キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

郭嘉と陳羣を見習えばいじめが無くなるってホント?

曹操は褒め上手




亡くなる郭嘉

 

曹操(そうそう)軍の中で一番軍略に精通していた郭嘉(かくか)

しかし郭嘉は若くして亡くなってしまいます。

郭嘉の死因は病でした。

曹操は郭嘉が亡くなった時

「哀しいかな奉孝(ほうこう)、痛ましいかな奉孝、惜しいかな奉孝」と嘆き悲しんだそうです。

郭嘉が亡くなる曹操

 

そして曹操曹丕(そうひ)曹叡(そうえい)の三代に忠誠を尽くして、

曹丕の時代には九品官人法を制定した陳羣(ちんぐん)

陳羣もまた曹操から信頼されて、曹丕曹叡の時代には

魏の政権の中枢を担うほど信頼を寄せられた重役です。

 

郭嘉は軍略面で曹操を支え、陳羣は内政面から曹家を支えました。

郭嘉と陳羣はそれぞれ曹操を支えた功臣で、二人を見習えばいじめが無くなるかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:天才軍師・郭嘉の息子も天才軍師だったの!?

関連記事:陳羣(ちんぐん)って九品官人法以外の実績ってあるの?

 

 

荀彧とは仲の良かった二人

荀彧

 

郭嘉と陳羣にはそれぞれ共通点があります。

それは二人とも潁川(えいせん)出身の人です。

郭嘉は荀彧(じゅんいく)から見出されて曹操へ仕える事になり、

陳羣は荀彧にその優秀な能力を見出された事で

次第に曹操の家臣の中でめきめきと頭角を現していくことになります。

二人はそれぞれ曹操に仕え、曹家の為に力を尽くしていきます。

 

郭嘉も陳羣もそれぞれ荀彧と仲が良く、

何かあった時には荀彧へ良く相談していたそうです。

共通点を持っている二人はどうして仲が悪いのでしょうか。

それは二人の態度や行動に違いがありすぎるからでした。

 

 

態度や模範的行動に欠ける郭嘉

態度や模範的行動に欠ける郭嘉

 

郭嘉は天才的な洞察力(どうさつりょく)や軍略を駆使して曹操軍を勝たせる軍師でした。

しかし日常はだらしない態度が目立ち、人の模範的な行動を取ることができない人だったそうです。

また郭嘉はあまり器が大きくなく自分が認めてる人と認めてない人への接し方が極端でした。

郭嘉は上記のような態度や性格だったため、あまり人から好かれていなかったかもしれません。

では陳羣はどうなのでしょうか。

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック  

郭嘉と対照的な人物・陳羣

陳羣

 

陳羣は郭嘉と対照的で自分の好きな人や嫌いな人で人を判断するのではなく、

人の能力を持って判断していたそうです。

また陳羣は名誉を尊び、筋の通っていない事は絶対に人に押し付けなかったそうです。

そのため多くの人が陳羣を信頼し、彼を(した)って人がいっぱい集まってきたそうです。

 

対照的な性格が原因!!

 

対照的な性格の人同士が一緒にいると

自分の持っていない所があって馬が合いすごく仲の良くなるか

もしくは対照的な性格な為、いがみ合うかのどちらかになると思います。

郭嘉と陳羣の仲の悪さはたぶん後者と言えるでしょう。

 

しかし二人は徒党を組んで互いを攻撃するのではなく、サシでやりあっているのです。

郭嘉と陳羣の二人がサシでやりあっているエピソードが残っているので紹介しましょう。

そしてこの二人を見習えばいじめが無くなるかもしれません。

 

この二人を見習えばいじめが消える!!

陳羣

 

陳羣は度々郭嘉の行動や性格を直すように注意していました。

しかし郭嘉は陳羣の忠告をまったく聞かずにそのまま無視していたそうです。

陳羣は郭嘉が自分の忠告を無視していることに激怒し、曹操へ

「郭嘉の性格や人へ模範的ではない行動、態度が目につきます。

彼をクビにしてください」と弾劾。

曹操

 

曹操は郭嘉の天才的な軍略の才能と観察眼を信頼して重宝していたので、

陳羣の言い分を聞き入れるわけには行きませんでした。

そのため曹操は陳羣の話を納得いくまで聞いて、何とかなだめます。

そして曹操は陳羣の弾劾を郭嘉へ伝えず、握りつぶして、いつも通りに彼と接するのでした。

 

だけど二人の仲が改善したわけではないので事あるごとに陳羣が郭嘉へ

「いい加減に態度と性格直せよ」と喧嘩(けんか)を吹っ掛け、

曹操がその度に二人の仲を仲裁していたそうです。

陳羣

 

陳羣は郭嘉の態度が改まっていないので、

会社や学校でいうなら上司(曹操)へ直接文句を言っています。

郭嘉は陳羣の忠告を無視しているので彼を攻撃しませんでした。

また二人はこのエピソードから伺う事ができますが、一切徒党を組んでいません。

 

そして現代の社会問題ともなっているいじめの問題を解決するには、

郭嘉と陳羣のように徒党を組まず、タイマンで言い合いを行い

それでも直さなかったら会社の上司や学校の先生へ

直接言う事が大切なのではないでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

郭嘉も陳羣もお互いだけを攻撃しているので、

二人が取り巻きを集めていない所は二人とも立派な人だなと一人で感心しているレンでした。

職場や学校などで郭嘉と陳羣を見習って互いにサシでやりあえば、

いじめが無くなるような気がするのはレンだけでしょうか。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:郭嘉と法正って似ている所あったの?

関連記事:陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 木牛流馬 諸葛亮が発明した運送器具「木牛」と「流馬」の目的とは?
  2. 土安(南蛮族) 土安とはどんな人?兀突骨の右腕としても愛された烏戈国の精鋭
  3. 曹操女性の敵3 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その3
  4. 後継者を決めた劉表 劉琦を劉表が後継者にしなかったから○○になった!?
  5. うち結婚しないから!自ら両耳と鼻を切り落とした夏侯令女が烈女すぎ…
  6. 三国志武将の顔を飾ったおヒゲには沢山の種類があった
  7. 費禕 費禕は食わせ者?人の相談に乗りながら足をすくう
  8. 曹芳 【三国志 魏の歴史事件簿】一体何が起きたのか!?曹芳の時代に起き…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 篤姫
  2. 狗奴国の王・卑弥弓呼
  3. 韓信vs孔明
  4. 藏覇(臧覇)と劉備と曹操
  5. 呂不韋

おすすめ記事

  1. 魯粛が孫権を煽ったから○○の戦いを決断することができた 魯粛
  2. 曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの? 荀彧と曹操
  3. 【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに? 孔明
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース10記事【11/27〜12/3】
  5. 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説 曹操に憧れる荀彧
  6. 漢帝国樹立に尽くした名軍師・張良は仙人になるために◯◯を取り入れていた!

三國志雑学

  1. 呪われている太史慈
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. ドケチな孔明
  2. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明
  3. 朱桓(しゅかん)
  4. 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)
  5. 魏延からの提案を却下する孔明

おすすめ記事

双流星を振り回している徐盛 徐盛の武器は何だったの?史実と三國無双を比較してみた 賊徒から三国志の英雄に出世した武将がこんなにいる! 【疑問】どうして徐州人は曹操の支配を受け入れたのか? 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王 豊臣秀吉 戦国時代2 豊臣秀吉の小田原征伐はギリギリの勝利だった? 龐徳が曹操から関羽に乗り換えなかった理由は何? 華佗 三国時代のブラックジャック?華佗とはどんな人物? 孫堅時代に陸遜がタイムスリップをしたら孫堅にどんな助言をする?【if三国志】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP