呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

張温vs秦宓宿命の口先合戦勃発?

程昱(ていいく)

 

 

 

三国志における戦乱では兵隊同士の戦いがメインの様ですが、

諸国の王が自身以外の国を如何に味方利用し、如何に出し抜くか、という側面がありました。

そのため、相手の国を説いて味方につけるという場面も見られます。

そうした仕事を行うには弁舌が達者でなければなりません。

 

弁舌を生かして他国を説いて味方につけたというエピソードは

中国古来の話では珍しくありません。

 

その中でも蜀に使えた秦宓(しんふく)は、弁舌に秀でていた逸話が残されています。

今回は秦宓(しんふく)と呉の張温(ちょうおん)の弁舌対決のエピソードの背景をご紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:73話:孔明、大論陣を張り呉の降伏派を叩き潰す

関連記事:【はじめての方へ】難しい三国志サイトに飽きたら、黙ってココをCLICK!!

 

 

秦宓の生きた時代

 

秦宓 子勅(しんふく しちょく)は、後漢末から正史に登場しています。

彼は若くして、学問に優れていましたが、詐病を使って仕官を断り続けていました。

正史では、劉備(りゅうび)が益州を平定した後、

劉備(りゅうび)のもとに仕えることとなりました。

 

演義では、蜀の劉璋(りゅうしょう)に仕えていましたが、

劉備(りゅうび)が蜀を取り、劉備(りゅうび)に仕えることとなりました。

その後の蜀は、魏や呉との戦いで、関羽(かんう)張飛(ちょうひ)

そして劉備(りゅうび)を失いました。

 

孔明(こうめい)は、魏に対抗するため呉と再び手を結ぶため、

使者として鄧芝(とうし)を遣わしました。

彼は見事、呉王、孫権(そんけん)を説き伏せました。

 

孫権(そんけん)は返事の使いとして、呉郡呉県の張温(ちょうおん)、字は恵恕(けいじょ)を遣わし、

鄧芝(とうし)とともに蜀に赴き、誼を結んでくるように命じました。

 

返礼の使者の来訪

 

孔明(こうめい)は鄧芝(とうし)の成功を確信していたため、

後主、劉禅(りゅうぜん)に返礼の使者に呉と蜀の誼を結ぶように伝えました。

まもなく、東呉から張温(ちょうおん)が鄧芝(とうし)と返礼に参じました。

 

張温(ちょうおん)はやや横柄なところがある人物であったためか、

得意満面の表情で昂然と殿中に通り、劉禅(りゅうぜん)に挨拶しました。

劉禅(りゅうぜん)も錦の敷物を与え、酒宴を設けてもてなしました。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

横柄な張温

 

翌る日、孔明(こうめい)は宴席を設けて、張温(ちょうおん)に言いました。

孔明(こうめい)「先帝は呉と事を構えられましたが、今の陛下は呉王を深くお慕いになられ

旧怨を棄てて末永く誼を結び、協力して魏を討たんとお望みになっておられます。

呉王にも取りなしの程、お願い致します」

 

張温(ちょうおん)はこれに承知しました。

しかし、酒が廻るに従い元来の気性が出たのか傲然と振舞いました。

 

秦宓と張温の対面

 

また、次の日も劉禅(りゅうぜん)は張温(ちょうおん)に金帛を賜い、

送別の酒宴を設けました。

その酒宴の最中、酔っ払った秦宓(しんふく)が入室しました。

張温(ちょうおん)はそれを見て不快げな顔をしましたが、

秦宓(しんふく)はそ知らぬ顔で軽く会釈して黙って席に着きました。

 

張温(ちょうおん)が咎めるように孔明(こうめい)に秦宓(しんふく)のことを尋ねました。

 

孔明(こうめい)「彼は秦宓(しんふく)、字は子勅(しちょく)という益州の学士です。」

 

張温(ちょうおん)「学士と言っても、本当に学があるものかどうかわかったものではないな。」

 

と揶揄し笑っていると、秦宓(しんふく)が口を開きます。

 

秦宓(しんふく)「蜀では三尺の童子ですら学問をしています、私に学が無いと仰せられるのですか。」

 

張温(ちょうおん)「すると貴公にはどんな学があるのかな。」

 

秦宓(しんふく)「上は天分、下は地理に至るまで

三教九流(三教は儒・仏・道、九流は儒家その他戦国の諸学派の総称)、

諸子百家、およそ通ぜぬものは無く、古今の興廃、

聖賢の経伝(聖人の経書と賢人の注釈)、一つとして学んでいない物はありません。」

 

二人の舌戦の行方は・・・

 

秦宓(しんふく)の発言を聞いた張温(ちょうおん)は、にやりとします。

張温(ちょうおん)としては、自身の歓迎の席にふてぶてしく入室した

秦宓(しんふく)の鼻を明かしてやろうというところでしょう。

 

一方で、秦宓(しんふく)は自身の学士としての力量を示すと同時に、

呉に対して蜀の力を見せるといった場面でもあります。

酒宴の席は一転して、舌戦の場となりました。

 

三国志ライターFMの独り言

 

秦宓(しんふく)と張温(ちょうおん)の問答は、

正史三国志では一語一句逃さず記録したかのように綺麗に残されています。

三国志演義でもその問答の内容は、そのまま採用されています。

今回の記事では、前篇としてその問答の背景はどのようなものであったかをご紹介しました。

後篇では、実際の問答がどのようなものであったかご紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫権のツンデレ外交に蜀の天才外交官・鄧芝の能力炸裂!蜀呉同盟を復活させたお話

関連記事:馬良(ばりょう)って何した人だっけ?意外な馬良の役割と任務に迫る!

 

■中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説■

 

 

FM

FM

投稿者の記事一覧

三国志は、大昔の出来事ですが、物語をいろいろな視点や切り口で見ていくと、新しくて面白い発見があるのが好きです。

人物像や対人関係、出来事、時代背景、逸話等々、古い話とはいえ、学ぶべきところはたくさんあります。

埃をかぶせておくにはもったいない、賢人たちの誇りがあります。

関連記事

  1. 呉蜀赤壁の戦い 赤壁の戦いは計略の宝庫
  2. 【袁術特集】孫家に吸収された袁術の子孫たちはどうなったの?
  3. 華雄(かゆう) 華雄って強い将軍?それとも雑魚将軍?華雄の強さを考察
  4. 馬超の兜にフォーカス 馬超には帝位につくチャンスはあった?ムチャとは承知で一度マジメに…
  5. 袁紹と曹操 袁紹の攻略方法は!?曹操が使った袁紹の攻略方法を紹介
  6. 関帝廟 関羽 関羽はお金の神様?風水における関羽像について
  7. 城の前を掃除する孔明 三国志の時代の城の機能について図解解説
  8. 馬超の兜にフォーカス 馬超がかっこいい!入蜀後の功績が少ない理由は血筋の良さが五虎将軍…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 龐統
  2. 秦の始皇帝
  3. 織田信長
  4. 孫権と劉備と曹丕
  5. 孔明
  6. そんろは 孫魯班
  7. 蜀の皇帝に即位した劉備
  8. 木戸孝允

おすすめ記事

  1. 若し頃の劉備は暗殺されそうになったり、カッコ悪かったりと散々だった!? 劉備の黒歴史
  2. 16話:菫卓を変貌させた権力と武官差別
  3. 三国志の時代の情報伝達はどうなっていたの?最小情報伝達所烽侯を解説 馬に乗って単身荊州へ赴く劉表
  4. 逢紀とはどんな人?袁紹から厚い信頼を得たが曹操が死の原因を作った? 逢紀
  5. 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権 かぼちゃと孫権
  6. 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった! 結婚を喜ぶ孫策

三國志雑学

  1. 曹操丞相えらいねんで!
  2. 曹植
  3. 韓信
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. ロボ関羽
  2. kawauso編集長、おとぼけさん、コーノさん、廉さん
  3. 韓信vs孔明
  4. 劉備と酒を交わす曹操

おすすめ記事

城の前を掃除する孔明 【諸葛亮vs司馬懿】ピンチを切り抜けたのは空城の計! 明治天皇 中央集権国家を目指した版籍奉還とは?【前半】 徐晃と許チョ 「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武勇とは? 秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな kawauso編集長のぼやきVol.2「サービス精神」 盧植 盧植とはどんな人?不正と悪を憎み酒を愛した武闘派学者の人生 【架空戦記】帝政ローマ軍と三国志軍が戦ったらどっちが勝つの?軍隊の編成や武器なども徹底解説 西夏王陵 / wikipedia 西夏王陵とは何?東宝のピラミッドと呼ばれる9つ西夏の王陵を紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP