「裏切り者」のイメージがある魏延は劉備に深い忠誠心があった?

2022年1月26日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孔明に嫌われている魏延

 

魏延(ぎえん)」といえば、小説「三国志演義」では「反骨の相」(裏切りそうな顔)がある、と諸葛亮(しょかつりょう)に警戒され、悲劇的な最期を迎える武将ですね。

 

劉備が大好きな魏延

 

また、小説では主君を裏切って劉備(りゅうび)に仕えた経緯からか、「裏切り者」のイメージが強いです。しかし、実際の魏延は劉備に忠誠を誓い、裏切るようなことはしていないのです。今回の記事で、魏延の劉備に対する忠誠を検証してみましょう。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



魏延が劉備に仕えるまで

蜀の魏延

 

小説「三国志演義」では魏延は始め「劉表(りゅうひょう)」に仕え、後に「韓玄(かんげん)」の配下となり、劉備が荊州(けいしゅう)攻略を開始すると韓玄を裏切り劉備に仕えた、という事になっています。

 

正史三国志_書類

 

いきなり「裏切り」のイメージが付けられたわけですが、正史「三国志」では「劉備が蜀に入った際に私兵を率いて従った」と書かれており、劉備に仕えるまでは何をしていたかはよくわかりません。

 

恐らく地方の豪族だったのですが、劉備を慕って配下になったのでしょう。魏延は劉備に仕えたのち、いくつかの戦いで戦功をあげ、「牙門将軍(がもんしょうぐん)」の地位を与えられています。

 

関連記事:孔明は魏延加入時の顔で裏切りの予想を立てた?

関連記事:裏切りイメージが悪影響か?魏延の墓は破壊されてしまった?

 

蜀のマイナー武将列伝

 

 

 



劉備に抜擢され、魏延叫ぶ

漢中王になる劉備

 

219年に劉備は苦難の末に「漢中」になることが出来ました。

 

張飛の虎髭

 

漢中の地はとても重要な地で、そこを守るのは劉備の信頼厚い「張飛(ちょうひ)」だろう、と誰もが予測していました。しかし、その予想に反して、魏延が漢中の守将に抜擢されたのです。多くの者が驚く中、劉備は多くの武将の前で魏延に尋ねます。

 

「この重任に君はどのように対処するか。」

 

劉備軍で出世する魏延と黄忠

 

魏延は「曹操(そうそう)が大軍で押し寄せてきても大王(劉備)のためにこれを防ぎます。武将が10万の兵を率いてきたならば、大王のためにこれを呑み込みましょう。」と答え、魏延の抜擢に疑問を持っていた諸将もその決意を称えた、といいます。

 

魏延の劉備に対する深い忠誠を伺えるエピソードですね。

 

関連記事:馬超のせいで劉備は漢中王に即位したって本当?

関連記事:献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上!

 

三国志とお金の話

 

 

劉備が亡くなり、諸葛亮と仕事をすることになるが・・・

魏延と孔明

 

223年、劉備が亡くなり、蜀の全権は諸葛亮が握ることになります。魏延も引き続き将軍として重用され、多くの戦いに従軍することになります。しかし、諸葛亮と魏延「劉備の悲願を果たし魏を倒す」という目標と、劉備への忠誠は共通しているものの、あまり相性は良くなかったようです。

 

馬謖

 

諸葛亮の第一次北伐に魏延も帯同し、多くの武将は「魏延を先鋒にすべし」といいましたが、諸葛亮は何故かそれを拒否し、「馬謖(ばしょく)」を抜擢し、結果的に敗北してしまいました。

 

関連記事:公正な諸葛亮と「法正」の微妙な関係とは?馬謖を斬ったのに漆黒の軍師には甘かった理由

関連記事:馬謖の山登りは王平が原因だった!陳寿が隠した真実?

 

 

馬謖

 

 

魏延、諸葛亮に対して愚痴る

蜀の魏延

 

諸葛亮は魏延に対し、慎重に接していましたが、魏延のほうでも諸葛亮に対し、いらだちを感じていました。魏延は諸葛亮に対し、魏の「夏候楙(かこうぼう)」が守る長安を急襲する計画を披露しました。しかし、諸葛亮はこの案を採用せず、魏延は諸葛亮に対し「弱腰だ」といつも嘆いていた、といいます。

 

仲の悪い魏延と楊儀

 

また、魏延はその勇猛さと誇りの高さから、皆に敬遠されていましたが、「楊儀(ようぎ)」だけは魏延に公然と反発するなど、二人の仲は険悪でした。2人は優秀だったため、どちらの肩を持つわけにもいかず、これに諸葛亮はいつも頭を悩ませていたといいます。

 

関連記事:諸葛亮死後に相次いで起きた魏延と楊儀の死とは?

関連記事:魏延と楊儀は火と水!相性最悪な二人の末路

 

魏延特集

 

 

謀反の疑い?魏延、怒る

楊儀、姜維、費イ

 

諸葛亮は北伐の最中に亡くなりますが、楊儀、費禕(ひい)姜維(きょうい)らに魏延についても遺言を残していました。「魏延に敵の追撃を断たせ、姜維にはその前を行かせ、魏延が従わない時はそのまま出発せよ。」という命令で、費が魏延の様子を伺うと、「丞相(諸葛亮)が亡くなっても私は健在だ。

 

謀反を起こす魏延

 

私が軍を率いて敵を討つことが出来、一人の死によってこの大事を止めるとは何事だ。ましてや楊儀の指示で殿(しんがり)なんぞ、できるか!」と激怒しました。これを聞いて費らは諸葛亮の遺言通り、撤退を始めました。魏延は先回りして南下し、各地の橋を落として回ります。

 

関連記事:魏延を倒した楊儀は孔明が亡くなった後どうなったの?

関連記事:三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
みうらひろし

みうらひろし

歴史が好きになったきっかけはテレビの再放送で観た人形劇の三国志でした。そこから歴史、時代小説にはまり現在に至ります。日本史ももちろん好きですよ。推しの小説家は伊東潤さんと北方謙三さん。 好きな歴史人物: 呂蒙、鄧艾、長宗我部盛親 何か一言: 中国で三国志グッツを買おうとしたら「これは日本人しか買わないよ!」と(日本語で)言われたのが思い出です。

-魏延
-