕事をこなしていけば最高で二品までは偉くなれる、という制度です。


それのどこが悪法なんでしょうか。

 

これから官職につこうという人たちが、なんにも仕事を始めないうちから

中正官の胸先三寸でどこまで偉くなれるかあらかじめ決められているっていうのは、

おかしな法ですね。こんな人材評価方法は、中正官とコネがあったり、

圧力をかける権力があったり、銭の束で中正官の横っ面をひっぱたいたり

できる人たちの思うがままじゃないですか。

その結果、勢力のある人の子弟ばっかりがいい評価を得られるようになり、

しまいにはパパの官位に準じるような形でランク付けされるようになっていき、

上級官僚層の門閥貴族化につながりました。

どんなに有能でも、代々下級官僚の家柄の人は活躍できなくなっちまいました。

こりゃ悪法ですぜ。

 

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

曹丕(そうひ)はどうしてそんな悪法を採用したの?

 

九品官人法は、名士の陳羣(ちんぐん)が魏(ぎ)の皇帝曹丕(そうひ)

献策し、曹丕が認可して施行されました。

曹丕が帝位についてすぐの西暦220年のことです。

パパの曹操(そうそう)が亡くなったのもこの年ですね。

曹操は後継者をなかなか決められずにおり、亡くなる三年前にやっと

曹丕を皇太子に決めました。

その時までは、曹丕と、弟の曹植(そうしょく)との後継者争い状態になっていました。

この時、曹丕を応援してくれていた人たちが、司馬懿(しばい)

陳羣(ちんぐん)などの名士たちでした。

曹丕が皇帝になれたのは名士たちに助けてもらったおかげなので、

曹丕は恩を受けた負い目があって陳羣が提案した九品官人法を

却下できなかったのでしょう。


名士ってどんな人たち?

 

私が「名士」という言葉を意識し始めたのは渡邊義浩(わたなべよしひろ)先生の著作を

読むようになってからなのですが(弟子でもなんでもないのに勝手に「先生」と呼ぶ)、

先生のご説明をざっくりまとめますと、名士とは儒教的な教養を身につけて名声を得て

高官についてきた階層の人たちです。

九品官人法施行前の人材登用方法は「郷挙里選(きょうきょりせん)」と言って、

魏の前の後漢(ごかん)王朝が儒教重視の政策をとっていたために

「郷挙里選」でも儒教の徳目を重視した人材登用が行われていたので、

高官についてきた階層の人たちは当然儒教の教養を身につけた人たち

だったわけです。そういう人たちが権力を握って魏を牛耳っていたんやね。


  

 

名士がゴリ押しした九品官人法

 

わたし思うに、九品官人法は、名士たちが自分らの権威を盤石なものとするために

ゴリ押ししたんじゃないでしょうかね。献策した陳羣は名士でしょ?

自分たちが手助けして皇帝になったばかりの、まだ独自の権力を

確立していない曹丕に、これまでの恩をちらつかせて言うこと聞かせて

九品官人法を認可させて、施行されたら現在の自分たちの権力にものを言わせて

中正官に圧力かけて、自分たちのお仲間の子弟ばかりに高いランク付けさせて、

次代以降もずっとそれを続けていけるように画策したんじゃないでしょうかね。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

歴史シミュレーションゲーム三國志では、九品官人法が施行されると

内政値が上がるバージョンがあります。

世間一般の評価でも、九品官人法が整備されたのは

曹丕の素晴らしい業績であるかのように思われがちですよね。

でも私ぁそうは思いませんぜ。

曹丕はね、後漢の権力層から力を奪うことに失敗したんですよ。

パパの曹操が目指していた能力主義の方針が水の泡。残念!

※この記事における九品官人法批判は、はじ三で準備中の

企画「はじめての九品官人法」とは一切関係ございません。

「はじめての九品官人法」、乞うご期待っす!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家

関連記事:試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 


 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 甘寧と凌統と呂蒙 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!
  2. 宦官 後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?
  3. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮 【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみで…
  4. 呉民衆の意見に耳を傾ける顧雍(こよう) 孫呉の二代目丞相・顧雍に迫る!正史三国志・呉書からみた丞相の実績…
  5. どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る
  6. 華雄(かゆう) 華雄って強い将軍?それとも雑魚将軍?華雄の強さを考察
  7. 李儒と董卓 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?
  8. 亡くなる周瑜 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志企画特集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 大隈重信
  2. 公孫サンは英雄劉備が真似した人物
  3. 亡くなる袁紹
  4. 孔明
“朝の仕度にながら三国志ver3"

おすすめ記事

蔡琰 蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人 劉邦をなだめる陳平と張良 なんで漢王朝の国号は「漢」になったの?劉邦の意地があった? 魏曹操と魏軍と呉軍 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス 三国志ライター黒田レン 戦国最強の同盟を成立させた名軍師・太原雪斎(たいげんせっさい)の活躍 献帝 衝撃!曹操が献帝を迎えたのは悪名を消す為だった 劉虞 界橋の戦いで袁紹と戦った公孫サン、その猛将の寿命を縮めた人物とは? 曹操は褒め上手 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない 楽進の矢でが命を落とす成廉 楽進の死因は?守りの楽進!死から最も遠かった男

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP