キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁紹はどんな性格で他の群雄との違いはなんだったの?




袁紹と袁術

 

曹操(そうそう)の友人でありライバルであった袁紹(えんしょう)

袁紹は名門で坊ちゃんだから決断力のない人だと言われていますが、本当にそうなのでしょうか。

今回は袁紹の性格を調べてみましたので紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:袁紹が得意とした坑道戦とは?

関連記事:袁紹と今川義元は似たもの同士だったってホント!?

 

 

本当は優柔不断じゃない袁紹!!

本当は優柔不断じゃない袁紹

 

袁紹はよく決断力に欠ける性格と評価されることが多いのですが、

本当は違うのです。

袁紹は確かに優柔不断の一面を持っていますが、

三国志の英雄たちはそれぞれ優柔不断な性格を覗かせており、

袁紹だけが持っている性格ではありません。

では袁紹の性格は一体どのような性格なのでしょうか。

 

 

袁紹の我慢強い性格だった??

易京城

 

袁紹の性格が決断力の無い性格ではなく、我慢強い性格であることを紹介したいと思います。

そのエピソードは袁紹が公孫瓚(こうそんさん)との最終決戦である易京の戦いの時です。

袁紹は公孫瓚を易京城に追い詰めます。

 

袁紹は公孫瓚がこもる易京城を力で攻め落とすことが出来るにも関わらず、

何年もの年月をかけてじっくりと包囲して、易京城の防御力を減らしていきます。

そして数年後、易京城(えきけいじょう)の防御力を完全に低下させた後、

易京城に総攻撃を行い公孫瓚を滅亡させるのでした。

 

袁紹は公孫瓚との戦いに決着をすぐつけることができるにも関わらず、

ゆっくりと時間をかけたのは

彼の性格が我慢強いからできたのではないでしょうか。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1  

袁紹は優しい性格だった

袁紹は優しい性格だった

 

上記で袁紹の我慢強い性格を紹介しましたが、

袁紹の性格は我慢強いだけでなく優しい性格を持っていたのです。

袁紹は官渡(かんと)の戦いで曹操と一大決戦をする前に、

曹操を討ち滅ぼすことのできるチャンスが巡ってきたことがありました。

 

そのチャンスとは曹操が反乱を起こした劉備(りゅうび)を討伐するため、

自ら軍勢を率いて劉備討伐へ向かった時です。

袁紹の軍師田豊(でんぽう)は曹操自ら軍勢を率いて劉備討伐へ向かった事を知ると袁紹へ

「今こそ曹操を討ち滅ぼす最大のチャンスです。

直ぐに軍勢を率いて曹操へ攻撃をするべきです」とアドバイス。

 

しかし袁紹は「俺の子供が風邪ひいてるからやめよう」と言って

田豊のアドバイスを採用しませんでした。

田豊は袁紹の居ない所で杖を地面に投げつけてブチギレていたそうです。

 

このエピソードはよく袁紹の決断力の無さを浮き彫りにしていると言われていますが、

レンはそうは思いません。

レンは袁紹が父親として子供を心配している優しい性格を持った一面を見せていると思います。

三国志の時代、子供は見捨てられてしまう事がありました。

 

これは民衆だけでなく、三国志の英雄達も子供を見捨てている事があります。

例えば劉備は長阪の戦いの時、自らの命が危うくなっていたため、

自分の息子を省みることなくそのまま見捨てて逃亡することに注力しています。

この劉備の件に比べれば、子供の病を心配して戦を取りやめた袁紹は

かなり優しい性格を持っていたと言えるのではないでしょうか。

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

いかがでしたでしょうか。

今回は袁紹の優柔不断ではない以外な性格を紹介しました。

袁紹はよく優柔不断で決断力の無い英雄だと言われていますが、

ここで紹介した袁紹の性格も彼の性格の一面だと言えると思います。

これは袁紹に限らず、三国志の英雄たちすべてに言えることだと思います。

 

そして三国志の曹操や劉備、孫権(そんけん)と袁紹の違いは

性格の悪い面を自主的に抑えることができたのかどうかなのではないでしょうか。

曹操、劉備、孫権などの優れた英雄達は自分の性格の悪い面を

表に出さないように気をつけていた所があります。

 

しかし袁紹はいい部分の性格よりも、

悪い面の性格が多く表に出てしまったせいで

物事がいい方向に進まなかったのではないのでしょうか。

 

参考文献 正史三国志魏書等

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:袁紹の評価は名君?凡君?徹底紹介

関連記事:袁紹と曹操はホントは親友だった!?二人の関係を紹介

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 韓非子を読む劉禅 劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?
  2. 政(始皇帝) 秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編
  3. 悪い顔をしている諸葛亮孔明 『三国志演義』の諸葛亮像は明代の英雄を模してつくられた!?
  4. 法正と劉備 劉備を唯一なだめられた、法正(ほうせい)ってどんな軍師?
  5. 李典 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第二回 冀州(きしゅう)、兗…
  6. 皇帝には、二つの名前があった!?諡号(しごう)とは何?
  7. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 郭淮が夏侯淵の死後に才能を開花させる!!
  8. 郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言し…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 代筆屋 商売
  2. 呂布を水攻めする曹操
  3. 辮髪(べんぱつ)
  4. 司馬懿が頭を下げても堂々とする常林
  5. 真田丸 武田信玄
  6. 劉備

おすすめ記事

  1. 【第3回 幻想少女】驚愕の事実発覚!三国志フレンドが私にはいなかった!【ネタバレ注意】
  2. 三国志の時代も「人は見た目が100パーセント」だった!?
  3. 島津斉興「せごどん」では教えない真実
  4. 【三国志の原点】董卓を超えた暴虐者・梁冀と宦官の争いが後漢末の群雄割拠の原因だった?
  5. 山岡鉄舟、勝海舟の影に隠れた江戸無血開城功労者の凄い人生
  6. 113話:老将・黄忠死す、次々と天に還る五虎将軍 亡くなる黄忠

三國志雑学

  1. 黄権
  2. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  3. 劉璋(りゅうしょう)
  4. 蜀の劉備
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 陳宮
  2. 胡亥
  3. 三国志大学を目指す曹操

おすすめ記事

謝夫人 孫権の妻 孫権の妃達は地味な上にあまり幸福ではなかったって本当? 【病は気から?】姜維が諸葛亮に延命祈祷を勧めた理由 【君主vs名士】孫権よりも名士の権力が強かったってマジ!? 邪馬台国最後の王ニギハヤヒの野望!カムヤマト(神武天皇)は操られた? 大喬と小喬 三国時代のファッションはどんなのだったの? 曹丕はどうやって後継者争いに勝ち残って魏の初代皇帝になれたの? 呂不韋の成功哲学!自ら立てた計画とは? はじめての三国志ライター kawausoの記事修正のお詫び

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP