キングダム
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【出身州別】三国志キャラの性格診断 第四回:幽州(ゆうしゅう)、益州(えきしゅう)、交州(こうしゅう)編

土いじりをする劉備




 

中国は、EU加盟国がぜんぶすっぽり入ってしまうほど大きな国。

地域によって気候も文化も人情も、ものすご~く違います。

出身州別 三国志キャラの性格診断。

前回までに全十三州のうちの八州をご紹介し、

今回は第四回目です!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

前回記事:【出身州別】三国志キャラの性格診断 第一回:司隷(しれい)、豫州(よしゅう)編

前回記事:【出身州別】三国志キャラの性格診断 第二回 冀州(きしゅう)、兗州(えんしゅう)、徐州(じょしゅう)編

前回記事:【出身州別】三国志キャラの性格診断 第三回:青州(せいしゅう)、涼州(りょうしゅう)、并州(へいしゅう)編

No.9 幽州(ゆうしゅう)出身――劉備(りゅうび)

 

幽州(ゆうしゅう)は現在の河北省、遼寧省あたりです。

幽州出身の劉備(りゅうび)は、皇族の(だいぶ離れた)末裔という血筋、

自らむしろを作って売っていたというお金持ちからはほど遠い暮らし、

でも親戚の援助で塾に通い、しかも勉強そっちのけでファッションや音楽に

凝って遊んでいたという、よく分らない生い立ちの持ち主。

知り合いの援助で私兵を持ち、黄巾の乱のどさくさで軍功を立て、

乱世で着々と傭兵隊長としての実績を積み、しまいには豪族の手引きで

蜀(しょく)を手に入れ皇帝にまでなった人。現在の河北省の出身です。

さて、河北の人たちの特徴は

 

河北人は東北人ほど豪快でもなければ上海人ほど緻密でもない。

辺境の風雲にもまれたわけでもなく水郷地帯のしっとりとした文化の

影響を受けたわけでもないため、剽悍勇猛とか温順秀麗といった

典型的な言葉で形容することは難しい。

 

なんだか、半端ですね……。横山光輝さんの漫画の劉備さんは

こんなイメージかも。優しげなくせに時々ものすごくひどいことをするという、

なんとも半端なお人柄が。

No.10 益州(えきしゅう)出身――甘寧(かんねい)

 

益州(えきしゅう)は現在の四川省と重慶市にまたがっていました。

益州出身の甘寧(かんねい)は、若い頃はギャングの頭目みたいなことをしていて、

後に少し学問もやり、手下を連れて劉表(りゅうひょう)に仕えたが厚遇されず、

孫権(そんけん)に鞍替えし、孫権のもとで切り込み隊長として活躍した人。

現在の重慶の出身です。さて、重慶の人たちの特徴は

 

豪快、率直、有言実行。侠気があり単純。衝動的。忍耐強い。

 

単純で衝動的なのに忍耐強いんですか。不思議な性格ですね。

【豪快】【侠気】【有言実行】あたりは、百名の勇士に自ら酒を注いでまわり

彼らと一緒に曹操(そうそう)の大軍に奇襲をかけて後退させたという

ど根性エピソードを持つ甘寧にぴったりです。

 

関連記事:【よかミカン紀行】甘寧がブイブイいわせてた重慶ってこんな街!

関連記事:悲惨!呉のエクスペンダブルズ甘寧のストレス爆発人生を振り返る

 

No.11 交州(こうしゅう)出身――士燮(ししょう)

 

交州(こうしゅう)は現在の広西チワン族自治区とベトナム北部にまたがっていました。

交州出身の士燮(ししょう)は、三国志の時代より二百年も前から交州に

住んでいた漢民族の豪族の出です。若い頃には洛陽(らくよう)に遊学し、

宮仕えをしたこともありました。後に交州に戻り、劉表(りゅうひょう)、

曹操(そうそう)、劉備(りゅうび)、孫権(そんけん)の勢力争いの影響を

受けつつもしっかり交州を治め、みんなが安心して住める素敵な交州にして

感謝されつつ90歳というご長寿を全うした人。

現在の広西チワン族自治区の出身です。広西の人たちの特徴は、

 

勤勉で誠実、勇敢、熱烈でお客好き

 

士燮(ししょう)さん、とてもいい人だったような感じがしますね。

三国時代の中国の中でどこに住みたいかと聞かれたら、交州って答えよっと。

ほぼベトナムなんじゃないかって気もしますが。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

重慶人の特徴の口コミ情報を調べていたら面白くって、

「豪快、率直、っていうイメージがあるけど実際はけっこう狡猾だよね」とか

「自分も重慶人には個人的にしてやられたことがあり、いいイメージがない。

油断ならないと感じる」とか、広く知られているイメージを否定するような口コミが

たくさんありました。率直な人たちだと思い込んで接するから期待を裏切られた時の

印象が強いんですかね~?

出身州別 性格診断、次回はいよいよ最終回。

荊州(けいしゅう)の蒯越(かいえつ)と揚州(ようしゅう)の周瑜(しゅうゆ)です。

お楽しみに!

 

次回記事:【出身州別】三国志キャラの性格診断 第五回:荊州(けいしゅう)、揚州(ようしゅう)編

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:よかミカンって、何者?

関連記事:裏切りイメージが悪影響か?魏延の墓は破壊されてしまった?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 姜維、孔明 【発見】諸葛亮の軍略の後継者は姜維だけではなかった!
  2. 郭嘉 郭嘉の嫁さんが誰なのかついに判明!???
  3. 粗暴な張飛が厳顔の人柄を見極めた作戦とは??
  4. 張郃は司馬懿のせいで殺されてしまった?
  5. 空箱を受け取る荀彧 荀彧がもらった空箱には一体どんな意味があったのか!?
  6. 劉備 結婚 三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・…
  7. 甘寧 裏切る ゆるキャラ 三国志の時代にもいた遊侠(ゆうきょう)とはどんな人達のこと?
  8. 三国志 象兵 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔融
  2. 美女を集めた曹叡
  3. 陳寿(晋)
  4. 曹休
  5. 劉備妻つかまる
  6. オオクニヌシ(日本神話)
  7. 成廉、魏越、呂布
  8. 曹操躍進

おすすめ記事

  1. 河了貂や媧燐もハマった?キングダムの時代の占いはテキトーで過激だった!
  2. 江東の豪族・陸遜は政治家としては優秀だったの? 陸遜と孫権
  3. 【3000文字でわかる】!禁門の変(蛤御門の変)をすっきり解説
  4. 関羽の実績が少ない理由は美髯公の性格が最悪だったから? 羅貫中と関羽
  5. 姜維の北伐失敗と蜀の衰退
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース36記事【4/2〜4/9】

三國志雑学

  1. 曹操のガラス
  2. 曹操と劉備
  3. 法正と劉備
  4. 賈詡(賈ク)
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 完顔阿骨打(太祖)
  2. 三国志大学を目指す曹操
  3. 空箱を受け取る荀彧
  4. 榎本武揚
  5. スピリチュアルにハマる光武帝
  6. 張良と劉邦

おすすめ記事

井伊直弼が暗殺されたのは何故?暗殺へのステップを解説 はじめての三国志 画像準備中 介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして忠誠を尽くす 三国志ライター黒田レン 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どころ 王基に感謝する司馬昭 【魏の忠臣】王基が司馬家兄弟に噛み付いたのは魏の国家のためだった 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【前半】 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 藤堂平助とはどんな人?御陵衛士時代や美貌について 合体!曹&袁コンビ!董卓軍をフルボッコに撃破する方法!! 「斉」の旗を持った兵士 戦国策【斉策】滅亡寸前の国を知恵で蘇らせるの巻

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP