キングダム
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

張飛は繊細で優しい人だった?言い伝えから見る張飛像

張飛と劉備




キレる張飛

 

三国志演義(さんごくしえんぎ)の中で、劉備(りゅうび)に対してなめた態度をとった督郵(とくゆう)を鞭打ったり、

劉備が訪ねて来たのにいつまでも昼寝をしている諸葛亮(しょかつりょう)の家に火をつけたりと、

粗暴なふるまいの目立つ張飛(ちょうひ)。ただ乱暴なだけのおっかない人だったのでしょうか。

民間伝承をみると、意外に繊細(せんさい)で優しい人だったのかも? と思えてきます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:張飛はどんな性格をしてたの?豪傑の性格に迫る

関連記事:張飛の武勇って一万人と一緒だったってマジ!?

 

 

美人画の名人

美人画の名人張飛

 

張飛が美人画の名人であったという民間伝承があります。

張飛の生家があったという張飛店では子どもからお年寄りまで知っている話だそうです。

 

涿州博物館のホームページにある「张飞与张飞店」という紹介文によれば、

裕福な家庭に育った張飛は七歳から家庭教師をつけられており、

勉強をして物事が分かるようになると天下の現状に憤るようになり、

俺が天下を伐ち平らげて民を救うんだ! と息巻くようになったため、

このままいくとよくないことになると心配した家庭教師が張飛の情操教育のために

書道と美人画を教えたそうです。

 

張飛の絵は漢代の画家・曹丕興(そうひこう)に並ぶほどだと称されたそうです。

涿州の鼓楼(ころう)(時を告げる太鼓がある建物)の壁画「女媧娘娘補天図(じょかにゃんにゃんほてんず)」と

房樹村の西万仏閣内の壁画は張飛が描いたものであると伝えられているそうです。

 

 

料理の名人

料理人の張飛

 

四川省に張飛牛肉という名物料理があります。

四川張飛牛肉有限公司が販売している張飛牛肉のパッケージに書かれている由来によれば、

張飛が巴西郡(はせいぐん)を守備している時に魏の張郃(ちょうこう)が侵攻してきて、それを張飛は撃退し、

戦勝祝いの宴会の時に張飛は特製の牛肉料理をふるまって将兵をねぎらったそうです。

 

三国志のお話では張飛はもともと肉屋だったことになっていますから、

料理名人のイメージがあって張飛牛肉のエピソードが生まれたのだろうと思います。

北方謙三さんの『三国志』でも、張飛はおいしそうな豚の丸焼きを作っていますよね。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

意外に繊細な人?

劉備を肩車をする張飛

 

美人画の名人で、お料理上手。

三国志演義で描かれているような粗野で無骨で暴れん坊な張飛像とはギャップがあります。

戦いに明け暮れる忙しい日々の中で、時には絵を描いたり料理を作ったりして

気分転換をしているような張飛を思い浮かべてみると、

意外に繊細な人だったのかな、と思えてきます。

 

優しさゆえの暴力

五虎大将軍の張飛

 

繊細な張飛像と粗暴な張飛像とのギャップを考えていくと、

本当はとっても優しい人だったのではないかな、とも思えてきます。

例えば、劉備になめた態度をとった督郵を張飛が鞭打ったという話ですが、

自分の腹立ち紛れでやったのではなく、劉備を守るためにやったと考えることもできます。

 

三国志演義の劉備は自分が居候していた荊州が自分に何の相談もなく曹操に降伏したという

話を聞いた時に、その話を伝えた儒者・宋忠(そうちゅう)を腹立ち紛れに刀で脅かしたことがありますから、

うわべは聖人君子のようでも内には激しさを持っています。

キレる劉備

 

劉備が督郵になめた態度をとられた時、張飛の繊細なセンサーは

“危ねえ! アニキ爆発5秒前だ!”と察知し、

劉備が動く前に自分が手を汚したのではないでしょうか。

やりたくもない暴力。でもアニキにさせるわけにはいかない。ここは俺がやるしかない。

大事な人に手を汚させないために自分が汚れ役を買ってでるという優しさです。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライターよかミカンの独り言

 

三国志演義のお話の中で、単細胞な張飛があれこれ考えず

心のおもむくままに大暴れする、というのはなかなか爽快でいいですが、

一見単純なように見える暴力行為が実は深い洞察と思いやりに基づいたものである

かもしれないという想像もまた一興(いっきょう)ではないでしょうか。

北方謙三さんの三国志では、兵士が実戦で大変な目に遭わないように

訓練で死人がでるくらい厳しいことをする繊細で優しい張飛像が描かれています。

ハードボイルドには優しさ必須ですね!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった?

関連記事:張飛の娘はサラブレッド?夏侯月姫と張飛の恋愛事情

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門はじめての邪馬台国

 

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 三国志時代の牢獄 こんなの嫌!古代中国の牢獄生活が色々キツすぎる…
  2. 陳宮 どうして陳宮は呂布に従えたの?呂布を見捨てなかった天才軍師の生涯…
  3. 本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?…
  4. 【衝撃の事実】死せる孔明、生ける仲達を走らせるは司馬懿の芝居だっ…
  5. 甘寧と凌統 よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統
  6. 官渡の戦い 曹操 勝利 【素朴な疑問】戦争に敗れると将軍には、どんな罰が待っていたの?
  7. 蒼天航路 丁奉は蒼天航路では可愛い女の子?丁奉の仲いい人は化け物は?
  8. まだまだあるよ!諸子百家シリーズ 陰陽家・農家・小説家

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. ボロボロになった馬超
  2. 三顧の礼 ゆるキャラ 孔明
  3. 反董卓軍マニアック(劉備 雷銅 リョカ サマカ 周倉)
  4. 土いじりをする劉備
  5. 上杉謙信
  6. 本多忠勝

おすすめ記事

  1. 【世界版】死者同士の結婚「冥婚」は韓国・台湾・アフリカ・フランスにもあった!?
  2. 董昭(とうしょう)とはどんな人?曹操の覇業を支えた重要人物 董昭
  3. 中岡慎太郎の写真の謎?近藤勇との意外な関係とは?
  4. 司馬懿は恐妻家?それとも愛妻家?司馬懿の奥さんはどんな人?
  5. キングダム588話休載スペシャル「王賁の治療リアルにはどうだった?」 キングダム53巻
  6. 島津久光(しまづ ひさみつ)とはどんな人?西郷隆盛の生涯のライバル?

三國志雑学

  1. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  2. ヤンキー曹操
  3. 夏侯覇
  4. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明
  5. 凌統
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔明による出師の表
  2. 過労死する諸葛孔明
  3. 劉璋(りゅうしょう)
  4. 袁紹モグラ作戦

おすすめ記事

三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚) 公孫瓚の易京城はどんな城? 川口雪蓬(せっぽう)とはどんな人?西郷家の最強居候 曹操と機密保持 曹操の短歌行が後世にまで禅譲のお手本として残ってたってホント? 法正、劉璋、劉備 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている○○があったから 袁紹と曹操 千数百年経っても面白い!?三国時代笑い話 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第38話「井伊を共に去りぬ」の見どころ紹介 徳川家康をボコボコにする武田信玄 【センゴク】三方ヶ原の戦いがきっかけで将軍義昭が挙兵した? 劉禅に忠誠を尽くした武人・張嶷の最後に心が震える

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP