よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

郭嘉は劉備の命の恩人?地獄で仏のアドバイス

蜀の皇帝に即位した劉備




劉備

 

曹操(そうそう)軍師(ぐんし)として活躍し、三国志好きなら誰でも知っている郭嘉(かくか)

そして諸葛孔明(しょかつこうめい)をアドバイザーとして向かい入れた後、

蜀を建国し三国志の一角を作り上げた劉備(りゅうび)

二人には接点が無いと思う方が多いと思います。

しかしこの二人には意外に接点があったのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:嘘じゃないの!劉備の国を取れ発言は本心だった

関連記事:天才軍師・郭嘉の息子も天才軍師だったの!?

 

 

劉備曹操の元へ逃げてくる

逃げる劉備と曹操

 

劉備陶謙(とうけん)の跡を継いで徐州を治めることになりますが、

袁術(えんじゅつ)と戦っている間に呂布(りょふ)に徐州を奪われてしまいます。

劉備は徐州を呂布に奪われてしまったため、曹操の元へ逃亡。

曹操は劉備がやってくると快く迎え入れ、劉備を歓迎するのでした。

しかし家臣達は劉備を迎え入れることを快く思っていませんでした。

 

 

劉備を殺すべし!!

程昱

 

曹操の軍師になっていた程昱(ていいく)は劉備がやってくると曹操へ

「劉備は人をひきつける能力を持っていると思います。

ですから彼は殿の下に甘んじているような人ではないでしょう。

だからこそいま彼を殺害して後の禍根を絶った方がいいと思います。」と進言。

 

曹操は

「人気のある劉備を殺害して天下の人気を損なうような事をするのはよくないだろう」

と言って取り上げませんでした。

程昱の他にも「劉備殺害するべし」との声が多く上がっていましたが、

曹操は彼らの進言を取り上げませんでした。

 

激動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志  

郭嘉は劉備殺害に反対

郭嘉と曹操

 

郭嘉は曹操から

「みんなが劉備を殺したほうがいいと思うって言うんだけど君はどう思う」と相談されます。

郭嘉は

「今劉備には英雄との評判が立っていますが、

追い詰められて私達の所へ来て居ます。

その劉備を英雄だからと言って殺害すれば、

知将や有能な人材達は猜疑心(さいぎしん)を持って殿を見て、ここから居なくなってしまうでしょう。

殿は有能な人が居なくなったら天下統一を果たすのにいったい誰とするのでしょうか。

一人の英雄を除いたことで天下の信頼を失うことになるのでやめた方がいいでしょう」と

進言します。

 

曹操は笑って「さすが郭嘉。良く分かっている」と()めたそうです。

この曹操と郭嘉のやり取りは「魏書(ぎしょ)」に記載されているお話です。

しかし郭嘉には劉備の処遇についてもう一つエピソードが残っています。

 

劉備殺害するべし

郭嘉

 

曹操は劉備がやって来た時、大事なお客さんとして礼儀を尽くして接待し、

豫州(よしゅう)の牧の位まであげて歓迎します。

 

郭嘉は劉備に過剰接待(かじょうせったい)する曹操へ

「劉備は人並み外れた才能を持ち、人の心をよく掴んでいます。

また彼の部下には関羽(かんう)張飛(ちょうひ)のような一騎当千の武将が付き従っています。

私は劉備をよく観察してきましたが、

彼は絶対に人の下に甘んじているような人物ではありません。

故事に「敵を一日でも野放しにしていれば、数代の禍になると」というではありませんか。

直ぐに劉備を殺害するべきだと思います。」と進言します。

 

しかし曹操は郭嘉の進言を取り上げなかったせいで、

劉備が最大の敵として立ちふさがることになるのです。

こちらの記述は「傅子(ふし)」と呼ばれる書物に記載されています。

「魏書」も「傅子」も劉備の処遇について郭嘉の言葉を紹介しています。

どちらが郭嘉の言葉として的を得ているのでしょうか。

 

どちらも郭嘉らしい見解

郭嘉

 

レンは「魏書」と「傅子」どちらも郭嘉らしいと思います。

「魏書」の郭嘉のアドバイスは劉備を殺害しない事で曹操の評判をあげようとしています。

曹操は郭嘉のアドバイス前に徐州で大虐殺を行っており、曹操の評判はガタ落ちでした。

そのため郭嘉は曹操の評判を少しでも回復させるために

このようなアドバイスをしたのではないかなと思います。

 

しかし「傅子」の郭嘉のアドバイスも郭嘉らしい一面が覗いています。

郭嘉は優れた観察眼を持っており将来を見通す目を持っていたそうです。

そのため郭嘉は劉備を生かしていれば、後に禍になることを予見して、

曹操へ劉備殺害を進言したと考えることができます。

皆さんは劉備の処遇についてどちらの郭嘉の進言が正しいと思いますか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

正史三国志では郭嘉の進言を二つとも取り上げて記載しています。

レンとしては郭嘉の魏書の方が正しいんじゃないかなと考えています。

理由としては曹操は郭嘉を深く信頼しており、彼の進言が劉備殺害に動いているならば、

他の人も劉備殺害に賛成しているので、多分劉備を殺害したのではないかなと思います。

しかし郭嘉が劉備殺害の反対意見を進言した事で、

曹操も劉備殺害を見送ったと考えることが出来るのではないでしょうか。

 

参考文献ちくま学芸文庫 正史三国志魏書等

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【はじさん砲】劉備は全然いい人なんかじゃなかった

関連記事:もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!?

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

架空戦記  

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 公孫瓚の武力の強さは独自の戦闘組織にあった
  2. 呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!
  3. 王昭儀、曹操に愛され曹丕に大事にされた世渡り上手な女性
  4. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  5. コネ男・劉備から学ぶ人脈作り!コネクションの活かし方をコッソリ教…
  6. 賊徒から三国志の英雄に出世した武将がこんなにいる!
  7. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4
  8. 五丈原の戦いは緊張感に乏しい戦だった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた名臣】
  2. 【三国志都市伝説】袁術は曹丕より先に禅譲を考えていた?
  3. 【ざっくり解説】開国と攘夷って一体どういう思想なの?
  4. 【アンゴルモア元寇合戦記】鎌倉時代の文化的特徴とは? 鎌倉時代 服装 男女
  5. 張遼の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行
  6. 【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 亡くなる孫堅

おすすめ記事

【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘ってどんな人? 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法 坂本龍馬 幕末 松平春嶽がいなければ坂本竜馬が歴史に名を残すことはなかった!? 宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を分かりやすく解説! マラソン日本代表として走る中村勘九郎 いだてん 【大河ドラマ いだてん ロケ地 】大河ドラマ『いだてん~東京オリンピック噺~』 孫皓に対して戒めの手紙を書く陸抗(りくこう) 左思(さし)ってどんな人?洛陽の紙価を高騰させたブサメン詩人 【朝まで三国志 2017】諸葛亮参戦のお知らせ 国淵(こくえん)とはどんな人?三国志時代にも名探偵は存在した!魏のシャーロック・ホームズ

おすすめ記事

  1. 【長江三峡】劉備が逃げ込んだ白帝城によかミカンが突撃 城銅雀台
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.7
  3. 44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介
  4. 三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか
  5. 楊貴妃と玄宗が愛を育んだ温泉地華清池によかミカンが行ってみた
  6. 【シミルボン】不老不死の為なら死んでもいい!寿命を縮めた曹操のデタラメ健康
  7. 【有料記事】古代中国で大火事その意外な消火方法とは?
  8. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第5部

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP