ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての変

陸遜と竹中半兵衛の両軍師が一緒に共闘したらどうなる?【if三国志】


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

中国の三国志の英雄と日本の戦国時代の英雄のコラボは、

私たちの想像力をかきたてますね。

 

時代を超え、国境を超えて共闘したらどうなるのか?

両者の長所は引き出されるのでしょうか?

それとも意外に実力を出し切れなかったりするのでしょうか?

 

今回は三国志を代表する呉の英雄「陸遜(りくそん)」と、

豊臣秀吉の軍師として名高い「竹中半兵衛(たけなかはんべい)」が

共に手を組んで戦ったらどうなるのかを想像していきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜はイケメンだった?三國無双でも人気武将にランクインされてる理由

関連記事:趙雲が最強イケメンだった3つの理由


三国志の呉で共闘したら

 

どちらの時代で共闘するのかで話も変わってきますので、

まずは三国志の時代で考えてみましょう。

 

竹中半兵衛は織田信長の命令に背き、密かに黒田官兵衛の子供をかくまっていました。

しかし黒田官兵衛は織田信長を裏切ってはおらず、長く幽閉されていただけだったのです。

竹中半兵衛の臨機応変な対応によって黒田官兵衛の忠義は報われたのです。

 

竹中半兵衛が呉にいたら、孫権の後継者問題を上手に解決できたかもしれません。

戦場でのエピソードではありませんが、これにより孫権と衝突して陸遜が憤死することもなくなります。

呉の衰退は防げたかもしれません。


豊臣秀吉の家臣として共闘したら

 

豊臣秀吉の性格からして、

竹中半兵衛同様に戦略・戦術に長けて忠義に篤い陸遜を重用するのは間違いないでしょう。

 

まあ、豊臣秀吉は陸遜の手を借りなくても天下統一を実現しているわけですから、

陸遜が特別必要というわけではありません。

戦場に軍師格が二人いても決断が鈍る可能性もあります。

 

陸遜が活躍するとしたら竹中半兵衛の没後でしょうか。

そこには黒田官兵衛という天才軍師がいますが、戦線も拡大しているので陸遜の価値も高まりますね。

徳川家康との「小牧・長久手の戦い」あたりで活躍したのではないでしょうか。

もしかするとここで徳川家康を大敗させたかもしれません。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志1

 

そもそも軍師が二人いて戦力がアップするのか

 

参謀であれば複数いても、参考にする案が増えるだけなので問題ないのでしょうが、

軍師の立場は一般的に武将よりも格上で、司令官的な役割も兼ね備えています。

 

総大将に豊臣秀吉がいるのであれば両者の意見を聞いても即断できますが、

そうでない場合、同格の軍師が二人いれば命令系統に混乱が生じる可能性もあるのです。

 

長篠の戦いの際には竹中半兵衛は自分の見通しを話、

誘導されて振り回される豊臣秀吉には従わずに別行動で陣を守り抜いています。

竹中半兵衛がいなければ豊臣秀吉は武田軍に蹂躙されていたことでしょう。

 

関連記事:天才軍師 竹中半兵衛が編み出した鬼畜の作戦って何?

関連記事:竹中半兵衛重治と黒田官兵衛はどっちが凄かったの?


主君はどちらの意見を尊重するのか

 

竹中半兵衛も芯が強く、なかなか頑固なところがありますので、

孫権にせよ、豊臣秀吉にせよ扱いは慎重になったのではないでしょうか。

主君であろうが筋の通らない振る舞いをしたら、

主君の城を策略で落とすことをやってのける漢(おとこ)です。

 

陸遜は諸先輩方に対しても意見を押し通す意思の強さを誇っています。

夷陵の戦いの際には勝つために、王族だろうが古参の将が相手であろうが容赦なく振る舞いました。

 

深謀はピカイチの二人ですが、図太さいう点においても共通する強いメンタルを持っています。

仮に二人が同時にいたとすると、主張してくる意見が分かれた時が最悪ですね。

内側から軍勢は瓦解しかねません。

同じような戦略を提案してくれることを期待してしまいますね。

 

関連記事:孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?

関連記事:天才軍師の条件ってなに?諸葛亮孔明・司馬懿仲達・黒田官兵衛・大村益次郎に共通している条件とは?


  

 

三国志ライターろひもとの独り言

 

私が今回の企画で一番感じたのは、陸遜と竹中半兵衛がタイプ的すごく似ているということです。

冷静沈着で、リスク管理が上手く、主君が見えていない先の将来まで見通すことのできる器です。

 

個人的に一番見たいのは、竹名半兵衛が早世せず、

陸遜と組んで大阪城を徳川家の侵攻から守るとういうものですね。

粘ること、好機と見るや一気呵成に攻められる陸遜がいれば、

同じタイプの徳川家康もそう易々と手を出せなかったのではないでしょうか。

 

そんな「大坂の陣」が見てみたいですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜の死因は何だったの?孫権のパワハラに耐えきれなかった呉の丞相

関連記事:【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍略に優れていた人物とは?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 


 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ 曹操にまつわる梅林の話は本当なの?梅干しが曹操軍を救う?
  2. 劉備 それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選
  3. これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術
  4. 旅馬 三国志 名馬ズラリ!三国志〜日本史と英雄の偉業を支えた名馬たちを徹底紹介…
  5. 三国志 武具 軍備 三国志時代の軍備・軍事ってどんなのがあるの?
  6. 華陀と麻沸散 華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?
  7. 法正と劉備 三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた?
  8. 徐庶 徐庶ってもしかしたらヤンデレだった!三国志演義でのヤンデレぶりを…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 徳川家を守った篤姫
  2. おんな城主 直虎
  3. 華佗(華陀)
  4. 三国志の女性
  5. kawauso
  6. 司馬懿と孔明

おすすめ記事

  1. 【将苑】諸葛亮の兵法-用兵のコツは適材適所! 曹仁と曹操
  2. 馬超の活躍は蜀に来るまでがピーク?晩年の錦馬超の抱えていた悩み ボロボロになった馬超
  3. 織田信長の息子達の名前がファンキーでかなりやばい!! 織田信長
  4. 【春秋戦国時代】時代の主人公であった魏の文侯の厳選エピソード
  5. 傅嘏(ふか)とはどんな人?時代を謳歌していた三人とは付き合いたくありません!
  6. kawauso編集長のぼやきVol.3「諦めるとは」 kawauso

三國志雑学

  1. 于吉、孫策
  2. 赤兎馬
  3. 病気がちな孔明
  4. 袁紹VS袁術(犬猿)
  5. 孟獲キャッチコピー


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蒼天航路
  2. 袁術を励ます魯粛
  3. 荀勗(じゅんきょく)
  4. はじめての三国志編集長 kawauso
  5. パンドラの箱 漢王朝
  6. 陸遜

おすすめ記事

劉曄 劉曄(りゅうよう)の進言に従っていれば魏の曹丕が天下統一をしていた? 光武帝を解説する荀彧 荀彧は後漢グルーブor曹魏グルーブどっちなの? 読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声『右クリックができず困っている件』 キングダム52巻 キングダム582話休載スペシャルvol2李牧のリアルな軍勢とは? 橋本左内と吉田松陰、二人の天才が残した功績とは? 劉禅と董允 月刊はじめての三国志2018年9月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 白馬寺(城) 白馬寺とは何?洛陽にある中国最古のお寺は白馬が経典を運んだ! キングダム52巻 キングダム582話ネタバレ予想vol3王翦はまだ動かない!!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP