キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

大改名!?中東でも放送されたアニメ『三国志』

この記事の所要時間: 339




関羽とイラク

 

Japan+animation=Japanimation

ジャパニメーションという言葉が作られるほど世界中で愛される日本のアニメ。

 

我らが誇るジブリ作品はもちろん、

私たちが慣れ親しんでいるアニメのほとんどが、

海外の人々にも楽しまれています。

 

実は、我らが愛する横山光輝(よこやまみつてる)三国志』のアニメは、

戒律が厳しいということで有名なイスラム教圏の国々でも

放送されていたようですよ。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:四書五経とはぶっちゃけ何?読んだら何になるの?

関連記事:三国時代のトレンドファッションは?

 

 

『三国志』のアラビア題は『صقور الأرض』!?

صقور الأرض

 

日本では、中国と同じく『三国志』という題で親しまれている『三国志』。

陳寿による正史『三国志』でも小説『三国志演義』でも

『三国志』と十把一絡げにしてしまっていることは否めませんが、

 

なんとなくでも両者の違いがわかっている日本人は

本場中国の『三国志』をそのまま受容して、

本場の中国人と同じようにその内容を理解できていると言えるでしょう。

 

私たち日本人が『三国志』を本場の中国人と同じように理解して楽しめるのは、

私たちの文化の中に中国文化が染みついているから。

漢字をはじめ、礼儀作法から風俗に至るまで、ありとあらゆる面で日本と中国は似ています

 

それだけではなく、私たちは自分たちの文化を理解するために

幼い時から中国文化を比較対照として学びますから、

私たちが『三国志』を読み解く力は、特別なことをしなくても既に身についているものなのです

 

ところが、中東の人々はそういうわけにはいきません。

彼らは上から下、もしくは左から右へ読んでいく漢字など使わず、

右から左に読んでいくアラビア語を操り、

儒教など目もくれずにイスラム教の聖典・コーランを諳んじます。

 

身にまとう衣装も、食べるものも、住む家の作りも全て違うのですから、

イスラム圏の人々が『三国志』を中国人レベルで理解するのは至難の業。

大学で博士号を取るレベルまで猛勉強しないと

『三国志』を一から十まで理解することはできないでしょう。

 

しかも、アニメは子どもが見るもの。

アラビア語すらおぼつかないような子どもでも理解できる内容にリメイクしなければ、

イスラム圏の子どもたちは誰も『三国志』に見向きもしないでしょう。

 

そんなわけで、大人たちは子どもでも楽しめるように

アニメ『三国志』をイスラム風にリメイク。

 

まず、その題を変更。

その名も『صقور الأرض(スークルァルアルディ)』!

邦訳は『大地の鷹』となるようですね。

 

広大な大地を駆け抜ける英雄たちの姿を鷹に投影したのでしょうね。

なかなかハイセンスではありませんか!

 

三国鼎立の様相というものは物語の終盤になるまで正直わかりにくいですし、

いっそ取っ払ってしまったその思い切りの良さも素敵ですね。

 

 

登場人物の名前もイスラミックスタイルに

劉備

 

題名もイスラム風なら、登場人物の名前もイスラム風。

『三国志演義』を下敷きにして描かれた横山光輝『三国志』の主役・劉備(りゅうび)は、

アブドゥル・ラフマーン(عبد الرحمن)という何とも立派なお名前に。

後ウマイヤ朝の3人の王と同じ名前なのだとか!

関羽

 

そして、関羽(かんう)はハムザ(حمزة)、

張飛(ちょうひ)はヘクマット(حكمت)、

諸葛亮(しょかつりょう)はブルハーン(برهان)と、

イスラム圏ではお馴染みの名前に改名。

張飛

 

こうすれば、子どもたちも登場人物の名前をすぐに覚えられ、

アニメの世界にすんなり入っていくことができますよね。

中には、自分と同じ名前を持つ英雄の活躍に胸を熱くしたという子供もいたかもしれません。

 

イスラム風に名前を改変したことは、

イスラム圏での『三国志』人気に大きく貢献したのではないでしょうか。

 

波動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志  

悪役の名前、なんだか雑すぎやしませんか!?

曹操

 

一方、アニメ『三国志』で悪役として描かれる曹操呂布の名前はなんだか酷い…。

曹操(そうそう)はツーツー(تسو تسو)。

呂布(りょふ)はロボ(لوبو)。

呂布

 

イスラム圏にこんな名前はありませんし、

アラビア語にこんな単語はありません。

ただの音訳ともいえる悲しい名前…。

 

悪役と同じ名前で心を痛める子どもがいたら可哀想だということで

悪役の名前はあえてイスラム風に改名しなかったのでしょうね。

 

イスラム圏の子どもたちの愛国心を養った『三国志』

劉備と孫権と曹操の晩酌

 

どんなに名前が変わっても、『三国志』の魅力は変わっていなかったようです

 

イスラム圏の子どもたちは、桃園で義兄弟の契りを結んだ劉備関羽張飛の3人を

それぞれ自分たちの思うイスラムの英雄たちに投影し、劉備の漢王朝復興の大志を

イギリスの3枚舌外交で滅茶苦茶になったイスラム圏の回復を願う大志に昇華していったのです。

 

『三国志』の英雄たちの志は、言葉や信仰の壁を越えて人々の心を養う力を持っているのですね。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

 

元記事:劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国時代に乱立した皇帝…そもそも皇帝ってどんな人?

関連記事:【元祖】那須与一は呂布だった?弓矢の実力も一流の呂布の逸話

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の…
  2. これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら?
  3. 三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介…
  4. 【取り扱い注意!!】はじさんの中の人、kawausoがリアルに登…
  5. 【シミルボン】ドキッ!全員男!三国志の時代にあった男同士のひざま…
  6. よかミカンって、何者?
  7. 鍾会の蜀討伐案と羊祜の呉討伐案の違いってなに?
  8. 始皇帝が求めた不老不死は現代科学ではどれだけ進展したの?権力者が…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔融

おすすめ記事

  1. 漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!
  2. 【キングダム】かわいいと話題の楊端和(ようたんわ)の強さは異常!男を惑わす小悪魔に迫る!
  3. 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【後半】
  4. 知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます!
  5. kawauso編集長のぼやきVol.16「はじ三に小難しい記事が載る理由?」
  6. すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選

三國志雑学

  1. 亡くなる孫堅
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人 三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌 呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!? 【史記】には解説書が3つ三家注って何? 三国志:前半戦のまとめその1(董卓登場まで) 【第4回 幻想少女】凌統が外される!?強力なイケメン武将がレギュラー入り!! 大久保利通の政策は何?維新の十傑の思想に迫る kawauso編集長のぼやきVol.15「怖いもの」

おすすめ記事

  1. 【有名になりたい】小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでを紹介
  2. 【キングダム】趙の悼襄王(とうじょうおう)って本当にヤバイ人なの?
  3. キングダム557話「王翦の計略判明!」ゴールデンウィーク大予想
  4. 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?
  5. 32話:ブチ切れる献帝、曹操暗殺を指示
  6. あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由
  7. 魏延(ぎえん)ってどんな人?裏切り者?それとも忠義の士?
  8. 曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP