【ネタバレ注意】キングダム546話「大炎の地」ネタバレ&レビュー


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

今回のキングダムの扉絵は、笑わせてもらいました。

軍師信見参!ですよ、しかも、扉絵の信(しん)は自信なさそうな顔です。

本能型の将軍、堯雲(ぎょううん)に振り回され、じわじわと敗北を続ける

河了貂(かりょうてん)に代わり飛信隊の指揮を引き受けた代理軍師、信

さて、今回のキングダムはどうなるのでしょうか?

 

※この記事にはキングダム546話のネタバレが入っています。

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

前回記事:【ネタバレ注意】キングダム545話「直感」レビュー&今後予想

関連記事:【羌瘣や摎の先輩】處女(しょじょ)とはどんな人?実在した越の軍事教官【キングダム外伝】


キングダム546話ネタバレ スピリチュアル指揮

 

河了貂の代わりに指揮に入った信ですが、もちろん地図なんか見ません。

座りもせず、ひたすら立ったままで伝令の報告を聞きながら、

何のセオリーにも基づかない直感指揮を繰り返します。

もちろん、誰も口は挟めません、信の意図は誰にも分からないのです。

 

どんどん不安になってくる河了貂ですが、意外にも信の指揮により

押されまくりだった戦場で、飛信隊が勝利する場面が出現します。

ところが、逆に、とんでもない大負けをする場面も出てきます。

 

つまり、堯雲と信は同じ本能型ですが、キャリアが長い分だけ、

堯雲の指揮が信を上回っているという事なのです。

これまで、ろくに指揮をしていないのですからこれは仕方ありません。

いきなりで、ここまで堯雲に食らいついている信を評価すべきでしょう。


キングダム546話ネタバレ 堯雲、指揮官が変わった事に気づく

 

一方の堯雲軍でも異変に気付きます、自信満々で送り出した別動隊の

主力が全滅や半減しているのです。

何が起きたのか困惑する趙の将兵ですが、堯雲は飛信隊の指揮官が

変わった事をすでに察知していました。

 

堯雲「同じ本能型か、、面白い、どこまでついてこれるか見物だ」

 

しかし、堯雲って、いつも一点をみつめた表情ですね。

表情もほとんど変わらないので、何をやってくるのか不気味です。

 

 

―熱き『キングダム』の原点がココに―

 

キングダム546話ネタバレ 大火が起きる場所を探せ

 

場面は転換し、再び、飛信隊の陣営に舞台が移ります。

信の指揮は、相変わらずの直感だよりで、苦しい状態でした。

 

本来なら、劣勢や全滅した部隊に予備隊を派遣して補充していくべきですが、

信は、その素振りを見せないのです。

 

しかし、信は予備隊の事を忘れているわけではありません。

 

「使わねえんじゃねえ、使えねぇんだ、、

堯雲は、戦場で火を起こす場所を探している

そこに予備隊を全軍ぶつけないと勝てねえ」

 

その時です、飛信隊を凝視する堯雲が、飛信隊の戦場に、

大火を起こすべき場所を見つけます。

それは、飛信隊の古株である渕(えん)副長の指揮する部隊でした。

 

堯雲は即座に別動隊と、中央軍に突撃を命じます。

 

堯雲が動いた事を伝令の報告で知った趙峩龍(ちょうがりゅう)は、

「堯雲が火を起こしに動き出した、隣は早くも決着がつくぞ」

と意味深な言葉を残します。


キングダム546話ネタバレ 信、堯雲の狙いに気づく

 

それとほぼ同時に、戦場を凝視する信も堯雲の狙いが、

渕副長の部隊である事に気づきます、凄い、馬鹿の感は鋭いです。

信はただちに予備隊全軍の出動を命じると同時に羌瘣(きょうかい)にも、

渕副長の部隊をバックアップするように指示します。

 

一斉に、渕副長の所へ進む予備隊と羌瘣の軍勢ですが、

信の胸中には、嫌な胸騒ぎがします。

 

(どうして、羌瘣まで行かせて俺が行かなかった?

まだ、分からない計略が仕掛けられているのか・・)

 

考え続け、ひたすら戦場を凝視する信が再び閃きます。

「貂!本陣の兵を借りるぞ!」

 

こうして、信は馬に乗り、目指す一点に向けて突進します。

渕副長が奮戦するポイントへ堯雲軍と、飛信隊が集結していく中で

潮が退くように、一本の細い道が出現しました。

それは、堯雲の本陣へと続く道だったのです。

 

信「俺達が発見したという事は、相手もこっちを発見したって事だ」

 

その時、向こうからも、趙の軍勢が突き進んできました。

堯雲です、堯雲もまた、大炎を起こすと同時に敵の本陣を叩くべく

こちらに向かってきていたのです。

 

思った以上に、早く、信vs堯雲の激突が始まりそうです。

キングダム547話へ続く・・


  

キングダム547話予想&レビュー kawausoの予想

 

来週は突然の、信vs堯雲の一騎打ちが開始されますね。

大方のキングダムブロガーの予想では、激突はするけど、

顔見せ程度で離れるという話になっていますが、本当ですかね?

 

しかし、趙峩龍は、隣は決着がつくと言っていますし、

あの発言がブラフじゃないならば、大方の予想に反して、

信が堯雲を討ち取るような大ドンデン返しが

あるんじゃあないでしょうか?

 

そんな、一々くっついたり離れたりしてたのでは、

鄴(ぎょう)攻略戦は、いつ終わるか分からないですしね。

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

思ったより早く、信と堯雲が対峙しましたね。

堯雲は本能型の武将でありながら、軍師、藺相如(りんそうじょ)

武の体現者ですから、まだ、王騎(おうき)の矛を使いこなせない信では

かなり分が悪いとは考えられます。

 

ですが、信は信で、武神龐煖(ほうけん)と互角に戦える実力者ですし、

一騎打ちが長引けば、長引くだけ年齢の分堯雲は不利になります。

それにね、王翦(おうせん)が何らかの策を仕掛けていないとも限りませんよ。

来週、547話が楽しみですね。

 

次回記事:【ネタバレ注意】キングダム547話「矛の嘆き」ネタバレ&レビュー

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:趙の名将・李牧の孫が国士無双で知られるあの人と関係があった!

関連記事:キングダムのナキ(那貴)は史実どおり実在したの?

関連記事

  1. キングダム 3巻
  2. キングダム 戦国七雄地図
  3. kawauso編集長
  4. キングダム55巻
  5. はじめての三国志編集長 kawauso

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP