キングダム




はじめての三国志

menu

はじめての変

孫権のお宝探し日本で不老不死の薬を探せ!

この記事の所要時間: 30




扶桑樹

 

中国ではその昔、東の果てには扶桑樹(ふそうじゅ)が生えているという伝説が語り継がれていました。

 

東の果ての仙界にある扶桑樹には太陽が10も住んでおり、

1つ、世を照らすという役目を終えた太陽が帰ってくると、

扶桑樹で力を蓄えていた別の太陽が1つ昇っていく…。

 

太陽に活力を与えるというその不思議な木の存在に

遥か昔の中国の人々は思いを馳せたのだとか。

 

実は、扶桑というのは日本の別称。

東の果てに浮かぶ小さな島国・日本は、伝説上の存在であると思われていたのです。

三国時代に入ってからも、在るんだか無いんだか、存在自体がミステリアスな国だった日本。

 

しかし、なんとあの孫権(そんけん)が日本を狙っていたとかなんとか!

今回は、孫権の日本進出計画について紹介しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:謎の中華料理「日本豆腐」と「孔明点灯豆腐」とは?

関連記事:三国志はなぜ日本で人気なの?中国人も驚く日本国民のヒーロー論に迫る

 

 

日本が『三国志』から華々しく世界デビュー

卑弥呼

 

『三国志』は、魏書・蜀書・呉書の3つから成り、形式上は魏を正統な王朝としています

 

魏書が『三国志』の中で軸の役割を果たしているという点で、

魏書は他の書よりも重要であると言えますが、

実は、私たち日本人にとっても魏書はとても重要なものなのです。

 

なぜか?

それは、我らが日本国が世界デビューを果たした最古の文献だからです!

 

邪馬台国の女王・卑弥呼(ひみこ)が「魏志倭人伝」に載っていたくらいのことは

小学校か中学校で習ったなと誰もがなんとなく覚えているでしょう。

 

この「魏志倭人伝」というのは、『三国志』魏書の東夷伝・倭人条の俗称。

ここには、邪馬台国や卑弥呼のことだけではなく日本列島全体の様子が記されています。

 

邪馬台国周辺の国や邪馬台国と戦争状態にある国のこと。

他にもその風俗や政治制度、国土の様子や農産業、

更には、推測される日本の国土の全長も記されているのでした。

 

 

曹叡も仙界から使者が来たと思った?

曹叡

 

三国時代、日本は弥生時代でしたから、

海を渡ったらタイムスリップしたという錯覚に襲われるほど

文明の差は大きく開いていました。

 

しかし、蛮族でありながらそこまで野蛮でもなさそうな、

東の果ての国の女王という何ともミステリアスな存在から

「天子にお目通りし、献上品を捧げたい」という手紙が

貢ぎ物と共に送られてきたことにまんざらでもなかった曹叡(そうえい)

 

「あなたの住むところから都まではあまりにも遠すぎるから、わざわざ来なくていい。

むしろあなたが使者を遣わして贈り物や奴隷を送ってきたというこの忠孝に大変感動している。」

と返事をし、金印や銅鏡をはじめとするたくさんの返礼品を卑弥呼に送ったのだそうです。

 

蛮族相手にしては随分厚遇ではありませんか?

もしかしたら、

この卑弥呼って奴、扶桑の国の仙女かも!?

なんて思ったのかもしれませんね。

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
袁術祭り

 

実はその前に孫権が日本進出を企んでいた?

孫権

 

卑弥呼が曹叡の元に使者を出す少し前に、実は孫権が日本を探していたのです。

西には蜀、北には魏という強国があった呉は、その力を拡大したいと考えたとき、

東に進むしか道がありませんでした。

 

しかし、呉の東と言っても海。

海を渡って、あるのかないのかわからない陸を探し、

いるのかいないのかわからない人を求めるとは…。

 

衛温(えいおん)諸葛直(しょかつちょく)の2人の将軍に1万の兵を与え、当時夷州、亶州と呼ばれていたらしい、

台湾と日本を探しに行かせたのでした。

 

2人の将軍は夷州にたどり着き、数千人の奴隷を連れ帰ります。

ところが、孫権にとって重要だったのは、

亶州、すなわち日本にたどり着くことの方だったのです。

 

神風が吹いた?日本到達ならず…

三国志の船

 

台湾と思われる夷州にはたどり着くことができ、

奴隷も手に入れることができた衛温・諸葛直でしたが、

その更に東にある日本を見つけることは叶いませんでした。

 

さらに悲しいことには、亶州を探して彷徨っている間に、

孫権から預かった兵のほとんどを失ってしまいます。

 

長江くらいはスイスイだったかもしれませんが、

当時の船では流石に云百kmの航海は難しかったのかもしれません。

 

船に問題が無かったとしても、神風に阻まれてしまったのかもしれません。

神風とはモンスーン、つまり台風ですね。

 

孫権は亶州までたどり着けず、兵のほとんどを無駄死にさせたということで

衛温・諸葛直に死を賜ったのでした。

 

実は不老不死の仙薬が欲しかった?

于吉

 

それにしても、衛温・諸葛直を処刑する必要はあったのでしょうか?

ちゃんと奴隷をゲットしたのに! と思った人も多いはず。

 

なぜ、孫権は2人が亶州を見つけられなかったことにそれほどまで腹を立てたのでしょうか。

孫権は老いが、死が、怖くなっていたのかもしれません

 

曹操(そうそう)劉備(りゅうび)も、かつてのライバルたちには先立たれていた孫権。

自らの命数が気になり始めてもおかしくはないはず。

 

実は、あの秦の始皇帝(しんのしこうてい)も不死の妙薬を求めて亶州に使者を送ったという話が伝わっています。

始皇帝の使者は結局亶州に居ついて帰らなかったそうですが…。

 

日本という仙界の薬に一縷の望みをかけた孫権。

その期待の大きさは想像以上のものだったのでしょうね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:かつて日本で大流行したカリスマコメント付き三国志が存在した!

関連記事:三国志に学ぶ国家絶滅危機:もし日本(国家)がなくなったら、日本人はどうなるの?

 

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. はじめてのプロ野球(三国志風)日本のプロ野球は人材の宝庫?
  2. 【特別企画】kawausoがあなたの夢を叶えます!三国志にタイム…
  3. 後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?
  4. 【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特…
  5. 【マイナー武将列伝】賈詡は有名だけどご主人の張繍って誰?
  6. はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホー…
  7. 陳羣(ちんぐん)って九品官人法以外の実績ってあるの?
  8. 鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【真田丸特集】バツイチ女性が好きだった曹操と家康!
  2. 武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?
  3. 諸葛恪は諸葛亮からあれをパクッていた!?
  4. 曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第38話「井伊を共に去りぬ」の見どころ紹介
  6. 孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志禁断ゾーン・悲しい人類の「殉葬」に関する歴史 曹操が絶望詩人と化した兗州争奪戦を地図で紹介 管輅(かんろ)とはどんな人?全ての占いを極めた天才占い師 成廉(せいれん)とはどんな人?呂布を支えた八健将 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】 世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る

おすすめ記事

  1. 【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し
  2. あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選
  3. 許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー
  4. 江藤新平の功績を知ろう「この国のかたち」
  5. 趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?
  6. 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった理由
  7. 【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後
  8. 大奥には入れ替えがあった?意外に知らない大奥

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP