三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

暴君・董卓は実は名将軍としての資質があった!?




 

董卓

 

三国志』に登場する暴君といえば誰を思い浮かべるでしょうか?

おそらく多くの人が思い浮かべるであろうその人こそ、稀代の暴君・董卓(とうたく)

 

両利きの腕で馬上にいながら弓を引き、

敵を射止めることができる董卓は武に長けた豪傑とも言える存在ですが、

将として人の上に立ったときには、黄巾の賊軍に惨敗し、

挙句将を降ろされてしまったというエピソードから、戦のセンスは無かったと伝えられています。

 

たしかに、『三国志』で輝く数多くの将軍たちの中で、

董卓の将軍としての功績はあまり目立たないかもしれません。

天に仇をなした不忠の輩というイメージが強すぎて、

董卓の本当の価値というのは隠れてしまっているのではないでしょうか。

 

実際のところ、董卓の将軍としての成績はいかほどのものだったのか。

董卓の武功をさらってみましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:董卓の墓は存在するの?三国志観光旅行

関連記事:董卓は火葬で放置プレイされてチョー惨めだったってほんと!?

 

 

異民族との戦では百戦錬磨

董卓

 

董卓は黄巾の乱が始まるまでの20年以上もの間、

今の甘粛省辺りにあたる涼州で国境を守っていました。

異民族との戦歴は100戦以上。

一度も国境を侵されることはありませんでした

 

董卓は20万の大軍の指揮を十分にこなしていたということですね。

しかし、この成績は董卓が単に武に優れていたことによるものではありません。

董卓は若い頃、羌族で有力者たちと交流を持っており、

異民族である彼らに対しても礼をもって接していました。

 

それに気をよくした羌族の族長に気に入られ、多くの贈り物を受けたこともあります。

このように、異民族との交流が深かった董卓には、

異民族の考えや動きが手に取るようにわかっていたのでしょう。

 

黄巾賊との戦で大敗を喫した董卓はしばらく戦の場から退いていましたが、

羌族と手を組んだ韓遂(かんすい)が反乱を起こしたために、急遽呼び戻されます。

漢には多くの武将がいたのにもかかわらず、わざわざ董卓を呼び戻したのはなぜか。

異民族に関わる戦いに関しては、董卓を除いて他に対処できる者がいなかったということでしょう

 

 

窮地からの無傷の撤退

董卓

 

再び戦場に返り咲いた董卓。

しかし、羌族の数万の軍勢に包囲され、兵糧攻めにあいます。

食料は日に日に無くなり、全滅の危機に陥る董卓軍。

 

それでも董卓は慌てることはありませんでした。

魚をとるふりをして川をせき止め、敵の目をかいくぐって自軍を撤退させた後に堰を破壊。

鉄砲水が羌族を襲います。

羌族のほとんどが濁流に飲み込まれ、董卓軍を追うことがかないませんでした。

 

水に流される多くの羌族をしり目に、董卓軍は一滴も血を流さずに悠々撤退していきます。

同じように羌族と戦っていた5つの漢軍は敗退し、

無傷だったのは董卓軍だけだったということで、

董卓は斄郷侯に封ぜられ、1,000戸の邑を与えられます。

 

このようなエピソードからは、董卓の智謀の高さ、

漢軍の数ある将の中でも秀でた能力を持っていたことがうかがえますね。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 

狡兎死して走狗烹らるとまではいかないものの…

董卓

 

狡兎死して走狗烹らる。

『史記』越王勾践世家に見えるこの言葉。

すばしこい兎を獲り尽くせば、それを狩った猟犬は用済みになって煮て食われてしまう。

自国の敵がいなくなってしまえば、その敵を打ち滅ぼした功臣はその力を恐れられ、

邪魔者扱いされて殺されてしまうという。

越王(えつおう)に別れを告げた謀臣・范蠡(はんれい)の言葉です。

 

その後、最初は羌族と韓遂軍だけだったのが、

漢陽郡やら馬騰(ばとう)やらを巻き込み、反乱軍はますます肥大化。

董卓は兵法に則ったオーソドックスな作戦を立てて皇甫嵩(こうほすう)に進言しましたが、

結果的に皇甫嵩は董卓の進言を破り、

董卓の作戦と正反対の対処をしたことによって、大勝を収めます。

 

これを絶好のチャンスだと捉えた朝廷は、

董卓を主に皇室関係の雑務を担当する少府という役職につけ、董卓から軍を取り上げようとします

董卓から力をそぎ落として中央に置いておけば、

何かを企んでいてもそれを阻止できると考えたのでしょう。

 

しかし、2度にわたる命令を董卓は無視。

朝廷の考えなどお見通しだったということでしょう。

董卓は辺境にまだ不穏な動きありとし、軍を手放さずに駐留し続けました。

実質的な左遷を申し渡されたことに対し、董卓の漢王朝への不満はますます募っていきました。

 

何度でも立ち上がる、打たれ強い将軍

董卓

 

このように、董卓は無敗を誇る将軍ではありませんが、

異民族との戦に関しては、昔得た杵柄を十分に活かして勝利を収めますし、

たとえ窮地に陥っても、その智謀により飄々と困難から抜け出し、相手にダメージを与えさせません。

 

何度も負けて、将から降ろされたとしても、

董卓にしかできないことがある以上、朝廷は董卓の力に頼らざるを得ません。

 

そして、董卓はその期待に大いに応えてくれます。

この打たれ強さ、特に異民族を制圧する他の将軍には無いオンリーワンの能力は、

名将軍と呼ぶのにふさわしいものだと言えるのではないでしょうか。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

元記事:董卓は実は名将軍であるという根拠

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:まだ漢王朝で消耗してるの?第1話:改革なき破壊者 董卓

関連記事:呂布が董卓を裏切らなかったら後漢王朝はどうなった!?

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき…
  2. 白馬の王子がいっぱい?三国志女さらい列伝
  3. 孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ
  4. cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶
  5. 曹丕 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い
  6. 鮮卑族は敵?味方?くっついたり離れたりする異民族を解説
  7. 諸葛孔明の影に隠れる劉備
  8. 【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 司馬懿

おすすめ記事

  1. 読者の声(2018年10月28日〜11月5日)
  2. 司馬懿は屯田のおかげで曹魏を乗っ取れた?理由に迫る!
  3. 馬援(ばえん)とはどんな人?趙の三大天の一人趙奢を先祖に持ち子孫に馬超
  4. 鄧芝(とうし)ってどんな人?ザ・セルフ釜ゆで 孫権を心服させた名使者
  5. キングダム 515話 ネタバレ予想:司馬尚は、いつ三大天になるの?
  6. 知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹丕

おすすめ記事

【閲覧注意】血煙上がる『三国志』きれいなお花を咲かせた将軍たち またまた発見!劉備の黒歴史、なんと劉禅には生き別れの兄がいた? 足利義満はどんな人?強きを助け弱きを挫くベタな権力者 魯粛と関羽の一騎打ちの行方は? 桂小五郎(木戸孝允)剣豪から革命家、政治家に転身したイケメン志士 古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの? 『三国志』には色々な武器が出てくるけど、やっぱり鉄でできてたの? 晏嬰(あんえい)とはどんな人?孔明の好きな梁父吟を作った春秋戦国時代の名宰

おすすめ記事

  1. 【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって下を帥いん
  2. 孫権の妻たちは意外と知られてない?
  3. 63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと?
  4. 江戸時代の犯罪はどう裁かれた? 今とは違う価値観を紹介
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【10/16〜10/22】
  6. 桃園の誓いがなかったら劉備はどうなっていたの?
  7. 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!
  8. 漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP