三国志平話
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【北伐】幻の「長安挟撃作戦」魏延はすでに演習済みだった?




 

 

西暦230年冬、蜀(しょく)の魏延(ぎえん)はたった一万の軍で

魏(ぎ)の涼州(りょうしゅう)に踏み込み、蜀の幕府がある漢中(かんちゅう)から

直線距離で600kmも離れた臨羌(りんきょう)まで行きました。

臨羌は冬にはマイナス20℃にもなる極寒の地です。

この行軍は対魏作戦で大きな効果を上げましたが、目的はそれだけでなく、

蜀の内部に対する魏延のデモンストレーションでもあったのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考えていた

関連記事:【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは?

 




 

蜀の内部における魏延の位置

 

蜀が魏に対する遠征、いわゆる北伐(ほくばつ。北の隣国である魏の討伐)を

行うにあたり、蜀の丞相(じょうしょう。総理大臣みたいなもの)諸葛亮(しょかつりょう)は、

山脈を越えれば魏領に進攻できる漢中(かんちゅう)盆地を拠点とし、幕府を開きました。

漢中で軍隊をゴリゴリ鍛えて魏をつぶしに行く体制です。

その際、軍のトップはもちろん諸葛亮です。

魏延諸葛亮が漢中に幕府を開く八年前から督漢中(とくかんちゅう)

漢中太守(かんちゅうたいしゅ)として漢中防衛の最高責任者でしたが、

諸葛亮が漢中に入ったことにより、諸葛亮の指揮に従う立場となりました。




 

はじめての北伐

 

諸葛亮が第一回目の北伐を行った際、蜀の軍事アナリスト(?)たちは

みんなベテランの魏延や呉懿(ごい)を先鋒にするべきだと言っていましたが、

諸葛亮は陣頭指揮の経験がない馬謖(ばしょく)を抜擢しました。

その馬謖街亭(がいてい)の戦いでしくじったため、諸葛亮は

泣いて馬謖を斬ることになりました。魏延の目線から考えると、

あ~あ、俺を使ってくれりゃあよかったのによ、って思っちゃうとこですね。

 

 

北伐の真実に迫る

 

魏延の不満

 

正史三国志の魏延伝には、次のような記述があります。

 

魏延は諸葛亮に従って出陣するたびに、いつも一万の兵を要請して、

諸葛亮と違う道をとり潼関(とうかん)で落ち合って、韓信(かんしん)の

故事にならいたいと願ったが、諸葛亮は制止して許さなかった。

魏延はつねに諸葛亮を臆病だと思い、自分の才能が充分発揮できないのを

歎きかつ恨みに思っていた。

 

魏延は一万人の別働隊を率いてのサンドイッチ作戦を諸葛亮に提案していたんですね。

自分が長安の向こう側の潼関までゴリゴリ進軍して行くので、

丞相にはふつうに進軍して長安のこっち側に出て頂いて、両方から長安

挟み討ちにしちゃいましょう、という作戦。

それを魏延はいつも提案し続けて、諸葛亮は却下し続けていたんですね。

魏延が諸葛亮を臆病だと思ったということは、

諸葛亮は「だめだよ、そんな危なっかしいこと」とでも言っていたんでしょう。

たった一万で潼関まで行こうっていうのは、たしかに危険です。

はるばる山を越えて敵地のまっただ中に行くので。

ピンチになっても誰も助けに来てくれません。

現実的じゃない、と諸葛亮が考えるのも、ごもっとも。

 

俺はやれる!証明してみせる!敵中に一万こっきりでも平気だもん!

 

ここで冒頭に述べました西暦230年のデモンストレーションになるわけです。

極寒の極地、孤立無援の一万人。根拠地から直線距離でも600kmも離れた

土地への行軍。こんなことは並の人間にはできませんが俺はやりますぜ。

丞相が長安挟撃作戦を却下するのは俺のことを並の人間だと思っているからで、

並じゃないことが証明できればやらせてくれるはず。そう考えて、魏延は

敢えて危険な極寒の極地へ踏み込んだのではないかなと、私は考えております。

 

このデモンストレーションの実行を諸葛亮が許したのは「ったく、いっつもいっつも

うっせえなぁ。じゃあ試しにやってみろよォ。野垂れ死んでも知んねえかんな」

という程度の気持ちだったことでしょう。このデモンストレーションは大成功に終わり、

涼州では敵の大物である郭淮(かくわい)を魏延の軍と諸葛亮の軍で

サンドイッチにしてフルボッコにしております。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

デモンストレーション、成功しちゃいましたけど、諸葛亮はどう思ったでしょうね。

「うぉっ、やるなあ。じゃあ次はやってみっか、長安サンドイッチ」という気になったのか、

それとも「チッ、失敗させるはずがまずいことに……ますます奴の増長を

押さえがたくなるわい」とでも思ったのか。

想像は尽きませんが、本当のところはご本人にしか分りませんね。

 

参考文献:

ちくま文庫 正史三国志5 (訳文引用元)

学研歴史群像シリーズ⑱【三国志】下巻

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?

関連記事:何で姜維の北伐は反発されてたのに孔明の北伐は反対されなかったの?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 趙達(ちょうたつ)とはどんな人?サイババか!?三国志に現れた天才…
  2. 三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介!…
  3. 幕末 魏呉蜀 書物 裴松之が注をつけていなかったら『三国志演義』は生まれなかった!?…
  4. 三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?
  5. 雷怖くない 能ある劉備 何で劉備と司馬懿は無能な人間のふりをしたの?分かりやすく解説して…
  6. 政(始皇帝) 秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編
  7. 餓えた農民(水滸伝) 【濡須口の戦い】曹操の大失敗!江西を無人にしてしまった愚策とは?…
  8. 甘寧 裏切る ゆるキャラ 三国志の時代にもいた遊侠(ゆうきょう)とはどんな人達のこと?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 鄧禹と兵士
  2. 曹幹

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 2018年歳末のご挨拶 2018年末のご挨拶 はじさんスタッフ 石川 おとぼけ kawauso 黒田 みおやま
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【4/10〜4/16】
  3. 全中が泣いた!益州のボス・劉璋の最後は実に感動的だった! 劉備に降伏する劉璋
  4. 魯粛が孫権を煽ったから○○の戦いを決断することができた 魯粛
  5. 五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎる!
  6. 諸葛孔明のお兄ちゃん「諸葛瑾」は政治家ではなく軍の仕事をメインとしていた!

三國志雑学

  1. 顔良と文醜
  2. 桃園兄弟
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志 象兵
  2. 蜀の馬超
  3. 孔明 軍師
  4. かぼちゃ 孫権
  5. 泣く子も張遼

おすすめ記事

李儒と董卓 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの? ヨイショをする曹操 兗州人がパッとしない理由は地元群雄が壊滅したからだった 平清盛 鎌倉幕府 「遊び」は鎌倉時代、必要不可欠なモノだった! 陸抗の子孫達も歴史に名を残した素晴らしい人材だった!? 官渡の戦い 曹操 勝利 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長 契丹小字七言絶句銅鏡 wikipedia 契丹文字ってどんな文字?遼の太祖の発案から日本人研究者による解読を紹介 西夏の旗の兵士 西夏王朝はどうやって誕生したの?反乱から建国までざっくり紹介 秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP