kawauso編集長のぼやきVol.1「情報受け身社会」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

あー、どうもkawauso編集長です。

ここでは、編集長のぼやきと称して

kawausoが普段考えている事を書きます。


ググれカスは死語

 

あれらしいよ、最近ググれカスは死語らしいんだよね。

今となっては若い子は誰もググらないんだって

もう検索する自体がメンドウくさいそうな

んじゃあ、どうやって情報を得ているかと言うと、

ラインに流れてくる情報をそのまま読んでる・・

 

まあ、ライン情報も時のトレンドには違いないし

友達も同じラインで同じ情報を読んでいるから

話題に不自由する事はないそうな。


情報選択どころか流れてきたモノを丸のみ

 

ちょっと前までさ、識者が

「迫りくる情報洪水の社会で

私達はどのように情報を取捨選択するか」

みたいな事を言っていたけど、

何の事はなくて、今の人は取捨選択を放棄して

ラインに流れてきた情報だけを受け取る事にしたわけ

良い悪いじゃなくて、それが主流になった。

情報が爆発的に多様化しても、

そんなの要らなくて、流れてくるものを読む

それがトレンドになってしまったのね。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2  


新しいトレンド開拓が難しい時代

 

この風潮が何を産み出すかというとね。

今の人は既存の情報やトレンドしか欲しがらない

つまり、今ガチで人気あるのはさらに人気が出るけど

知られていないモノには誰も手を出さない。

 

昔はあった、マイナーだったけど、

一部のファンに熱狂的に支持されてメジャーになる

そういう傾向が起きにくくなっている。

資金やプロデュース力に乏しいインディーズには

冬の時代だな。

 

三国志でいうと、すでにメジャー化している

劉備(りゅうび)曹操(そうそう)荀彧(じゅんいく)郭嘉(かくか)陸遜(りくそん)張遼(ちょうりょう)の記事は受けるけど

メジャーではない武将の記事は出しても読んでもらえない。

理由は簡単で

新しく覚えるのがメンドいから

今知っている武将だけ見ていた方が楽だから

 

需要を広く薄く広げるのが難しい時代なんだな。


  

 

kawauso編集長ぼやき 世間の風潮に逆らって・・

 

じゃあ、はじ三もメジャーどころだけ扱えばいいのか?

そうかも知れないけど、つまんないよね。

いつもいつも、趙雲(ちょううん)や張遼ばかりじゃさ

 

天邪鬼(あまのじゃく)なkawausoとしては、

イベント的には玉砕しても、大々的にマイナー武将を紹介したいし

人が知らない武将を知る事で知的好奇心を満足させる

そこにも力を注ぎたいと思う。

 

人が知らない情報にやたら詳しい、

そういうオタクが存在しないと

次の時代を牽引するブームは生まれない

kawausoはそう思っているんどす・・

んじゃ、また来週水曜日にお会いしましょう!

 

【はじさん編集部】編集長kawausoの奮闘日記も絶賛公開中!

はじめての三国志編集長kawauso日記  


 

関連記事

  1. 朝まで三国志2017表情 kawausoさん03 怒
  2. kawausoさん
  3. 君主論18 kawausoさん
  4. 朝まで三国志2017表情 kawausoさん03 怒

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP