キングダム
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

脾肉の嘆とは?劉備激白!「8年で20キロ太りました」

この記事の所要時間: 256




劉備と呂布と曹操の宴会

大人の付き合いと称する飲み会で毎夜毎夜暴飲暴食を繰り返す社会人の皆さん。

20代までは何もしなくても落ちていく脂肪も、30を過ぎると落ちにくくなり、

40を過ぎると完全に体の一部に…。

 

お風呂の鏡に映るだらしない自分の体を見ながら、

「随分肥えたな…フッ、これが髀肉の嘆(ひにくのたん)ってやつか…」

なーんて格好つけていませんか?

 

その言葉の意味、本当にわかっていますか?

言葉の成り立ちにまつわるお話をちゃんと理解できていないと使いこなせないのが

故事成語の難しさであり、面白さでもあります。

 

今回は「脾肉の嘆」にまつわる

お話を紐解いていきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志で一番の悪酔い君主は誰だ?【酒乱ランキング】

関連記事:【すこやか三国志】やばい!乗馬をやめてデブった董卓と劉備

 

 

袁紹の元から劉表の元へ

劉備に噛まれる曹操

 

劉備(りゅうび)袁術(えんじゅつ)の死後、徐州を拠点にして曹操(そうそう)に対して謀反を起こします。

しかし、怒り狂った曹操の反撃にあい、徐州を追われた劉備袁紹(えんしょう)を頼ります。

 

しばらくは袁紹の元で力をふるい、曹操と一進一退の攻防を繰り広げるものの、

官渡の戦いで袁紹が破れてしまいます。

曹操の刃がこちらに向けられたと悟った劉備は袁紹の元から離れ、

荊州の劉表(りゅうひょう)を頼ったのでした。

 

 

不本意なバカンス

劉備

 

劉表は劉姓を持つ劉備を同族として迎え入れ、劉備を新野に封じます。

しかし、ここには曹操との戦いに慣れている劉備にうまいこと自分を守らせようという

劉表の下心が見え隠れしていました。

 

劉備はそんな劉表の期待以上の働きを見せます。

曹操軍の重臣・夏侯惇(かこうとん)及び于禁(うきん)の軍を博望で撃破したのです。

この戦いに魅せられ、多くの人が劉備の元に集まりました。

劉表

 

しかし、これを見ていた劉表は、劉備に対し猜疑心を抱き始めます。

この劉備という男は人を集め、いずれこの私を追い出し、

荊州を奪い取ろうと企んでいるのでは…?

 

ある時、曹操が烏丸という異民族を討伐するために

許昌を留守にしているという話が伝わってきます。

 

これを聞いた劉備は、劉表に許昌を攻めるよう進言しますが、

劉備の腹に一物があるように思われてならなかった劉表は

これを受け入れませんでした。

 

猜疑心の強い劉表の元にいたからか、

曹操が袁氏一族の掃討に夢中だったからか、劉備はその力をふるうことなく、

長い年月をただいたずらに過ごすことになってしまったのでした。

 

波動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志  

厠で自分の太ももを見てため息

劉備

 

ある日、劉表主催の宴会が開かれます。

これに招かれた劉備は劉表と楽しく盃を交わしますが、

用を足すために一度宴席を立ちます。

 

劉備が厠で用を足しているとき、

ふと自分の太ももに目をやるとそこには醜く肉が垂れさがっていたのでした。

劉備は涙を流しながら宴席に戻ります。

劉表

 

劉備の涙に驚いた劉表がそのわけを尋ねると、劉備は次のように答えたのでした。

 

「私は若いころより馬を乗り回しており、

太ももはよく引き締まっていたものでした。

しかし、今は馬に乗らなくなってしまった上に年老いてしまったため、

太ももには醜く肉が垂れさがっています。

年を無駄に重ねてしまい、その上何も成し遂げられていないので、

そのことが嘆かわしくて、自然と涙があふれてくるのです。」

劉備

 

劉備と同じく黄巾の乱の頃から旗をあげた曹操は、

袁氏を滅ぼすほどの大躍進を遂げている…。

それに比べて自分は、一体何を成し遂げたというのだろう…。

 

このように、いたずらに時間を浪費してしまったことを嘆いた劉備の言葉から

「脾肉の嘆」という故事成語が生まれたのでした。

 

いつまでもメソメソしてはいられない

劉備

 

そうは言ってもいつまでも

女々しくメソメソしながら泣き暮らしている劉備ではありません。

劉備は現状を打破するために賢人を迎えようと考えます。

 

そんな時、客人である徐庶(じょしょ)がある人物の話をします。

この荊州に「梁父吟」を歌って暮らす諸葛亮(しょかつりょう)という男がいます。

彼こそが劉備様の求める賢人に違いありません。

水魚の交わり

 

これを聞いた劉備は早速諸葛亮を訪ねます。

劉備は三顧の礼を以て諸葛亮を迎え、

ようやく曹操と同じステージに這い上がることが叶ったのでした。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

元記事:髀肉の嘆(ひにくのたん)って何?劉備が嘆いた言葉とは?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の時代に傘ってあったの?始皇帝や光武帝、呂蒙も使っていた傘事情

関連記事:三国志武将のダイエットグッズでこんなのがあったら嬉しい

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. これであなたも角栄になれる!?大物になる6の心得
  2. 日本人必見!楠木正成(くすのき・まさしげ)は孔明に並ぶと讃えられ…
  3. 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生
  4. 【5分で分かる】田中角栄とは何者なの?戦後最大の庶民宰相をザック…
  5. 【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ち…
  6. 三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国…
  7. 関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!
  8. 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 常林(じょうりん)とはどんな人?あの司馬仲達が頭を下げて接した政治家
  2. 劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソードがあった!
  3. 小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本の矢
  4. 三国志 Three Kingdomsの諸葛亮がいじわるすぎる!
  5. 韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメーカー韓遂
  6. 全員主役級!三国志を日本で映画化するならキャスティングはこれだ!

三國志雑学

  1. 周瑜と孫策
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

華陀 世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか 秀吉&官兵衛、大助かり、湿地帯の高松城は簡単に水攻めできた? 軍略にも才能を発揮した蒋済(しょうさい)の進言集 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 錦馬超の武勇はどこまで本物なの?正史と演義を比較してみよう 【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント! ええっ!成功事例もあった孔明の女物の衣服を贈る計略 【ネタバレ注意】キングダム538話レビュー「まさか、あのお馴染みキャラが死ぬの?」

おすすめ記事

  1. 【ネオ三国志】第6話:曹操美女にうつつを抜かして大敗北【蒼天航路】
  2. 公孫瓚の息子って残念な最後を迎えてたってマジ?
  3. みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく解説
  4. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3)
  5. 曹操の配下で打線を組んだ場合、どんな球団になる?
  6. 傅嘏(ふか)とはどんな人?時代を謳歌していた三人とは付き合いたくありません!
  7. 【すこやか三国志】やばい!乗馬をやめてデブった董卓と劉備
  8. 曹操に意見を申す!魏の法律の欠点を指摘して新しい運用をアドバイスした改革者・高柔

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP