三国志平話
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

はじめての変

超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード

この記事の所要時間: 20

甘寧 呂蒙 凌統

 

合肥の戦いで、張遼(ちょうりょう)の猛攻撃にあい、

追い詰められた孫権(そんけん)は、濡須口(じゅしゅこう)に退きます。

 

そこへ、ついに曹操(そうそう)が自ら軍を率いて攻め込んできました。

濡須口の戦いは、合肥を巡る曹操VS孫権の、クライマックスなのです。

 

この戦の中、熱い男の友情が芽生えました。

関連記事: 奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める

 

 

危険な関係 甘寧凌統

甘寧 ゆるキャラ 三国志

凌統(りょうとう)はかつて、黄祖(こうそ)との戦いの中、

父凌操(りょうそう)を甘寧(かんねい)に殺されていました。

 

父の仇である甘寧は、凌統にとって討つべき相手。

その宿敵が、あろうことか孫権に投降して仲間になってしまいました。

 

凌統は「父の恨み!」と甘寧を斬ろうとしますが、

そこは孫権に止められます。

 

敵軍として戦っていたときの事件だということは頭ではわかっていても

心では納得することができず、

凌統は甘寧が活躍するたびに悔し涙を流します。

 

濡須口の戦いでは、甘寧と共に戦うことになったので、

「私が先陣だ!」と争うようにして前に出ます。

 

そこへ、曹操軍の矢が襲い、凌統は馬を射られてしまいます。

たまらず落馬したところへ、曹操軍の楽進(がくしん)が

槍をつきつけます。

 

もうだめだと思った瞬間、どこかから矢が飛んできて、

楽進の馬を射抜き、楽進も落馬します。

 

凌統は九死に一生を得ました。我に返ると、

矢を射かけたのは甘寧だったと知ります。

 

命を救われた凌統は、ついに積年の恨みを水に流すことができました。

これをきっかけに、二人は生死を共にする契りを結びます。

 

関連記事:黄祖に邪険にされ、甘寧は孫権に寝返る

関連記事:あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王

 

調理に失敗した料理人をかばう呂蒙、ブチギレる甘寧

甘寧 裏切る ゆるキャラ

濡須口の戦いとは関係ありませんが、

甘寧の仲直りにちなんで、もう一組のエピソードをご紹介します。

 

甘寧はすぐにかっとなり、手が出るくせがありました。

ある日、厨房担当の者が失敗をしたことで甘寧を怖れ、逃亡します。

 

呂蒙(りょもう)は「失敗なんて誰にでもあるじゃないか」

厨房当番をかわいそうに思ってかくまってやりました。

 

甘寧がやってきて言います。

 

甘寧:「殺しやしないさ」

呂蒙:「約束するかい?」

甘寧:「もちろん」

それなら……、と呂蒙は厨房当番を返しますが、

甘寧は

「なーんて、な」

と、約束をほごにしてバッサリ殺してしまうのです。

 

約束を破って料理人を切った甘寧

呂蒙

さすがの呂蒙も怒りました。

もう、激おこプンプン丸です。

 

甘寧が「これはやばい」と思って謝っても、聞く耳を持ちません。

 

呂蒙:「甘寧のやつ、殺してやるっ!」

 

すると、呂蒙の母親が必死に止めます。

 

呂蒙母:「そんなことしたら、孫権様に合わせる顔がありませんよ」

呂蒙は仕方なく怒りをひっこめ、甘寧と和解することになりました。

 

関連記事:「男子三日会わざれば刮目して見よ」……呂蒙について

関連記事:三国志とキングダムのそっくり武将は誰?|信と呂蒙

 

 

こちらの記事もよく読まれています

張遼 カカロットーーーー!

 

よく読まれてる記事:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める

 

劉備にそそのかされて出撃

 

よく読まれてる記事:荊州を餌に孫権を合肥を攻めさせる劉備

張昭 VS 孫権

 

よく読まれてる記事:孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

■自己紹介:

はじめての三国志

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

関連記事

  1. ホリエモンが舛添都知事を庇った理由と晏嬰で考える政治家倫理
  2. これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじ…
  3. 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計
  4. 天才軍師の条件ってなに?諸葛亮孔明・司馬懿仲達・黒田官兵衛・大村…
  5. 【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された…
  6. 【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?
  7. なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?…
  8. 衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた!
  2. 【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう!
  3. そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの?
  4. 【祝・はじめての三国志】3周年記念の御礼を申し上げます!
  5. 【衝撃の事実】邪馬台国の重臣・難升米(なしめ)の子孫が大和朝廷の重臣だった?
  6. 袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

「垂沙の戦い」がきっかけで孟嘗君は天下に実力を認めさせた! 【なんだそりゃ?】注さらに注!ラビリンスな注釈の歴史 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/21〜11/27】 陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家 【コワいモノ比較】アメリカ人は悪魔、フランス人は狼、中国人は○○! 読者の声(10月7日~10月13日) 冥婚(めいこん)とは何?中国や三国志の時代に亡くなった人と結婚してた?

おすすめ記事

  1. 【これが本当の目玉焼き】射抜かれた左目を食べた夏侯惇とは?
  2. 曹操に仕える前の龐徳って何してたの?地方の役人として後漢王朝に仕えていた男の人生
  3. 教える事は特権?後漢時代の塾の先生は威張っていた!
  4. 【曹魏クロニクル】220年~239年までの魏の歴史を紹介
  5. 曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について
  6. 【三国志の誤植集】何平や喬国老や橋玄って誰?うっかりミスが大惨事!
  7. 張飛が長坂橋を落とした時、曹操はどうして攻撃しなかったの?
  8. 【呉を作った男達】いぶし銀の輝きを放つ呉の英雄を紹介!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP