はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【はじさん砲】劉備は全然いい人なんかじゃなかった

この記事の所要時間: 338



皇帝になった劉備

 

三国志演義ではいい人でヒーローのイメージが強い劉備玄徳(りゅうびげんとく)

しかし三国志演義で描かれているように正史三国志でもいい人なのか。

疑問に思っている方もいると思います。

なので今回は劉備が正史三国志でも三国志演義のようにいい人だったのか調べてみたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:体裁に騙されるな!陳寿が劉備以外を貶していた件

関連記事:【三国志演義】無能な劉備は知識人の理想の君主?

 

 

劉備は本当にいい人なの!?

劉備

 

三国志演義での劉備は一体どんな人なのでしょう。

三国志演義の劉備は読者にいい人イメージを強く残すように描かれています。

例えば、徐州で曹操(そうそう)に攻め込まれて滅亡寸前に追い詰められた陶謙(とうけん)

彼は群雄へ「曹操がワシをいじめるんじゃ。誰かたすけてくれ~」と救助要請するも無視。

劉備と陶謙

 

しかし劉備は関羽(かんう)張飛(ちょうひ)を連れて群雄から見捨てられた陶謙を助けるため、援軍を率いて登場します。

困っている人を見捨てることができない仁義の人・劉備だからこそできた事だと思いませんか。

 

他にもこんな話があります。

劉備は荊州の劉表(りゅうひょう)の元でお世話になりますが、

河北を統一した曹操が大軍を率いて荊州へやってきます。

劉表は曹操が大軍を率いてやってくると知らされた時点で亡くなり、息子が荊州の主になっていました。

劉表の息子は劉備に相談することなく曹操へ降伏。

劉備は自分に相談もしないで荊州が降伏している事に激怒・・・・しませんでした。

 

なんと劉備は曹操の大軍が迫ってくると新野を捨てて逃亡しますが、

途中で襄陽に寄って劉表のお墓参りをし、今までお世話になったお礼を言いに行ったのです。

劉備は危機的状況になっても受けた恩に対してお礼を言う素晴らしいエピソードを残しています。

 

このように三国志演義の劉備は超いい人として描かれています

では正史三国志の劉備はどのように描かれているのでしょうか。

 

 

奥さんを見捨ててもいい人ですか??

劉備と曹操

 

正史三国志の劉備は何度も奥さんを捨てているとんでもない人です

最初に奥さんを見捨てたのは徐州を呂布(りょふ)に奪われた時です。

この時、劉備は奥さんをあっさりと見捨てています。

 

更に呂布から徐州を追い出されて曹操に庇護してもらった時も、

呂布の元に奥さんをおいて曹操の元へ身を寄せています。

そして劉備は徐州を曹操から奪って独立した後、曹操軍に攻撃を受けて逃亡。

この時劉備は義兄弟の関羽と奥さんを徐州に残して逃亡しています。

 

上記は劉備が奥さんを見捨てた一例で、他にも何回か奥さんを見捨てて逃亡しています。

これを知ってもあなたは劉備がいい人だと思いますか。

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記はじめての西遊記

 

民衆を盾にして逃亡する劉備はいい人ですか??

 

三国志演義の劉備は曹操軍の大軍が迫っている時でも、

劉表への恩義を忘れずにお墓参りをするとんでもなくいい人でした。

 

その後三国志演義の劉備は押し寄せてきた民衆と一緒に、曹操軍から逃亡。

劉備は関羽の船団と合流して夏口へ到着します。

 

しかし正史三国志では劉備の逃亡劇をこのように記しています。

曹操は襄陽を占領後、劉備を追撃するため軽騎兵を進発させ、劉備を追撃させます。

劉備は長坂橋で曹操軍に追いつかれてしまいます。

この時劉備は奥さんや民衆見捨てて(また見捨てているのか・・・・)、

孔明(こうめい)趙雲(ちょううん)張飛らと一緒に逃走。

 

曹操軍は劉備が見捨てた妻子や民衆らを確保。

劉備はその後曹操軍から逃げ切ることに成功し、漢津で関羽率いる船団と合流し、

劉表の息子の軍勢と合流し夏口へ到着するのでした。

関羽

 

劉備がとんでもない人物だということが分かると思います。

劉備は民衆を引き連れて逃亡しているにも関わらず、

民衆を盾にして曹操軍の追撃を鈍らせ、自分はさっさと逃亡しています。

これでも劉備がいい人だと思いますか。

 

結果:劉備はいい人なんかじゃない!!

劉備

 

三国志演義ではいい人に描かれている劉備。

しかし正史三国志では上記で紹介したように劉備がいい人だったようには思えません。

よって劉備は正史三国志ではいい人ではなかったと思います。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田レン

 

劉備は正史三国志では全然いい人ではないことがお分かりいただけたと思います。

しかし当時の中国では群雄たちが日常茶飯事に戦争を行い、領土を広げている状態でした。

 

そのため劉備の行動が批判されるような事ではなく、

自分の身を守るためなら致し方ない行動だったのです。

そのためいい人だけの人物では三国志の世界を生き抜くことができず、

時には非情になる事ができる人こそ英雄に相応しいのかもしれません。

 

正史三国志の作者・陳寿(ちんじゅ)は劉備をこのように評価。陳寿は、

度量が大きく強い意志を持ち、おおらかな心をもって礼儀正しく人に接し

人物を良く見極めて、ふさわしい待遇を与えた

私が思うに高祖・劉邦の面影があり、英雄の器であった

と高評価しています。

 

陳寿は劉備がいい人だったとは評価していません

しかし英雄の器を持った素晴らしい人物だったと評価しており、

こちらの陳寿の評価が劉備にピッタリくるのではないのでしょうか。

 

【参考文献】

ちくま学芸文庫 正史三国志蜀書 井波律子訳など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹操は最初から荀彧を遠ざけていた!?原因は強烈なニオイ

関連記事:【中国人民激白】劉備が鬼畜すぎたから徐庶は離れた

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 陳寿が語る孫権像
  2. 袁紹は董卓のおかげで群雄として名乗りを上げることができた!?
  3. 朱儁(しゅしゅん)とはどんな人?董卓を恐れずに反対意見を述べた人…
  4. 髀肉の嘆(ひにくのたん)って何?劉備が嘆いた言葉とは?
  5. 壮絶、血を吐きまくる三国志武将ランキング
  6. 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?…
  7. 陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の…
  8. 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 易姓革命!?禅譲か?簒奪か?王莽のはかない夢
  2. 【映画関ヶ原を100倍楽しむ】関ヶ原の戦い…実は寧々と淀の争いが原因だった!?
  3. 曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」
  4. 孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察
  5. 荊州の豪族・蔡瑁(さいぼう)はどこに行ってしまったの?正史と三国志演義で紹介!
  6. 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

臥龍は起つ気まんまんだった!?三顧の礼のやらせ劇を詩から読み解くよ 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】 兀突骨(ごつとつこつ)は実在したの?悲しみの巨人に迫る 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具として生きることになった美女 終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ 【祝】はじめての三国志TVチャンネル登録者5000人突破 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第8部 はじさんが劉備を丸裸に!素顔は?身長は?劉備を徹底追及!

おすすめ記事

  1. 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師
  2. 【シミルボン】おのれ曹丕!縁談をぶち壊され大騒動を起こした丁儀
  3. 信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物
  4. 【衝撃の事実】鳥巣襲撃戦後にとった曹操の行動が結構エグかった
  5. 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている○○があったから
  6. 【8月の見どころ】8/23は諸葛亮の命日、五丈原を様々な角度から解説予定
  7. 陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?
  8. キングダムのラスボスは昌平君でも李牧でもなくあの人だ!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP