ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

周瑜は絶対音感を持つミュージシャンだった!?

周瑜 周郎


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

周瑜

 

孫権(そんけん)の時代に曹操(そうそう)軍の大軍を知力を振り絞って赤壁(せきへき)で打ち破った周瑜(しゅうゆ)

周瑜は知勇兼備の将でありながら周郎(しゅうろう)と言われイケメンとしても知られています。

そして今日はイケメン周瑜だけでなく音楽家・周瑜の部分を紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ!

関連記事:【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学


周瑜は音楽家としても凄かった!?

音楽を楽しむ周瑜

 

周瑜は史実や三國無双では知略に溢れ、

軍指揮にも優れた能力を持った武将として記されています。

しかし周瑜は軍事だけにすごいのではなく

音楽にも造詣(ぞうけい)が深い人だったって知っていましたか。

 

周瑜は若い頃から音楽に精通していたそうです。

そのため彼は音楽を聞きながらどこが間違っているのかを

瞬時に判断することができたそうです。

 

周瑜は平常時でも音楽の間違えに気づいていたそうですが、

宴会の席などでお酒が入っていても瞬時に音の間違えに気づいて注意をしていたそうです。

そのため「曲に誤りあれば周郎が振り向く」ともてはやされていたそうです。

そして瞬時に音の間違えに気づくことができるのは

周瑜が絶対音感を持った人だったからではないでしょうか。


絶対音感とはなんぞ

はじめての三国志代表のおとぼけ

 

みんなが頼りにしているウィキペディアで絶対音感を調べてみました。

ウィキペディアには絶対音感とはある音(純音or楽音)を単独に聴いた時、

その音の高さ(音高)を記憶に基づいて絶対的に認識する能力の事を指すそうです。

 

狭義には音高感と音名との対応付けが強く、ある楽音を聞いたときに即座に

音名・階名表記を使用して表現できる能力である。

このように記されており、周瑜が特別な能力を持っていた事がわかります。

 

また絶対音感を持っている人はある楽器をやっていた人が持っている事が多いそうです。

周瑜の家は後漢王朝の名家でしたから、教養を学ぶためにも

幼い頃から楽器を習わされていた可能性が有り、

その結果、絶対音感をゲットしたのではと考えることができます。

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記はじめての西遊記

 

歴史上の絶対音感保有者

モーツァルト

(画像:モーツァルトWikipedia)

 

周瑜のように絶対音感を持った音楽は歴史上でも多く存在します。

例えば音楽の教科書にも必ず乗っているモーツァルトや

ベートーヴェンは絶対音感を持った作曲家です。

またショパンやリストなども絶対音感を持っていたそうです。

このように歴史上にも多く絶対音感を持った人が多く、

周瑜も作曲家を目指していれば歴史上に名前を残していたかもしれませんね。


孫策に出会わなければ音楽家・周瑜が生まれていたかも

周瑜と孫策が仲がよくて嫉妬する程普

 

もし後漢王朝が平和で周瑜が孫策(そんさく)と出会うことがなければ、

周瑜は中華全土を旅しながら各地で音楽を奏でる音楽家になっていたかもしれません。

蒼天航路(そうてんこうろ)でも周瑜は楽器を売る商売人として許へ潜入しているシーンがあります。

この時周瑜は荀彧(じゅんいく)に楽器を売りつける代わりに情報を教えてくれとねだります。

荀彧は周瑜へ音楽を聴かせるように注文をつけます。

 

すると周瑜は荀彧の前で緊張しながらも見事に音楽を奏でるのでした。

もしかしたら蒼天航路に登場する周瑜のように、中華が平和であれば、

史実の周瑜も音楽で歴史に名前を刻んだかもしれません。


  

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回はいつものレンのように戦いや知略、政治に関わる三国志のお話ではなく

音楽と三国志の有名人周瑜の題材にしてお話してみました。

 

あまりこのような題材は得意ではないですが、三国志と音楽を組み合わせると

面白いんじゃないかと言うことで今回はやってみました。

全然なれないので見にくいし読みにくいとは思いますが

お付き合いしていただければ幸いです。

 

また今回のように戦や知略、政治以外の三国志のお話も今後は描ければ

より三国志を好きになってくれる人が増えると思うので、

今後は違う角度からも三国志を紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?

関連記事:ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる

 

リアリズムと悪の教科書
君主論


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 孫権 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(…
  2. 蜀の劉備 【三顧の礼】諸葛亮の天下三分の計「隆中対」を読む
  3. 三国志ライター よかミカンさん 三国志演義の「卵」登場シーンとピータン豆腐の作り方
  4. 孔明もコペルニクスに似ていた 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係
  5. 十常侍(宦官) 我ら十常侍!でも、なぜか12人います!その理由とは?
  6. 歴史書によく出てくる「尚書」って何?女の尚書もいた!?
  7. 蜀の厳顔 蜀の老将・厳顔の年齢は一体いくつだったの??
  8. 挑発する諸葛亮孔明 諸葛亮と舌戦を交えた人物は誰?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 騎射の術に長けた騎馬兵士
  2. 華雄と呂布
  3. 朱儁(しゅしゅん)の名声を利用しようと近づいてくる董卓
  4. 曹操
  5. 呉懿と孔明
  6. 夏侯覇の妻は誰?
  7. 黒田官兵衛
  8. 孔明
  9. 馬超と羊

おすすめ記事

  1. 土安とはどんな人?兀突骨の右腕としても愛された烏戈国の精鋭 土安(南蛮族)
  2. 織田信長の逸話を紹介、当時としてもかなりロックな人だった? 馬に乗って戦う若き織田信長
  3. 曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇
  4. 【真田丸最終回記念】真田信繁はどのようにして家康本陣へ攻撃を仕掛けたのか? 真田丸
  5. 「陸遜のことが大好き!」な人々がなぜこんなに多いの?最近のイケメン描写の横行を考察 陸遜
  6. 【三國志曹操伝 ONLINE 攻略最終回】三国志演義・曹操伝の第二章攻略ポイント

三國志雑学

  1. 蒯越(カイ越)
  2. 辮髪(べんぱつ)
  3. 皇帝に就任した曹丕


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 何儀(かぎ)
  2. 周倉
  3. 孔明
  4. 馬に乗って戦う若き織田信長
  5. 法正が亡くなり悲しむ劉備
  6. 貂蝉

おすすめ記事

一条美賀子 一条美賀子とはどんな人?徳川慶喜の正室だった病弱な美女を解説 火縄銃を気に入る織田信長 織田信長は南蛮貿易からいろんなものを仕入れていた!? そろばんを叩く関羽 みんな~!数学の時間だよ~!算木を使って問題を解いてみよう 【これだけ読めば大体わかる】山崎賢人主演!キングダム実写化の内容を大胆予想! えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!? 伊庭八郎とはどんな人?幕末の隻腕軍神に迫る キングダム53巻 キングダム591話最新ネタバレ「三大天の盾」レビュー 刎頚の交わりを結んだのに・・・張耳と陳余の数奇な運命

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP