はじめての列子
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

kawauso編集長ぼやき

kawauso編集長のぼやきVol.1「情報受け身社会」



 

 

あー、どうもkawauso編集長です。

ここでは、編集長のぼやきと称して

kawausoが普段考えている事を書きます。

 

 

ググれカスは死語

 

あれらしいよ、最近ググれカスは死語らしいんだよね。

今となっては若い子は誰もググらないんだって

もう検索する自体がメンドウくさいそうな

んじゃあ、どうやって情報を得ているかと言うと、

ラインに流れてくる情報をそのまま読んでる・・

 

まあ、ライン情報も時のトレンドには違いないし

友達も同じラインで同じ情報を読んでいるから

話題に不自由する事はないそうな。

 

 

情報選択どころか流れてきたモノを丸のみ

 

ちょっと前までさ、識者が

「迫りくる情報洪水の社会で

私達はどのように情報を取捨選択するか」

みたいな事を言っていたけど、

何の事はなくて、今の人は取捨選択を放棄して

ラインに流れてきた情報だけを受け取る事にしたわけ

良い悪いじゃなくて、それが主流になった。

情報が爆発的に多様化しても、

そんなの要らなくて、流れてくるものを読む

それがトレンドになってしまったのね。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2  

新しいトレンド開拓が難しい時代

 

この風潮が何を産み出すかというとね。

今の人は既存の情報やトレンドしか欲しがらない

つまり、今ガチで人気あるのはさらに人気が出るけど

知られていないモノには誰も手を出さない。

 

昔はあった、マイナーだったけど、

一部のファンに熱狂的に支持されてメジャーになる

そういう傾向が起きにくくなっている。

資金やプロデュース力に乏しいインディーズには

冬の時代だな。

 

三国志でいうと、すでにメジャー化している

劉備(りゅうび)曹操(そうそう)荀彧(じゅんいく)郭嘉(かくか)陸遜(りくそん)張遼(ちょうりょう)の記事は受けるけど

メジャーではない武将の記事は出しても読んでもらえない。

理由は簡単で

新しく覚えるのがメンドいから

今知っている武将だけ見ていた方が楽だから

 

需要を広く薄く広げるのが難しい時代なんだな。

 

kawauso編集長ぼやき 世間の風潮に逆らって・・

 

じゃあ、はじ三もメジャーどころだけ扱えばいいのか?

そうかも知れないけど、つまんないよね。

いつもいつも、趙雲(ちょううん)張遼ばかりじゃさ

 

天邪鬼(あまのじゃく)なkawausoとしては、

イベント的には玉砕しても、大々的にマイナー武将を紹介したいし

人が知らない武将を知る事で知的好奇心を満足させる

そこにも力を注ぎたいと思う。

 

人が知らない情報にやたら詳しい、

そういうオタクが存在しないと

次の時代を牽引するブームは生まれない

kawausoはそう思っているんどす・・

んじゃ、また来週水曜日にお会いしましょう!

 

【はじさん編集部】編集長kawausoの奮闘日記も絶賛公開中!

はじめての三国志編集長kawauso日記  

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.3「諦めるとは」
  2. kawauso編集長のぼやきVol.32「本格レストラン」
  3. kawauso編集長のぼやきVol.22「今見たいテレビ」
  4. はじめての三国志編集長kawauso 【最終話】kawauso編集長のぼやきVol.33「北京でサービ…
  5. kawauso編集長のぼやきVol.29「好きだからこそ」
  6. kawauso編集長のぼやきVol.8「専門家には敬意を持つ」
  7. kawauso編集長のぼやきVol.16「はじ三に小難しい記事が…
  8. kawauso編集長のぼやきVol.17「編集長として大事にして…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魏延と孔明
  2. 生姜を買ってくる左慈と曹操
  3. 三国志大学を目指す曹操
  4. 黄月英

おすすめ記事

  1. 孫資(そんし)と劉放(りゅうほう)の綱渡り!曹叡の側近達による命懸けの戦い
  2. 読者の声(2018年9月22日〜29日) 読者の声バナー(はじめての三国志)
  3. 北条早雲の目には応仁の乱はどのように写っていたのか?
  4. 曹操をザコ扱い!孔融が天子に禰衡を推薦した文章が毒舌すぎる 孔融と曹操
  5. 「月刊はじめての三国志4月号」3月25日(月)に出版決定 はじめての三国志からのお知らせ バナー
  6. 唐周(とうしゅう)とはどんな人?張角の野望を砕いた元信者 唐周(とうしゅう)

三國志雑学

  1. 山頂に陣を敷いた馬謖
  2. 三国志ライター よかミカンさん
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 城 銅雀台

おすすめ記事

豊臣秀吉 戦国時代2 取次制度って何?違った角度から戦国時代を見てみよう! 茶を楽しむ劉備 劉備も茶を求めた?中国茶の種類 桓騎軍のDQN集団がヤバ過ぎる・・・何であんなのが配下に集まるの?その驚くべき理由とは? 【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする? 諸葛恪は父諸葛瑾に期待されていなかった? 西郷隆盛は大家族!幕末ビッグダディを解説 孔子の弟子であり文学が得意な子夏 【孔門十哲】子夏(しか)のどのあたりが文学に長けていたの? 馬岱の二の舞はごめん!やばい上司から身を守る方法

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP