コメント機能リリース
姜維特集


はじめての三国志

menu

はじめての変

ハイパーインフレ太師董卓が貨幣経済を破壊した!

ミニチュアで遊ぶ董卓




満寵

 

ハイパーインフレと聞くと、

札束を積み木に見立てて遊ぶ子どもたちの写真が思い出されますね。

 

第一次世界大戦後、ドイツはフランスに多額の慰謝料を吹っ掛けられます。

それを解消しようとした同一政府は苦肉の策として紙幣の増刷を開始。

多額の慰謝料に対応するためにと馬鹿みたいに増刷したそうです。

 

しかし、貨幣経済の恐ろしい所は、その価値が実は一定ではないということ。

大量にばらまかれた紙幣の価値は一気に急落。

 

ドイツでは卵1個が3200億マルクになってしまうなど、

店頭に天文学的数字が並ぶ異常事態が起こります。

 

そんな恐ろしいハイパーインフレ、実は中国でも起こっていたのです…。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:暴君・董卓は実は名将軍としての資質があった!?

関連記事:董卓は火葬で放置プレイされてチョー惨めだったってほんと!?

 

 

古代中国における貨幣経済の歴史

お金

 

貯・財・買・費・貨などなど、

お金に関する漢字には「貝」の字が含まれることが多いですよね

 

それは、昔は貝が貨幣の役割を果たしていたから。

殷も周も貴重な子安貝を貨幣として使っていたのだそうです。

 

時代が下って青銅の鋳造技術が普及しはじめた春秋時代には

貝貨に代わって青銅器が貨幣の役割を果たすようになりました。

 

最初の頃は青銅器としての価値が尊重されていましたが、

持ち運びが不便なことから小型化していき、

ついには器の形をとらず、今の硬貨のイメージに近いものとなっていきます。

 

しかし、三国時代以上に分断されていた中国大陸では、

地域によって違う貨幣が流通することになります。

韓・魏・趙・燕・斉などの国々では鋤の形をした布貨が用いられました。

 

その中でも趙・燕・斉では小刀の形をしていて

柄の部分に紐を通す穴があけられた刀貨が流通。

魏のお金

 

また、韓・魏・趙、加えて秦では私たちが使っている5円玉に似た環銭が流通。

そして、南に陣取る楚では独自の貨幣・蟻鼻銭が使われていたそうです。

 

蟻の頭のような形の貨幣で、貝貨を踏襲したような見た目。

なんと楚では金でできた貨幣もたくさん見つかっているのだそうです。

春秋時代の終わりごろには、人々が金貨や銀貨で高価な買い物をすることもあったようですね。

 

 

中華統一と貨幣統一

始皇帝

 

秦の始皇帝(しこうてい)によって中国大陸の統一が果たされると、

国によってバラバラだったあらゆる物事が統一されていきました。

 

文字や度量衡、そして貨幣。

銀貨は当時秦で用いられていた環銭・半両銭の形に統一されることになります

 

円形で、中央に正方形の穴があけられており、

「半両」の2文字が刻まれているのが半両銭の特徴です。

秦のお金

 

しかしこの半両銭、ちょっと重たいのが玉に瑕。

私たちが使っている硬貨の中で最も重たい500円玉が7gなのに対し、半両銭は8g。

紐に通してジャラジャラと持ち歩くには重たくて重たくて…。

 

前漢になると、呂后(りょこう)がより軽い硬貨を作るよう命を下し、

1gにも満たない楡莢銭(ゆきょうせん)を流通させます。

 

その後、漢王朝の治世では勝手に銭を鋳造することが横行。

それを禁止する法律を定めたり廃したり、かと思えばまた禁止したり、

そんなことはお構いなしで勝手に粗悪な貨幣を作る輩もいたりでカオスな状態が続きます。

 

そこで立ち上がったのが前漢7代皇帝・武帝(ぶてい)でした。

外周と内周に縁取りを加えて半両銭よりも重たくした銅銭・五銖銭(ごしゅせん)を作ったのです。

以降、五銖銭は唐代初頭まで長きにわたり使われることになったのでした

 

登場人物全員が悪!悪人のお祭り騒ぎ!
李傕・郭汜祭り

 

ハイパーインフレを巻き起こした董卓

董卓

 

戦争をするとその費用が嵩み、国は貧乏になります。

それは、董卓(とうたく)が牛耳っていた末期の後漢王朝でも同じでした。

 

董卓の専横に反発した袁紹たちによる反董卓連合軍との度重なる戦で

経済状況が芳しくなかった後漢王朝

 

これに対応するために董卓はとんでもない禁じ手を打ってしまいます。

従来の五銖銭よりも軽い上に小さく、おまけに「五銖」の文字がほとんど見えない…。

そんなお粗末な五銖銭は、「董卓五銖銭」「董卓無文小銭」と呼ばれたそうな。

 

董卓

 

そんな代物が市場で従来の五銖銭と同じように扱われるはずなどなく、物価はうなぎ上り。

「董卓五銖銭」は紐で何百枚、何千枚も束ねて取引されるものになってしまいました。

 

董卓の尻拭いは三国で

劉備と孫権と曹操

 

董卓によって混乱した貨幣経済の尻拭いをさせられたのは、

魏・曹操(そうそう)、蜀・劉備(りゅうび)、呉・孫権(そんけん)の3人でした。

 

魏では曹操が董卓以前の五銖銭に戻そうとしますが、

長きにわたる戦いのせいで経済状況が思わしくなかった魏ではなかなかかないませんでした。

 

蜀では劉巴の提案により、五銖銭100枚分の価値を持つ「直百五銖」が発行されました。

しかし、うまくいったのは最初の内だけだったようです。

 

呉でも蜀と同じような五銖銭500枚分の価値を持つ「大泉五百」などの貨幣が発行されましたが、

民間人にはウケが悪かったようで、わりとすぐに回収され、元の五銖銭に戻されたようです。

くしゃみをする董卓

 

その後も貨幣改革の混乱が数百年続いた中国。

死してなおその害悪をまき散らすとは、本当に董卓はどうしようもない人だったのだな…

と思わざるを得ませんね。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

 

元記事:後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:董卓の墓は存在するの?三国志観光旅行

関連記事:董旻(とうびん)ってどんな人?董卓を補佐した弟の生涯に迫る!

 

■中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説■はじめての水滸伝

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 袁紹と曹操 【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってた…
  2. 歴史上の最強の弓の使い手は誰?太史慈?李広?源為朝?立花宗茂?
  3. 祝二周年記念!はじ三運営陣に色々聴いてみよう!
  4. 劉禅 蜀の二代目皇帝・劉禅とケンシロウの共通点
  5. カエサルの生涯が凄すぎる!古代ローマ版曹操【ドラゴンブレイド番外…
  6. ドジっ子で周辺国を怒らせる平原君(へいげんくん) 平原君(へいげんくん)ってどんな人?欠点多いけど結果オーライ!人…
  7. 三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる…
  8. 【衝撃の事実】董允がいたからこそ蜀は滅亡から逃れた!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 文臣の最高官位に登る鍾繇(しょうよう)
  2. キレる織田信長
  3. はじめての三国志編集長kawauso
  4. 病気がちな孔明
  5. 殷の大様002
  6. キングダム53巻
  7. 朱治

おすすめ記事

  1. 意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?
  2. 【禁断の比較】最強は誰だ?世界の神々ランキングベスト9
  3. 馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家
  4. 後藤象二郎とはどんな人?大政奉還の立役者でもある土佐三伯の1人 後藤象二郎
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【9/11〜9/17】
  6. 曹操は容姿が貧相だったって本当?正史から読み解くよ

三國志雑学

  1. 三国志の計略と孔明
  2. 次第に巨大化していく黒山賊と張燕3


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 関羽を捕縛する馬忠
  2. キングダム45
  3. 豊臣秀吉 戦国時代2
  4. 曹爽と卑弥呼
  5. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  6. 牛輔と董卓

おすすめ記事

霊帝 霊帝が名君だったら三国志はどうなった?本当に無能だったの? キングダムの王騎 これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら? はじめての三国志 画像準備中 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.2 諸葛靚(しょかつせい)とはどんな人?父(諸葛誕)の敵である司馬家を恨み、晋に仕えなかった硬骨漢 キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) 六朝時代と魏晋南北朝時代って同じ?それとも違う? 馬にまたがって戦う明智光秀 明智光秀の魅力がビンビン伝わる!麒麟がくるの主人公の魅力を紹介 趙娥(ちょうが)とはどんな人?復讐者兼暗殺者であった烈女・龐蛾親(ほうがしん) 北条早雲 北条早雲の家臣は無名だけど有能揃いだった

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP