キングダム
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

はじめての変

陸遜の孫・陸機も犬をかわいがっていた!三国志時代の犬と人との絆




犬

 

ペットは現代中国語で「寵物(chǒng wù)」と綴ります。

直訳すると「かわいがるもの」。

ペットを家族として迎え、愛情を注いでいつくしむ私たちにとってはしっくりくる表現ですね。

 

しかし、「寵物」は比較的最近できた言葉。

ペットがかわいがられるものとしての地位を築いたのは最近のことのようです。

事実、現在最も多くの人に愛されている犬も、

元々は番犬や猟犬として飼われているに過ぎないものでした。

 

では、いったいいつから犬は愛玩動物としての地位を確立したのでしょうか。

そして、番犬や猟犬として飼われていた犬は、愛玩犬ほど愛されていなかったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【意外】古代中国では犬や山猫が鼠を捕っていた?

関連記事:犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは?

陸遜の孫・陸機と愛犬との絆

スキッパーキー

 

人と犬の絆の物語…動物を扱う番組でよく取り扱われる題材ですよね。

犬を飼っている人はその犬の健気さに胸を打たれ、

自分が飼っている犬への愛情を深めることでしょう。

そんな人とペットの絆の物語の先駆けともいえるエピソードが『晋書』にあるのです。

 

三国呉で活躍した武将として名高い陸遜(りくそん)の孫にあたる陸機(りくき)は、

西晋王朝に出仕する際、幼少の頃から可愛がっていた猟犬も都に連れていきました。

 

時が過ぎ、実家と疎遠になっていた陸機は、

「実家に便りを持って行ってくれないか?」と犬に冗談めかして言いました。

すると、犬は尾を振りながらワン!と返事しました。

そこで、陸機が手紙を入れた竹筒をその首に括りつけると、

犬は実家の方向に走り出し、ついに返事を携えて陸機のもとに帰ってきたのです。

 

犬は主人の愛情に応え、伝書鳩ならぬ伝書犬として陸機に尽くしたのですね。

昔の中国にはどんな犬がいたの?

犬

 

さて、昔の中国にはどんな犬がいたのでしょうか。

藤島志麻(ふじしま しま)「中国古代のイヌの品種改良」によれば、

中国に存在した犬の変遷は以下のようになっています。

 

1.新石器~周代:立ち耳、柴犬程度のサイズ。

2.漢代:猟犬・番犬・贄犬と、用途別に品種改良が行われる。

3.南北朝:垂れ耳の犬の埴輪。

4.唐代:絵画に「サルーキに似た大型犬」や「パピヨンに似た小型犬」。

『旧唐書』・『新唐書』に、「拂菻狗(馬をひく犬)」。

玄宗皇帝(げんそうこうてい)時代の武官の墓から長毛犬の埴輪。

5.宋代:庶人の墓に「払菻狗」の埴輪。

6.遼代:宦官や軍人の墓室に犬の壁画。

 

4.唐代に登場した「サルーキに似た大型犬」。

サルーキは人に飼われるようになった最古の犬種と言われています。

アラブの遊牧民は、鷹を狩るときに使う猟犬として飼っていました。

 

『簪花仕女図』に描かれた2匹の「パピヨンに似たイヌ」。

16世紀頃、パピヨンは耳が蝶のように広がっているさまが可愛らしいため、

欧州の貴婦人の間で大人気になった犬種です。

 

しかし、『簪花仕女図』を描いた周昉は中唐(8~9世紀)の人。

もし描かれているのが欧州で人気を博したパピヨンそのものだったら、

唐代の人がヨーロッパの流行を先取りしていたということになり、

それはそれで面白そうですね。

 

両『唐書』に見える「拂菻狗」。

馬をひく犬といえば大型犬のダルメシアンをイメージする人が多いと思いますが、

両『唐書』の記述によれば、体高約19cm、体長約31cmとどう見積もっても小型犬サイズです。

最近は動画サイトで馬の手綱を咥えてリードする小さな犬が話題になっていましたし、

小型犬でもそれくらいのことはできてしまうのかも?

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック  

 

犬と人との絆 まとめ

犬

 

犬は人類の友と呼ばれているように、犬は人と共に進化を重ねてきた生き物です。

しかし、古代より犬は家族としてではなく、

人間の生活や仕事のための道具として飼われていました。

 

中国で、犬が現代のように人を癒す存在として飼われるようになったのは唐代あたりからのようですね。

しかし、言葉としては残されていませんが、たとえ道具として犬を飼っていても、

献身的に尽くしてくれる犬に対し、

陸機のように愛情を深めていった人はたくさんいたのではないでしょうか。

犬と人との関係の根底に流れるものは、実は古代から変わっていないのかもしれません。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

元記事:三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【はじめてのスキッパーキ】スキッパーキって、どんな犬なの?【第1話】

関連記事:【はじめてのスキッパーキ】船乗り犬?それとも牧羊犬?意外に謎の多い犬種だった?【第2話】

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

架空戦記

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 孫子の兵法 曹操 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について
  2. 記録が乏しい孫堅の妻たち
  3. 読書する劉備 何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!
  4. はじめての三国志 画像準備中 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家
  5. 孔明による出師の表 諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?
  6. 亡くなる袁紹 曹操の北伐~袁氏の滅亡~
  7. 亡くなる張飛将軍 もし劉備が夷陵の戦いに勝っていたら歴史はどうなった?
  8. 郭嘉 【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 後継者争いで喧嘩する曹丕と曹植
  2. 魏を破る朱然
  3. 岩崎弥太郎
  4. 五虎大将軍の趙雲
  5. 辮髪(べんぱつ)
  6. 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

おすすめ記事

  1. 【はじめての君主論】第2話:愛されるより恐れられよ!董卓の恐怖政治とマキャヴェリズムの違い
  2. 曹操の詠った漢詩を分析してみよう。いつのことかわかるかな?
  3. 高杉晋作の死因は感染症結核だった!
  4. 【最終話】kawauso編集長のぼやきVol.33「北京でサービスを考える」 はじめての三国志編集長kawauso
  5. ペリーとプチャーチン日本を研究した二人から日本人の弱点を探る 黒船(ミシシッピ号)
  6. 王淩(おうりょう)とはどんな人?魏の忠臣として、司馬家の専横を許さなかった知勇兼備の将

三國志雑学

  1. 曹昂(曹昴)
  2. 高順が呂布に疎んじられた理由
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 皇帝に就任した曹丕
  2. 徳川家を守った篤姫
  3. 酒を飲む曹操、劉備、孫権
  4. 三国志時代の牢獄

おすすめ記事

完顔阿骨打(太祖) 契丹と日本の関係性は?未知の契丹語に挑んだ日本人研究者も紹介 的蘆に乗って逃げる劉備 的盧はヤバい馬なのか?的盧にまつわるエピソードをご紹介 西夏王陵 / wikipedia 西夏王陵とは何?東宝のピラミッドと呼ばれる9つ西夏の王陵を紹介 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀 明智光秀はなぜ織田信長を暗殺したの?江戸時代の歴史家から考察 占いをする卑弥呼(鬼道) 卑弥呼降臨 倭国大乱を制す【完結編】 司馬懿 もしも、曹爽が司馬懿に勝っていたら三国志はどうなった? 土いじりをする劉備 劉備の経歴を調べたら実は貧乏ではない!挙兵までの劉備の姿を暴け! 粗暴な張飛が厳顔の人柄を見極めた作戦とは??

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP