キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

大改名!?中東でも放送されたアニメ『三国志』

シリア 関羽




関羽とイラク

 

Japan+animation=Japanimation

ジャパニメーションという言葉が作られるほど世界中で愛される日本のアニメ。

 

我らが誇るジブリ作品はもちろん、

私たちが慣れ親しんでいるアニメのほとんどが、

海外の人々にも楽しまれています。

 

実は、我らが愛する横山光輝(よこやまみつてる)三国志』のアニメは、

戒律が厳しいということで有名なイスラム教圏の国々でも

放送されていたようですよ。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:四書五経とはぶっちゃけ何?読んだら何になるの?

関連記事:三国時代のトレンドファッションは?

 

 

『三国志』のアラビア題は『صقور الأرض』!?

صقور الأرض

 

日本では、中国と同じく『三国志』という題で親しまれている『三国志』。

陳寿による正史『三国志』でも小説『三国志演義』でも

『三国志』と十把一絡げにしてしまっていることは否めませんが、

 

なんとなくでも両者の違いがわかっている日本人は

本場中国の『三国志』をそのまま受容して、

本場の中国人と同じようにその内容を理解できていると言えるでしょう。

 

私たち日本人が『三国志』を本場の中国人と同じように理解して楽しめるのは、

私たちの文化の中に中国文化が染みついているから。

漢字をはじめ、礼儀作法から風俗に至るまで、ありとあらゆる面で日本と中国は似ています

 

それだけではなく、私たちは自分たちの文化を理解するために

幼い時から中国文化を比較対照として学びますから、

私たちが『三国志』を読み解く力は、特別なことをしなくても既に身についているものなのです

 

ところが、中東の人々はそういうわけにはいきません。

彼らは上から下、もしくは左から右へ読んでいく漢字など使わず、

右から左に読んでいくアラビア語を操り、

儒教など目もくれずにイスラム教の聖典・コーランを諳んじます。

 

身にまとう衣装も、食べるものも、住む家の作りも全て違うのですから、

イスラム圏の人々が『三国志』を中国人レベルで理解するのは至難の業。

大学で博士号を取るレベルまで猛勉強しないと

『三国志』を一から十まで理解することはできないでしょう。

 

しかも、アニメは子どもが見るもの。

アラビア語すらおぼつかないような子どもでも理解できる内容にリメイクしなければ、

イスラム圏の子どもたちは誰も『三国志』に見向きもしないでしょう。

 

そんなわけで、大人たちは子どもでも楽しめるように

アニメ『三国志』をイスラム風にリメイク。

 

まず、その題を変更。

その名も『صقور الأرض(スークルァルアルディ)』!

邦訳は『大地の鷹』となるようですね。

 

広大な大地を駆け抜ける英雄たちの姿を鷹に投影したのでしょうね。

なかなかハイセンスではありませんか!

 

三国鼎立の様相というものは物語の終盤になるまで正直わかりにくいですし、

いっそ取っ払ってしまったその思い切りの良さも素敵ですね。

 

 

登場人物の名前もイスラミックスタイルに

劉備

 

題名もイスラム風なら、登場人物の名前もイスラム風。

三国志演義』を下敷きにして描かれた横山光輝『三国志』の主役・劉備(りゅうび)は、

アブドゥル・ラフマーン(عبد الرحمن)という何とも立派なお名前に。

後ウマイヤ朝の3人の王と同じ名前なのだとか!

関羽

 

そして、関羽(かんう)はハムザ(حمزة)、

張飛(ちょうひ)はヘクマット(حكمت)、

諸葛亮(しょかつりょう)はブルハーン(برهان)と、

イスラム圏ではお馴染みの名前に改名。

張飛

 

こうすれば、子どもたちも登場人物の名前をすぐに覚えられ、

アニメの世界にすんなり入っていくことができますよね。

中には、自分と同じ名前を持つ英雄の活躍に胸を熱くしたという子供もいたかもしれません。

 

イスラム風に名前を改変したことは、

イスラム圏での『三国志』人気に大きく貢献したのではないでしょうか。

 

波動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志  

悪役の名前、なんだか雑すぎやしませんか!?

曹操

 

一方、アニメ『三国志』で悪役として描かれる曹操呂布の名前はなんだか酷い…。

曹操(そうそう)はツーツー(تسو تسو)。

呂布(りょふ)はロボ(لوبو)。

呂布

 

イスラム圏にこんな名前はありませんし、

アラビア語にこんな単語はありません。

ただの音訳ともいえる悲しい名前…。

 

悪役と同じ名前で心を痛める子どもがいたら可哀想だということで

悪役の名前はあえてイスラム風に改名しなかったのでしょうね。

 

イスラム圏の子どもたちの愛国心を養った『三国志』

劉備と孫権と曹操の晩酌

 

どんなに名前が変わっても、『三国志』の魅力は変わっていなかったようです

 

イスラム圏の子どもたちは、桃園で義兄弟の契りを結んだ劉備関羽張飛の3人を

それぞれ自分たちの思うイスラムの英雄たちに投影し、劉備漢王朝復興の大志を

イギリスの3枚舌外交で滅茶苦茶になったイスラム圏の回復を願う大志に昇華していったのです。

 

『三国志』の英雄たちの志は、言葉や信仰の壁を越えて人々の心を養う力を持っているのですね。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

 

元記事:劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国時代に乱立した皇帝…そもそも皇帝ってどんな人?

関連記事:【元祖】那須与一は呂布だった?弓矢の実力も一流の呂布の逸話

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 陸遜 五人で国を創るとしたら誰を選ぶ?三国志この五人でしょコーナー
  2. 于禁と兵士 三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る!…
  3. ライバルへの最期の言葉、劉備と曹操のイイ話
  4. 曹操は褒め上手 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない
  5. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる
  6. 【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側
  7. 韓非子を読む劉禅 諸葛亮が劉禅の教科書に選んだ『韓非子』とは?
  8. 何晏 架空戦記って何?いつから存在してどこでIF戦記ブームは過ぎ去った…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 城 銅雀台
  2. 宋銭 お金と紙幣
  3. 呂布を心配する張楊(ちょうよう)
  4. 龐統
  5. 沖縄そばを食べる関羽
  6. 卑弥呼

おすすめ記事

  1. 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてしまった漢 袁尚と対立する袁譚
  2. 張遼の一騎打ちは本当なの?史実の一騎打ちを紹介 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  3. 山内容堂は鯨の如く酒を飲んでいたって知ってた!?
  4. 【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男 劉備
  5. 【ネタバレ注意】キングダム547話「矛の嘆き」ネタバレ&レビュー
  6. 郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の司令官 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍

三國志雑学

  1. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  2. 真田丸
  3. 楽進の矢でが命を落とす成廉
  4. 陸遜
  5. 劉備と孫権
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 黄巾賊を撃破する皇甫嵩
  2. 騎馬兵 騎馬軍団
  3. 曹操は関羽をGET
  4. 大久保利通 幕末

おすすめ記事

【第7回 幻想少女】強敵続出!ろひもと理穂は曹操に会えたのか!? 劉伶(りゅうれい)とはどんな人?奇行が目立つ竹林の七賢の一人 島津斉彬と沖縄(琉球)との対外貿易計画はどんな関係性だったの? 【応仁の乱】 東軍と西軍の大衝突!東岩倉三宝院の戦い ツンデレ曹丕 曹植に死んで欲しくなかった正史から見える曹丕の配慮とは? はじめての三国志 画像準備中 秦の宰相として歴史に名を刻んだ名宰相・范雎(はんしょ)【丞相編】 天下の奇才!?諸葛孔明とはどのような人物だったのか 大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP