三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

九品官人法(きゅうひんかんじんほう)は悪法?どうして曹丕は採用したの?





 

三国志の魏(ぎ)の時代に制定された人材登用制度「九品官人法」

コネのある人ばっかり有利で上級官僚層が貴族化する原因を作った

悪法です(よかミカン独断)。

そんな悪法を、魏の皇帝曹丕(そうひ)はどうして採用したのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:まだ漢王朝で消耗してるの?第4話:九品官人法 陳羣(ちんぐん)

関連記事:陳羣(ちんぐん)って九品官人法以外の実績ってあるの?

 




 

九品官人法ってどんな法?

 

九品官人法では、各土地にいるナイスガイをランク付けする係の

中正官(ちゅうぜいかん)というお役人さんが中央政府によって任命されています。

中正官は自分の任地の人物を一品~九品のいずれかにランク付けし、

中央政府に報告します(最上級の一品にランクされる人はめったにない)。

政府はそのランクによって官吏を登用します。

公務員の役職は一品~九品にランク分けされており、例えば中正官に

二品とランク付けされた人物は最初に四段階下の六品の役職につき、

順調にお仕事をこなしていけば最高で二品までは偉くなれる、という制度です。




 

それのどこが悪法なんでしょうか。

 

これから官職につこうという人たちが、なんにも仕事を始めないうちから

中正官の胸先三寸でどこまで偉くなれるかあらかじめ決められているっていうのは、

おかしな法ですね。こんな人材評価方法は、中正官とコネがあったり、

圧力をかける権力があったり、銭の束で中正官の横っ面をひっぱたいたり

できる人たちの思うがままじゃないですか。

その結果、勢力のある人の子弟ばっかりがいい評価を得られるようになり、

しまいにはパパの官位に準じるような形でランク付けされるようになっていき、

上級官僚層の門閥貴族化につながりました。

どんなに有能でも、代々下級官僚の家柄の人は活躍できなくなっちまいました。

こりゃ悪法ですぜ。

 

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

曹丕(そうひ)はどうしてそんな悪法を採用したの?

 

九品官人法は、名士の陳羣(ちんぐん)が魏(ぎ)の皇帝曹丕(そうひ)

献策し、曹丕が認可して施行されました。

曹丕が帝位についてすぐの西暦220年のことです。

パパの曹操(そうそう)が亡くなったのもこの年ですね。

曹操は後継者をなかなか決められずにおり、亡くなる三年前にやっと

曹丕を皇太子に決めました。

その時までは、曹丕と、弟の曹植(そうしょく)との後継者争い状態になっていました。

この時、曹丕を応援してくれていた人たちが、司馬懿(しばい)

陳羣(ちんぐん)などの名士たちでした。

曹丕が皇帝になれたのは名士たちに助けてもらったおかげなので、

曹丕は恩を受けた負い目があって陳羣が提案した九品官人法を

却下できなかったのでしょう。

 

名士ってどんな人たち?

 

私が「名士」という言葉を意識し始めたのは渡邊義浩(わたなべよしひろ)先生の著作を

読むようになってからなのですが(弟子でもなんでもないのに勝手に「先生」と呼ぶ)、

先生のご説明をざっくりまとめますと、名士とは儒教的な教養を身につけて名声を得て

高官についてきた階層の人たちです。

九品官人法施行前の人材登用方法は「郷挙里選(きょうきょりせん)」と言って、

魏の前の後漢(ごかん)王朝が儒教重視の政策をとっていたために

「郷挙里選」でも儒教の徳目を重視した人材登用が行われていたので、

高官についてきた階層の人たちは当然儒教の教養を身につけた人たち

だったわけです。そういう人たちが権力を握って魏を牛耳っていたんやね。

 

名士がゴリ押しした九品官人法

 

わたし思うに、九品官人法は、名士たちが自分らの権威を盤石なものとするために

ゴリ押ししたんじゃないでしょうかね。献策した陳羣は名士でしょ?

自分たちが手助けして皇帝になったばかりの、まだ独自の権力を

確立していない曹丕に、これまでの恩をちらつかせて言うこと聞かせて

九品官人法を認可させて、施行されたら現在の自分たちの権力にものを言わせて

中正官に圧力かけて、自分たちのお仲間の子弟ばかりに高いランク付けさせて、

次代以降もずっとそれを続けていけるように画策したんじゃないでしょうかね。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

歴史シミュレーションゲーム三國志では、九品官人法が施行されると

内政値が上がるバージョンがあります。

世間一般の評価でも、九品官人法が整備されたのは

曹丕の素晴らしい業績であるかのように思われがちですよね。

でも私ぁそうは思いませんぜ。

曹丕はね、後漢の権力層から力を奪うことに失敗したんですよ。

パパの曹操が目指していた能力主義の方針が水の泡。残念!

※この記事における九品官人法批判は、はじ三で準備中の

企画「はじめての九品官人法」とは一切関係ございません。

「はじめての九品官人法」、乞うご期待っす!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家

関連記事:試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. なんで関羽の顔は赤いの?京劇が関係している?
  2. 記録が乏しい孫堅の妻たち
  3. 孫呉を滅亡させた晋の将軍は誰だったの?杜預それとも王濬?
  4. 司馬懿の遺言はどのような内容だったの?司馬懿は曹丕が大好きだった…
  5. 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第五回:荊州(けいしゅう)、…
  6. 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?
  7. 【鬼は溺死!】容赦ない三国志の節分臘日(ろうじつ)
  8. あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代2
  2. 蜀の劉琦

おすすめ記事

  1. 赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い
  2. 激務をちょっと忘れられるホッと一息の「ユルめ記事」2016年総集編
  3. 魏が好きな皆さんへ!五分でわかる曹魏の逸話を紹介【三国志逸話列伝】
  4. 霍光(かくこう)とはどんな人?名将・霍去病の弟は違った意味でエキセントリックな人物だった
  5. 華佗が発明した幻の麻酔薬「麻沸散」とは?
  6. 身内以外の意見は聞かない暴れ者・項羽が少年の意見だけは聞いた?

三國志雑学

  1. 野望が膨らむ鍾会
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【保存版】これだけ見れば万事OK!アニメ版「三国志」7選 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 2 吉田松陰の名言を解説「諸君狂いたまえの意味とは?」 ペリーの性格とは?熊親父とは正反対なエンジニア キングダム 516話 ネタバレ予想:城を追い出された難民はどこへ向かうの? 秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの? 三国志初心者の為の諸葛亮孔明ってどんな人 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/11〜12/17】

おすすめ記事

  1. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志の魅力編 【003】
  2. 袁紹の評価が残念な6つの理由 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  3. 島津斉彬と天璋院篤姫は実際どんな関係だったの?
  4. 【諸葛亮vs司馬懿】ピンチを切り抜けたのは空城の計!
  5. 司馬家の皇帝殺害を正当化するための故事が存在した!?晋国を安定に導く文言
  6. 被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何?
  7. 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介
  8. 董卓が殺害された原因と三国志に与えた影響とは?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP