はじめての列子
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁紹と今川義元は似たもの同士だったってホント!?

今川義元



今川義元

 

戦国時代に現在の東海地方を領有していた戦国大名・今川義元(いまがわよしもと)

織田信長(おだのぶなが)桶狭間(おけはざま)の戦いで戦い敗北してしまった武将です。

三国志に登場する河北(かほく)の覇者・袁紹(えんしょう)

彼は曹操(そうそう)官渡(かんと)の戦いで決戦を行い敗北し、その後病にかかってなくなってしまいます。

このふたりには多くの共通点があるのをごぞんですか。

今回はふたりの共通点をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:袁紹の攻略方法は!?曹操が使った袁紹の攻略方法を紹介

関連記事:今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る!

 

 

三国志の袁紹と戦国時代の今川義元の類似点とは

袁紹

 

三国志の袁紹と戦国時代の大名・今川義元には多くの類似点があります。

三国志や戦国時代において名門である事はかなり有利でした。

例えば名門であれば多くの人材が名門の元に集まってきますし、

世間的にも高評価されることが多いです。

 

袁紹は名門袁家の出身で四代に渡って三公(後漢王朝の最上位の官位)を輩出した家柄です。

今川義元も元々今川家が将軍家(足利将軍)との分家であり、

名門と言われるにふさわしい家柄の当主です。

 

このように二人には類似点が多く、

今回は上記以外のふたりの似ているところをご紹介してきたいと思います。

 

 

袁紹と今川義元の類似点その1:比較的有利な状況だった

袁紹と曹操

 

袁紹と今川義元の類似点その1は比較的有利な状況だった事です。

三国志の袁紹の本拠地は中国北部で、比較的有利な所を本拠地にしていました。

袁紹は中国北部を本拠地にしていた事がどうして有利なのか。

それは強力な群雄が公孫瓚(こうそんさん)くらいしかいなかったことです。

公孫瓚

 

そして公孫瓚を倒して領土を奪った後、強力な群雄達は全て南にいた為、

戦が絶えず起きていた状況じゃありませんでした。

 

戦争が無いと言う事は、内政や兵士の訓練に時間を多くあてる事ができ、

領民達も戦争で土地を荒らされる事がないので、

三国時代の他の土地と比較すると比較的に有利な状況にいたと言えるでしょう。

また今川義元も東海地方を領有していた事で比較的に有利な状況だったと言えるでしょう。

東海地方には海があり、この海を使って貿易を行い国力を増やす事が出来ました。

武田信玄

 

また近隣の武田・北条と同盟を結んだ後は、

東にしか敵対する大名が居なくなった事で戦争がなくなり、

国力を増強させる時間をたくさん得ることができます。

三国時代や戦国時代に比較的に有利な条件を手に入れていた所は似ている所と言えるでしょう。

  はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

袁紹と今川義元の類似点その2:大兵力を持っていた

 

袁紹と今川義元の類似点その2は大兵力を持っていた事です。

三国志の袁紹は河北を全て自分の領土にした後、曹操軍と官渡で決戦を行います。

正史三国志では官渡決戦の時に袁紹が率いていった軍勢は10万程と言われいます。

この時に10万ですから領土を守る兵力を入れるともっと多くの兵を袁紹が持っていたと思われます。

このように大兵力を持っていた袁紹ですが、今川義元も大兵力を持っていたのでしょうか。

 

今川義元もかなりの大軍を持っていたと思われます。

今川義元は有名な桶狭間の戦いの時に、率いていた兵数は

四万五千と言われております(信長公記から引用)。

 

これだけの大軍をもし本当に今川義元が保有していたとすれば、

かなりの大軍を有していた戦国大名と言えるでしょう。

そして二人の共通点にこの大兵力を有していた事が当てはまると思われます。

 

袁紹と今川義元の類似点その3:天才と戦って敗北

織田信長

 

袁紹と今川義元の類似点その3は天才と戦って敗北です。

袁紹は戦術家として天才の域に入っていた曹操に敗北してしまいます。

また今川義元も独創的な考え方を持ち、ある種の天才と言われていた織田信長に敗北しています。

この点もふたりの共通点であると言えるでしょう。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

袁紹と今川義元は結構似ている所の多い群雄だったように思われます。

更に袁紹は蒼天航路(そうてんこうろ)三國無双(さんごくむそう)で登場しており、

今川義元も戦国無双や戦国BASARA、センゴク等のマンガに登場しています。

今川義元は信長の野望でかなりイケメンのグラフィックで描かれています。

上記の点も二人の共通点として挙げることが出来ると思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた坊主軍師

関連記事:官渡の戦いで袁紹が勝っていたら三国志はどうなっていたの?

 

世界よ、これが黄巾賊だ
黄巾賊

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生
  2. 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第四回:幽州(ゆうしゅう)、…
  3. 陸遜の生い立ちはどんな感じ?知られざる陸遜の前半生に迫る
  4. 【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察
  5. 【母は偉大なり】三国志の英雄を支えた偉大な母たちを紹介!
  6. 城銅雀台 まさかのまさか?いや、当然?漢王朝が2回も滅亡したワケ
  7. 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介
  8. あの曹操が箱入り娘ってどういうこと!?華容道って、なに?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう)
  2. 占いをする卑弥呼(鬼道)
  3. 孫武(ゆるキャラ)
  4. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)

おすすめ記事

  1. 劉伶(りゅうれい)とはどんな人?奇行が目立つ竹林の七賢の一人
  2. 土方歳三の勇気が湧く名言「灰になっても自分を貫け」 新選組の土方歳三
  3. 何で曹操は漢中で劉備に負けたの?
  4. 三国夢幻演義 龍の少年 第8話「運命の攻防」配信日が決定しました
  5. 隗より始めよとはいったい何?最強の自薦方法だけど就職活動には使えない?
  6. 【9月の見どころ】9/20公開予定:【孔門十哲】顔回(がんかい)とはどんな人? 孔子が最も愛した弟子

三國志雑学

  1. 馬超 許褚
  2. 関羽に無視される孫権
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀の劉琦
  2. 山頂に陣を敷いた馬謖
  3. 三条実美
  4. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ
  5. 始皇帝(キングダム)

おすすめ記事

曹操 孔明をチェック 曹操は諸葛亮を自身に仕官するよう勧誘していた! 官渡の戦い 曹操 勝利 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長 【感謝】シミルボンにて総合ランキング1位を「はじめての三国志」が獲得しました! 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王 三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かりやすく解説 胡亥 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの? 【韓信の恩返し】受けた恩はしっかりと恩で返す器の大きい韓信 【西郷どん】実は大久保利通は囲碁が下手だった?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP