キングダム
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孫尚香はどちらがかわいい?アニメそれとも三国志?



 

孫権(そんけん)(孫策(そんさく)(の妹で孫呉()のじゃじゃ馬姫と言われ、現在ではアニメやゲームに登場している孫尚香(そんしょうこう)()

今回はアニメやゲームに登場している孫尚香正史三国志に登場している孫尚香

どっちがかわいいのか黒田レンの独断と偏見で決めてみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選

関連記事:【君主vs名士】孫権よりも名士の権力が強かったってマジ!?

 

 

孫尚香ってどんな人なの!?

 

孫尚香はゲームやアニメなどで有名な人物ですが、

正史三国志ではほとんどその名を見かけることがありません。

さらに彼女は孫呉出身の人物なのに正史三国志の呉書の中にすら出てこないミステリアスガールです。

しかし父親と兄だけはしっかりと判明しています。

 

孫尚香のパパは孫呉の基礎を作った孫堅(そんけん)で、兄は小覇王と言われた孫策碧眼児(へきがんじ)孫権です。

孫尚香は武芸が大好きで孫策の気風を漂わせていたそうです。

そのためか孫尚香は20歳を過ぎても、彼女と結婚しようとする相手は出てきませんでした。

孫権は妹を劉備(りゅうび)に嫁がせて同盟の結びつきの強化を図る為、孫尚香を劉備へ嫁がせます。

こうして劉備の元へ嫁いだ孫尚香。

諸葛孔明(しょかつこうめい)は孫尚香の人柄を法正へ語っています。

 

孔明曰く「殿には三つの脅威がある。一つ目は北方の曹操(そうそう)

二つ目は東の孫権。

そして三つ目は寝室にまで剣や槍を持った侍女が侍って

主人を守護している孫尚香殿だ」と語ったそうです。

 

当時の劉備の心境はかなり苦しかったと思います。

 

 

三国志演義の孫尚香は劉備思いの女性だった!

 

正史三国志などに登場する孫尚香は気性が荒くて、扱いにくい女性だったようですが、

三国志演義の孫尚香は劉備思いの奥さんでした。

孫尚香は劉備の元へ嫁ぐと仲睦まじく過ごしていたそうで、夫婦仲は良好でした。

しかし孫尚香は劉備が益州(えきしゅう)を攻略すると孫権から実家へ帰ってくるように命令されます。

孫尚香はこの命令に逆らうことができずに渋々船に乗って孫呉へ帰還します。

 

孫尚香は劉備が亡くなった事を知ると長江(ちょうこう)へ身投げして、劉備に殉じたそうです。

三国志演義の孫尚香は旦那思いで、正史三国志とは全然違う良いイメージの女性として描かれています。

 

波動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志  

歴史上の孫尚香は可愛いの!?

 

さて正史三国志と三国志演義では全然違うイメージを持っている孫尚香。

果たして歴史上では可愛かったのでしょうか。

残念ながら彼女の容姿をイメージさせる記述が無いため分かりません。

でも孫尚香の血筋から予想することはできます。

 

孫尚香のお母さんは賢婦人(けんぷじん)と呼ばれ、兄二人を支えた人です。

さらに孫尚香のママは孫堅に嫁ぐ前、親戚から「才色兼備」と言われた呉夫人です。

また孫堅もブサイクな人物だと言われていないため、

孫尚香はそれなりに可愛いかったのではないのでしょうか。

 

三国無双8に登場する孫尚香が超キレイ

 

三国志のゲームで有名なのはやっぱり無双シリーズです。

この無双シリーズの8作目が登場するのですが、

この無双シリーズのキャラクターとして孫尚香が登場。

今まで三国無双に登場していた孫尚香はかわいい女性キャラでした。

 

しかし三国無双8のの孫尚香は歴代無双シリーズのかわいいキャラから脱却して

キレイな女性となって登場。

気になる方は是非無双8検索してみてください。

 

恋姫無双に登場する孫尚香は幼くて可愛い

 

黒田レンは恋姫無双なるゲームをやったことないのですが、

このゲームに孫尚香が登場します。

恋姫無双の動画を拝見し、孫尚香を確認しました。

恋姫無双に登場する孫尚香はちっちゃくて、幼くて、かわいい姿で登場していますが、

史実のように気性の荒さを残していました。

 

こんなかわいい女の子に「おにーちゃん」なんて言われた

ちょっとキュンとしてしまい、可愛い孫尚香をお望みなら、

間違えなく恋姫無双が一番かわいいでしょう。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

結局正史三国志や三国志演義に登場する孫尚香と

三国無双や恋姫無双の孫尚香一体どちらがかわいいのか。

黒田レンの偏見と独断で決めたいと思いますが、

やっぱりゲームの孫尚香の方がかわいいと思います。

 

歴史上の孫尚香は当時カワイイもしくはキレイな人だったかもしれませんが、

今見たらそうでもないかもしれません。

この事を考慮するとやっぱり現代向けに作られた孫尚香の方が、

黒田レンはいいなと思うのですが、皆様はどのように思いますか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫尚香ってどんな人|孔明に曹操、孫権と並び評された人物

関連記事:はじさんが孫権を丸裸に!素顔は?身長は?孫権を徹底追及!

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 異議ありと叫ぶ司馬懿 司馬懿の人柄は?計算高い策士だった?
  2. 三国志の時代に実際にあった計略について徹底紹介
  3. 【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定
  4. 魏の曹操孟徳 【潼関の戦い】曹操が作成した甬道が合理的過ぎた
  5. 夷陵の戦いで負ける劉備 【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった!
  6. 話題の水素水問題は三国志時代にもあった?健康になる水信仰
  7. 劉虞 劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞
  8. 歴史書によく出てくる「尚書」って何?女の尚書もいた!?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志大学で勉強する劉備
  2. 李典
  3. 孔明の留守宅の壁に長々と漢詩を書いて汚す劉備
  4. 張魯
  5. 趙雲
  6. 劉備と関羽と張飛の桃園三兄弟
  7. 小帝の妃

おすすめ記事

  1. 『論語』に見える親孝行のすすめとは?
  2. 徐盛(じょせい)ってどんな人?人生を戦いの中で過ごした呉の将軍 徐盛(じょせい)呉の将軍
  3. 于禁は蒼天航路と正史三国志では全然違う? 于禁
  4. 【血統を知ろう】劉備は前漢の初代皇帝・劉邦の末裔なの? 劉備の黒歴史
  5. 袁紹の死因はメンタルの弱さにあった?河北の支配者・袁紹の死因を考察 亡くなる袁紹
  6. 【曹操の人心掌握術】身内よりも部下を優先せよ 曹洪と曹操

三國志雑学

  1. kawauso編集長
  2. 問題を解決する楊脩
  3. 痛い目にあう孫権


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 殷の大様002
  2. 始皇帝
  3. 何進に見切りをつける蒯越(カイ越)
  4. 孔明

おすすめ記事

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第9部 最弱武将と対峙する張飛 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち 馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明 馬謖はどうして劉備時代に活躍しなかったの!? 劉邦をなだめる陳平と張良 意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦 王威 王威とはどんな人?三国志の英雄・劉備と曹操を殺害しようとした暗殺者 曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんなの? おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第32話「復活の火」の見どころをご紹介 周瑜の魅力 周瑜が長生きしていたら三国志はどうなったの?二国志になっていた可能性!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP