キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

【まさかアッチ?】美女を退けた関羽の劉備愛が凄い



桃園三兄弟

 

我ら、生まれた時は違えども、死する時は同じ!

桃園で義兄弟の盃を交わした劉備(りゅうび)関羽(かんう)張飛(ちょうひ)の3人。

死する時を同じくするという熱い約束を交わした3人ですが、

ある時、離れ離れになってしまう事件が起こります。

 

そろそろ独り立ちをしたいと考えた劉備は、徐州刺史であった車冑(しゃちゅう)を殺害。

曹操(そうそう)に対し反旗を翻します。

曹操が来なければ怖いものなんて何にもないぞ♪

と余裕綽々の劉備でしたが、なんと曹操が直々にお出まし。

 

劉備は命からがらなんとか袁紹の元に落ち延びます。

しかし、関羽は劉備の消息がわからないまま、曹操に捕まってしまったのでした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事: もし関羽が曹操の元に留まり劉備の元に戻らなかったらどうなっていた?

関連記事:関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!前篇

 

 

この男(関羽)…欲しい!

関羽

 

曹操が直々に自分の配下となるように打診するも、「ニ君には仕えず」の姿勢を崩さない関羽。

なんてつれない男なんだ!

でも、このストイックさがまたいい!この男…欲しい!

 

曹操は関羽が欲しい余りとんでもない作戦を思いつくのでした。

 

 

ドキッ☆主君の奥方を寝取っちゃったよ作戦

関羽と曹操

 

実は曹操、関羽の想いを知っていながらその関羽の想い人を自分の側室に迎えるという

意地悪をやってのけた過去があります。

その関羽が思いを寄せていた相手というのは、

捕虜として曹操に捕まっていた呂布(りょふ)の武将・秦宜禄(しんぎろく)の妻。…人妻だったわけです。

 

このことを思い出し、関羽が人妻好きだと踏んだ曹操は、

関羽と一緒に捕虜にした劉備の奥方・糜夫人(びふじん)

関羽に差し出しちゃおう☆と考えるのです。

 

糜夫人と関羽を許都に護送する道中の宿で、

ごっめ~ん♪お部屋1つしか取れなかったから、

糜夫人と関羽の2人で一緒にこの部屋使って~☆

 

などと言い出す曹操サイド。

えぇ!?何でこんな少女漫画みたいなドキドキ展開に!?

いや、実際は人妻と2人きりという

昼ドラも真っ青なドロドロ展開なんだけれど…!

羅漢中と関羽

 

人妻好きの関羽のことだ。たとえ主君の奥方といえども、

男であれば手を出さずにはいられないはず…!

劉備への面目が立たなくなった関羽は、間違いなく自分の元に来てくれるはず…!

 

しかし、関羽はそんな下らない策には乗せられません。

部屋には一歩も入らず、むしろ扉の前に立ってにらみをきかせ

一晩中眠らずに糜夫人を警護していたのでした

 

疲れて眠りたかったであろうに、主君・劉備のためにその奥方をお守りする…。

その姿は劉備に見られていないのに、まるで目の前に劉備がいるかのような振る舞い…。

なんという忠誠心の高さでしょう!

  はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

ドキッ☆10人の美女におひげをなでられて…作戦

後宮

 

無事に許都に到着した関羽。

関羽のために用意された立派な館に通されます。

長旅が終わり、やっと一息ついた関羽に、今度は、曹操から10人もの美女が与えられます。

 

両手両足に花どころではありません。一気にハーレムと化す関羽の館…。

綾絹をまとったセクシーで美しい女たちにおひげをなでられて…。

男ならば誰もが鼻の下をだらしなーく伸ばしてしまうこのシチュエーション。

関羽の理性もついに吹っ飛んでしまうのか…!?

関羽

 

しかし、義の男・関羽はこの曹操の計らいを静かに断ります。

「主君の消息もわからない今、女と戯れる気も起こらないのです。」

主君を想うあまり、欲望さえも失ってしまっただと…!?

 

この言葉を聞いてますます関羽が気に入った曹操は、

関羽を更にもてなしますが、関羽の心はなかなか曹操になびきませんでした

 

それでも恩には報います

顔良を捕まえる関羽

 

これほどの歓待を受けていながら、それを無視し続けるというのはさすがに無礼というもの。

そのことは関羽が一番わきまえていました。

 

関羽は曹操の恩に報いたいと考えるようになります

そんな折に、袁紹(えんしょう)軍との戦いが勃発。

敵将・顔良(がんりょう)に手を焼いている曹操に、関羽は自分を使ってくれと申し入れます。

曹操も大喜びで快諾。

 

早速出陣した関羽は、青龍刀を振り回し、あの顔良を一撃で葬り去ります。

その後も鬼神のような強さで袁紹軍を圧倒。

赤兎馬と関羽

 

その後劉備が生きていることを知った関羽は劉備の元に帰って行ってしまったのでした。

劉備にあって自分に無いものとは何なのか?

曹操はそれをいくら考えてもわからず、とてもくやしがったのだそうです。

 

主君への忠誠を貫いた武神・関羽。

そのストイックさには曹操でなくても惚れ惚れしてしまいますよね。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

元記事:曹操のハニートラップ作戦が義に生きた武人・関羽に通用するのか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:関羽も食べた巨大ビスケット「博望鍋盔」の由来とお家で作れる豚まんレシピ

関連記事:上杉謙信と関羽はどちらが強いの?日中の軍神対決【if三国志】

 

【はじさん編集部】編集長kawausoの奮闘日記も絶賛公開中!

はじめての三国志編集長kawauso日記  

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?
  2. 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる
  3. もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!…
  4. 名馬ズラリ!三国志〜日本史と英雄の偉業を支えた名馬たちを徹底紹介…
  5. 【閲覧注意】血煙上がる『三国志』きれいなお花を咲かせた将軍たち
  6. 三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる
  7. 曹操の詩の世界を体験してみよう
  8. 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志をより深く知る 特集noteバナー(有料)

おすすめ記事

  1. 軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できたの?
  2. 「月刊はじめての三国志2月号」1月25日(金)に出版決定
  3. 【応仁の乱】11年間続いた応仁の乱の幕開け御霊合戦とは
  4. あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王
  5. 徐栄(じょえい)とはどんな人?曹操と孫堅を破った董卓軍の隠れた名将
  6. kawauso編集長のぼやきVol.23「ウォーキングコンビニ」

三國志雑学

  1. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呉の周瑜、孫策、程普

おすすめ記事

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第30話「潰されざる者」の見どころをご紹介 呉の小覇王・孫策 孫策の息子・孫紹が不憫だった!? 隠れキリシタンはどんな人?明治に入っても迫害された人々 怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超人の秘密! 井伊直弼と いいなおとら との関係性と共通性を紹介 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに黄忠を追加しました 策で生き続けた賈詡は最終的にどこまで出世したの? 諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛がった愛息子

おすすめ記事

  1. 河了貂や媧燐もハマった?キングダムの時代の占いはテキトーで過激だった!
  2. 【8月の見どころ】8/30公開予定:関羽千里行が可能だったのはカバだから?
  3. 三国ベースボール攻略3 蜀の謀臣2人が加入、転生もついに成功!
  4. 曹操が洛陽北部尉時代にやった売名行為とは?
  5. 戦国日本は多神教でキリスト教は相容れないは嘘だった?
  6. お由羅騒動とは何?かんたんに分かりやすく解説
  7. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第4部
  8. 【第5回 幻想少女】ついに董卓との決戦!みんな大好き・袁術様も登場だ!!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP