董卓が殺害された原因と三国志に与えた影響とは?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

董卓

 

三国志の英雄の一人・董卓(とうたく)

董卓は涼州(りょふ)で役人になり、異民族達と時に戦を行い、

時に仲良しながら、涼州の統治に励んでいました。

 

羽林騎時代の若き董卓

 

また董卓のイメージは太っちょさんだと思われがちですが、

若かりし頃は馬に颯爽と乗り、弓矢をバシバシ放つことが出来るほどの力を持っていました。

さて今回はこの董卓が殺害された原因と董卓殺害された事で、

三国志にどのような影響を与えたのかご紹介しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:これは意外!董卓が殺されたのは并州人 vs 涼州人の対立の結果?

関連記事:董旻(とうびん)ってどんな人?董卓を補佐した弟の生涯に迫る!


正史三国志での董卓の評価は

董卓

 

董卓は洛陽で権力を握ってから若かりし頃と変わって暴虐な振る舞いを行っていきます。

お金をいっぱい持っている商人から金品を強引に奪ったり、

皇帝を蔑ろにするような事を行ったりと数えたらキリがありません。

 

晋の陳寿

 

そんな董卓ですが、正史三国志の作者・陳寿(ちんじゅ)

どのように評価を下していたのでしょうか。

 

陳寿 三国志

 

陳寿は董卓を

「残忍で暴虐非道な人物だった。また記録上彼ほどの人物は歴史に存在しないであろう。」

かなり酷な評価をしています。

これだけ酷な評価がされている董卓は殺害されても仕方ないのかもしれません。


董卓が殺害された原因はこれだ!!

呂布

 

陳寿から酷評された董卓。

董卓は呂布に殺害されてしまいますが、どうして殺害されてしまったのでしょうか。

 

生卵を飲む呂布

 

呂布が一人で董卓を殺害するとは思えません。

なぜならば呂布は董卓の養子だったからです。

では呂布は誰に命じられて董卓を殺害することになったのか。

その理由を正史三国志から調査してみました。

王允と呂布

 

その結果、董卓暗殺計画を考えたのは王允(おういん)士孫瑞(しそんずいの二人です。

このふたりはどうやって董卓を殺害したのでしょうか。


董卓殺害計画の全貌

呂布と王允

 

王允は呂布と同郷で何かと面倒を見て、丁重に扱っていました。

呂布は王允が色々と面倒を見てくれるので、王允を信用するようになり、

王允の家でご飯を食べたりする仲でした。

 

裏切った呂布

 

ある日呂布は王允の家に行って、董卓にされた仕打ちの愚痴を王允にこぼしていました。

王允は呂布からこの話を聞くと士孫瑞と計画していた

董卓暗殺計画に加わってもらうことを決断。

 

王允

 

そして王允は呂布へ

「董卓殺害する計画を立ててるんだけど、一緒にやらない」と勧誘します。

呂布は「董卓はパパなんで殺害なんてできないっすよ」と断ります。

 

しかし王允は「あなたと董卓は違う姓で、本当の親子じゃないでしょ。

さらに今あなたは董卓から目をつけられて、いつ殺されてもおかしくないでしょ。」と

脅しながら協力するように求めます。

呂布は王允の説得を受け入れて董卓暗殺計画に参加。

 

董卓を暗殺する呂布

 

その後二人は献帝(けんてい)の病気回復祝いが行われる事を知り、

董卓がこの祝いに参加した時に殺害する事を決めます。

 

ヘソにろうそくを刺される董卓

 

そして董卓が献帝のいる未央殿(びおうでん)にやってきた時、

呂布に合図を送り董卓を殺害してしまうのでした。


董卓が亡くなった事で三国志にどのような影響を与えたの??

暗殺される董卓

 

董卓は洛陽を燃やして長安へ遷都した後、王允と士孫瑞の暗殺計画によって亡くなります。

董卓が死んだ事で三国志の世界にどのような影響を与えたのでしょう。

まず董卓が死んだ事で反董卓の群雄が各地で活発に動き始めることになり、

ここから三国志の時代の幕開けとなったと言ってもいいと思います。

 

橋瑁が決起文を送り反董卓連合軍結成

 

もし董卓が生きていれば、董卓の強大な軍事力に対抗するため、

反董卓の群雄はいつ董卓の軍勢がやってきても迎撃できるように準備をして、

しっかりとした協力関係を築いていました。

 

袁紹

 

この事を考えれば董卓がいなくなったからこそ、

三国志に登場する曹操や袁紹(えんしょう)らは勢力拡大ができたと言えるでしょう。

また董卓が死んだ事で後漢王朝が完全に形骸化したと言えるでしょう。

保護される献帝

 

後漢王朝の皇帝・献帝(けんてい)は、董卓が生きている頃から

居ないに等しい存在でしたが、一応国のトップに君臨。

民衆達は非常に苦しい思いをしていましたが、

各地の群雄が互いに戦う様相を見せず、まだ後漢王朝の統治機構は残っていました。

 

藏覇(臧覇)と曹操と袁紹

 

しかし董卓が亡くなった事で各地の群雄が相争うことになり、

後漢王朝の権威がほとんどなくなってしまい、

後漢王朝の統治機構も機能しなくなり、無いに等しい状態になってしまいます。

ほかにも董卓が亡くなった事で色々な影響を三国志に与えていますが、

代表的なのはこれくらいではないでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田レン

 

三国志演義では董卓のお妾さんに王允の娘・貂蝉(ちょうせん)が選ばれ、

董卓に可愛がられることになります。

 

貂蝉

 

しかし董卓の養子・呂布は貂蝉に一目ぼれし、貂蝉を密かに訪れていたそうです。

呂布は董卓に貂蝉の事がバレたら殺されるかもしれないと考えているところに、

王允の誘いがあり董卓殺害に関与することになります。

 

貂蝉と呂布

 

正史三国志でも呂布は董卓のお妾さんに手を出しており、

このお妾さんが後年貂蝉と呼ばれることになるのです。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書 井波律子・今鷹真訳など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:呂布(りょふ)は色白ハンサム?日中女子で違う呂布イメージ

関連記事:呂布をリトマス試験紙にして群雄の性格を鑑定してみた

 

【天下無双の豪傑・呂布の放浪記】
呂布

 


 

関連記事

  1. 華陀と麻沸散
  2. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国
  3. 于吉と張角
  4. 曹純
  5. 荀彧と曹操

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP