はじめての列子
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

漢代まではリアルダンジョンだった蜀

城銅雀台

 

 

 

正史三国志の注にしばしば引用されている『華陽国志(かようこくし)』

四世紀に編纂された中国西南部の地誌です。

「華陽」は華山(かざん)の南側、「華陽国」は蜀(しょく)があったあたりのことです。

単純に地理的な位置を示しただけですが、字面がみるからに華やかでいいですね。

 

一方、「蜀」という呼び方はどうでしょう。

文字の中に「虫」が入っていて、なんとなく人外魔境のような気配がありませんか?

蜀という土地、古代中国人には実際にそれに近いイメージでとらえられていたふしがあります。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蜀は古代から独立王国だったって知ってた?

関連記事:劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢

 

 

大昔は中国だと思われていなかった蜀

 

蜀には四、五千年も前から文明があり、その担い手は羌族(きょうぞく)の人々でした。

黄河(こうが)流域で殷(いん)の青銅器文明が栄えていたのと並行して、

蜀でも独特の様式をもつ精巧な青銅器が盛んに作られていました。

その文明の高さは殷にもひけをとらないものでしたが、中華文明の中心地である

中原(ちゅうげん)から遠かったことと、文化も民族も中原の人たちと違っていたことから、

中華の一員とは見なされていませんでした。

 

古蜀(こしょく)と呼ばれる蜀の古代国家は、中原で周(しゅう)が殷を放伐した際には

周に協力したのですが、春秋時代(しゅんじゅうじだい)の諸侯の会盟には参加できて

いませんし、メジャーな歴史書『史記(しき)』にも古蜀についての記述はほとんどありません。

中国の歴史とは関係ないと思われて『史記』にスルーされたようです。

 

お隣の秦(しん)の人からは「西僻之国、戎狄為隣(西の辺境の異民族国家)」と

呼ばれています。言葉も通じなかったそうです。

 

 

秦に併合されてからは流刑地とされた

 

古蜀は紀元前316年に秦に征服され、秦の天下統一によって中国の一部という

カテゴリーに入りましたが、秦代における蜀地方の利用方法は「流刑地」でした。

言葉も通じず文化も違う異民族の土地として、中原の目線から見れば

リアルダンジョンだったのです。

漢(かん)代になっても最初のうちは開発も進まず、異民族ばかりの未開の流刑地と

みなされていました。

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

 

「蜀」という文字

 

「蜀」はイモムシをかたどった文字です。古蜀の始祖とされている蚕叢(さんそう)が

民に養蚕を教えたという伝説があり、蚕にちなんで蜀という文字があてられたと

考えられています。

 

字の上部にある「目」は「縦目」を表わしているそうで、蚕叢の目が縦であったという

伝説を彷彿とさせます。目が縦ってなんじゃらほい、って感じですが、

kawauso編集長オリジナルイラストの青銅縦目仮面(せいどうじゅうもくかめん)を

ご覧頂ければと。目が飛び出したような形になっています。

 

こういう仮面が蜀のあった四川省の三星堆遺跡(さんせいたいいせき)から出土しており、

これが蚕叢ではないかと考えられています。

 

「蜀」という文字には古くは「虫」が入っておらず、後に「虫」が追加され、

漢代になって今の字形が確立したそうです。

「虫」は昆虫だけを指すものではなく、動物全般を指します。

「蜀」に加えられた「虫」について、古代の中華の人たちが蜀のことを

自分たちとは別種の生き物が住んでいる場所だと思って蔑視してそんな文字で

表現したのだとする説があります。

 

蜀の悲しい歴史

 

言語や文化の異なる異民族の土地ということで古代の漢族から人外魔境のような目で

見られていた蜀ですが、明(みん)末~清(しん)初の動乱の時代に蜀で大虐殺があり、

300万人以上あった人口が2万人にも満たないほどにまで激減してしまいました。

後に湖北、湖南、広東などから移民が入って土地は復興しましたが、

古代からの蜀人はほとんど絶えてしまったそうです。

現代の四川語は北京などの北方の方言と近いですが、

それは移民の人々が持ち込んだ言葉です。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

三国志の劉備(りゅうび)諸葛亮(しょかつりょう)が蜀に入った頃は、郊外の集落には

現代の四川とは比較にならないほどエキゾチックな雰囲気があったことと思います。

そんな昔の風景に思いを馳せながら三国志を読むのもまた一興ではないでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【地図付き】地味だけど結構重要だった!諸葛亮の南中遠征

関連記事:劉焉(りゅうえん)は何でド田舎の益州を選んだの?ちゃっかり独立を企んでいた?

 

北伐の真実に迫る

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 兵戸制 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  2. 孔明の罠 諸葛亮孔明が残した兵法書はどれなの?便宜十六策の中身を一部紹介
  3. 最強中二病!袁術はどうして皇帝になろうとしたの?
  4. ネズミで人生を変えた李斯 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!
  5. 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの?
  6. 五虎大将軍の関羽 【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの?
  7. 鍾毓(しょういく)の進言が的確すぎる!曹叡や曹爽に撤退の進言をし…
  8. 于禁を虐める曹丕 于禁と共に関羽に降伏した浩周と東里袞のその後とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 文帝(前漢)

おすすめ記事

  1. 119話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐本戦
  2. 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか? 項羽(はじめての三国志)
  3. 曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン
  4. 2300年前の古代中国に動物園が存在した?キングダムに登場するランカイのモデルも? 虎士(黒豹)
  5. 【11/23】朝まで三国志第2弾の電子書籍が出版されるよ!
  6. 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで) 長坂の戦い 張飛

三國志雑学

  1. 凌統
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 畠山義就

おすすめ記事

李広(りこう)とはどんな人?「飛将軍」と呼ばれた男は李信の子孫であった!? 劉禅 韓非子 諸葛亮が劉禅の教科書に選んだ『韓非子』とは? 孔子と儒教 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか 【孔門十哲】冉有(ぜんゆう)とはどんな人?ちょっぴりネガティブな手腕家 孔明 司馬懿 陸遜 中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か? 【第7回 幻想少女】強敵続出!ろひもと理穂は曹操に会えたのか!? 三国志時代のひざまくら 【誤解しないで!】男同士のひざまくらが三国志の時代に大流行!その理由とは??  豊臣秀吉 戦国時代 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最後

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP