よかミカンの三国志入門
黄巾賊




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【北伐】幻の「長安挟撃作戦」魏延はすでに演習済みだった?

この記事の所要時間: 319




 

 

西暦230年冬、蜀(しょく)の魏延(ぎえん)はたった一万の軍で

魏(ぎ)の涼州(りょうしゅう)に踏み込み、蜀の幕府がある漢中(かんちゅう)から

直線距離で600kmも離れた臨羌(りんきょう)まで行きました。

臨羌は冬にはマイナス20℃にもなる極寒の地です。

この行軍は対魏作戦で大きな効果を上げましたが、目的はそれだけでなく、

蜀の内部に対する魏延のデモンストレーションでもあったのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考えていた

関連記事:【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは?

 




 

蜀の内部における魏延の位置

 

蜀が魏に対する遠征、いわゆる北伐(ほくばつ。北の隣国である魏の討伐)を

行うにあたり、蜀の丞相(じょうしょう。総理大臣みたいなもの)諸葛亮(しょかつりょう)は、

山脈を越えれば魏領に進攻できる漢中(かんちゅう)盆地を拠点とし、幕府を開きました。

漢中で軍隊をゴリゴリ鍛えて魏をつぶしに行く体制です。

その際、軍のトップはもちろん諸葛亮です。

魏延諸葛亮が漢中に幕府を開く八年前から督漢中(とくかんちゅう)

漢中太守(かんちゅうたいしゅ)として漢中防衛の最高責任者でしたが、

諸葛亮が漢中に入ったことにより、諸葛亮の指揮に従う立場となりました。




 

はじめての北伐

 

諸葛亮が第一回目の北伐を行った際、蜀の軍事アナリスト(?)たちは

みんなベテランの魏延や呉懿(ごい)を先鋒にするべきだと言っていましたが、

諸葛亮は陣頭指揮の経験がない馬謖(ばしょく)を抜擢しました。

その馬謖街亭(がいてい)の戦いでしくじったため、諸葛亮は

泣いて馬謖を斬ることになりました。魏延の目線から考えると、

あ~あ、俺を使ってくれりゃあよかったのによ、って思っちゃうとこですね。

 

 

北伐の真実に迫る

 

魏延の不満

 

正史三国志の魏延伝には、次のような記述があります。

 

魏延は諸葛亮に従って出陣するたびに、いつも一万の兵を要請して、

諸葛亮と違う道をとり潼関(とうかん)で落ち合って、韓信(かんしん)の

故事にならいたいと願ったが、諸葛亮は制止して許さなかった。

魏延はつねに諸葛亮を臆病だと思い、自分の才能が充分発揮できないのを

歎きかつ恨みに思っていた。

 

魏延は一万人の別働隊を率いてのサンドイッチ作戦を諸葛亮に提案していたんですね。

自分が長安の向こう側の潼関までゴリゴリ進軍して行くので、

丞相にはふつうに進軍して長安のこっち側に出て頂いて、両方から長安を

挟み討ちにしちゃいましょう、という作戦。

それを魏延はいつも提案し続けて、諸葛亮は却下し続けていたんですね。

魏延が諸葛亮を臆病だと思ったということは、

諸葛亮は「だめだよ、そんな危なっかしいこと」とでも言っていたんでしょう。

たった一万で潼関まで行こうっていうのは、たしかに危険です。

はるばる山を越えて敵地のまっただ中に行くので。

ピンチになっても誰も助けに来てくれません。

現実的じゃない、と諸葛亮が考えるのも、ごもっとも。

 

俺はやれる!証明してみせる!敵中に一万こっきりでも平気だもん!

 

ここで冒頭に述べました西暦230年のデモンストレーションになるわけです。

極寒の極地、孤立無援の一万人。根拠地から直線距離でも600kmも離れた

土地への行軍。こんなことは並の人間にはできませんが俺はやりますぜ。

丞相が長安挟撃作戦を却下するのは俺のことを並の人間だと思っているからで、

並じゃないことが証明できればやらせてくれるはず。そう考えて、魏延は

敢えて危険な極寒の極地へ踏み込んだのではないかなと、私は考えております。

 

このデモンストレーションの実行を諸葛亮が許したのは「ったく、いっつもいっつも

うっせえなぁ。じゃあ試しにやってみろよォ。野垂れ死んでも知んねえかんな」

という程度の気持ちだったことでしょう。このデモンストレーションは大成功に終わり、

涼州では敵の大物である郭淮(かくわい)を魏延の軍と諸葛亮の軍で

サンドイッチにしてフルボッコにしております。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

デモンストレーション、成功しちゃいましたけど、諸葛亮はどう思ったでしょうね。

「うぉっ、やるなあ。じゃあ次はやってみっか、長安サンドイッチ」という気になったのか、

それとも「チッ、失敗させるはずがまずいことに……ますます奴の増長を

押さえがたくなるわい」とでも思ったのか。

想像は尽きませんが、本当のところはご本人にしか分りませんね。

 

参考文献:

ちくま文庫 正史三国志5 (訳文引用元)

学研歴史群像シリーズ⑱【三国志】下巻

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?

関連記事:何で姜維の北伐は反発されてたのに孔明の北伐は反対されなかったの?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』
https://3594.fun 

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

好きな歴史人物:
王充(おうじゅう。後漢初期の思想家)
※ はじさんのサイト内検索で王充の記事が出てきます

何か一言:
三国志のお話の世界の広がりは無窮。
日々新しい三国志が生まれています。
ご一緒に三国志の新しい歴史を刻みましょう。

関連記事

  1. 姜維の兵法二十四編って孔明から貰った大事な宝物だった?
  2. 劉備を唯一なだめられた、法正(ほうせい)ってどんな軍師?
  3. 三国志時代の兵士はどうやったら憧れの騎馬兵になれたの?当時の馬事…
  4. 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事
  5. 三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!
  6. 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何…
  7. 【袁術の戦いを振り返る】徐州・豫州の戦いには人間ドラマが盛り沢山…
  8. 宿命のライバル?何度も激闘を繰り広げた姜維と鄧艾

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み出した裴松之の先祖
  2. 曹操に寵愛された環夫人は、控え目な子育て上手な女性だった
  3. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part3
  4. 魏延を倒した楊儀は孔明が亡くなった後どうなったの?
  5. 阿部正弘には子孫がいるの?子孫もイケメン?
  6. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

漢の名将韓信が敗北したことがあるってホント!? 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第2回 三国志マニアも喜ぶ豊富なキャラ! 死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【後半】 公家って何?何をした人たちなの? 【三国志の誤植集】何平や喬国老や橋玄って誰?うっかりミスが大惨事! 曹丕(そうひ)ってどんな人?魏書には正当性を表す記述ばかり!? 思わずホロリ!曹丕の妻・甄氏(しんし)の人情に訴え掛ける名エピソード

おすすめ記事

  1. 無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将
  2. 記録が乏しい孫堅の妻たち
  3. 【三国志で例えるよ】初心者でも『エドワード黒太子』が分かる。西洋史の基礎&豆知識!
  4. 黄巾賊より多い黒山賊100万を率いた張燕(ちょうえん)
  5. 【シミルボン】人間の発想怖過ぎる!血も凍る三国志時代の処刑方法
  6. 【三国志刀剣乱舞】三国志武将が持っていた名刀・名剣を紹介するよ
  7. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロフェッショナルだった蜀の将軍【前編】
  8. 【第4回 幻想少女】凌統が外される!?強力なイケメン武将がレギュラー入り!!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP