キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

郭嘉と陳羣を見習えばいじめが無くなるってホント?

この記事の所要時間: 311




亡くなる郭嘉

 

曹操(そうそう)軍の中で一番軍略に精通していた郭嘉(かくか)

しかし郭嘉は若くして亡くなってしまいます。

郭嘉の死因は病でした。

曹操は郭嘉が亡くなった時

「哀しいかな奉孝(ほうこう)、痛ましいかな奉孝、惜しいかな奉孝」と嘆き悲しんだそうです。

郭嘉が亡くなる曹操

 

そして曹操曹丕(そうひ)曹叡(そうえい)の三代に忠誠を尽くして、

曹丕の時代には九品官人法を制定した陳羣(ちんぐん)

陳羣もまた曹操から信頼されて、曹丕曹叡の時代には

魏の政権の中枢を担うほど信頼を寄せられた重役です。

 

郭嘉は軍略面で曹操を支え、陳羣は内政面から曹家を支えました。

郭嘉と陳羣はそれぞれ曹操を支えた功臣で、二人を見習えばいじめが無くなるかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:天才軍師・郭嘉の息子も天才軍師だったの!?

関連記事:陳羣(ちんぐん)って九品官人法以外の実績ってあるの?

 

 

荀彧とは仲の良かった二人

荀彧

 

郭嘉と陳羣にはそれぞれ共通点があります。

それは二人とも潁川(えいせん)出身の人です。

郭嘉は荀彧(じゅんいく)から見出されて曹操へ仕える事になり、

陳羣は荀彧にその優秀な能力を見出された事で

次第に曹操の家臣の中でめきめきと頭角を現していくことになります。

二人はそれぞれ曹操に仕え、曹家の為に力を尽くしていきます。

 

郭嘉も陳羣もそれぞれ荀彧と仲が良く、

何かあった時には荀彧へ良く相談していたそうです。

共通点を持っている二人はどうして仲が悪いのでしょうか。

それは二人の態度や行動に違いがありすぎるからでした。

 

 

態度や模範的行動に欠ける郭嘉

態度や模範的行動に欠ける郭嘉

 

郭嘉は天才的な洞察力(どうさつりょく)や軍略を駆使して曹操軍を勝たせる軍師でした。

しかし日常はだらしない態度が目立ち、人の模範的な行動を取ることができない人だったそうです。

また郭嘉はあまり器が大きくなく自分が認めてる人と認めてない人への接し方が極端でした。

郭嘉は上記のような態度や性格だったため、あまり人から好かれていなかったかもしれません。

では陳羣はどうなのでしょうか。

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック  

郭嘉と対照的な人物・陳羣

陳羣

 

陳羣は郭嘉と対照的で自分の好きな人や嫌いな人で人を判断するのではなく、

人の能力を持って判断していたそうです。

また陳羣は名誉を尊び、筋の通っていない事は絶対に人に押し付けなかったそうです。

そのため多くの人が陳羣を信頼し、彼を(した)って人がいっぱい集まってきたそうです。

 

対照的な性格が原因!!

 

対照的な性格の人同士が一緒にいると

自分の持っていない所があって馬が合いすごく仲の良くなるか

もしくは対照的な性格な為、いがみ合うかのどちらかになると思います。

郭嘉と陳羣の仲の悪さはたぶん後者と言えるでしょう。

 

しかし二人は徒党を組んで互いを攻撃するのではなく、サシでやりあっているのです。

郭嘉と陳羣の二人がサシでやりあっているエピソードが残っているので紹介しましょう。

そしてこの二人を見習えばいじめが無くなるかもしれません。

 

この二人を見習えばいじめが消える!!

陳羣

 

陳羣は度々郭嘉の行動や性格を直すように注意していました。

しかし郭嘉は陳羣の忠告をまったく聞かずにそのまま無視していたそうです。

陳羣は郭嘉が自分の忠告を無視していることに激怒し、曹操へ

「郭嘉の性格や人へ模範的ではない行動、態度が目につきます。

彼をクビにしてください」と弾劾。

曹操

 

曹操は郭嘉の天才的な軍略の才能と観察眼を信頼して重宝していたので、

陳羣の言い分を聞き入れるわけには行きませんでした。

そのため曹操は陳羣の話を納得いくまで聞いて、何とかなだめます。

そして曹操は陳羣の弾劾を郭嘉へ伝えず、握りつぶして、いつも通りに彼と接するのでした。

 

だけど二人の仲が改善したわけではないので事あるごとに陳羣が郭嘉へ

「いい加減に態度と性格直せよ」と喧嘩(けんか)を吹っ掛け、

曹操がその度に二人の仲を仲裁していたそうです。

陳羣

 

陳羣は郭嘉の態度が改まっていないので、

会社や学校でいうなら上司(曹操)へ直接文句を言っています。

郭嘉は陳羣の忠告を無視しているので彼を攻撃しませんでした。

また二人はこのエピソードから伺う事ができますが、一切徒党を組んでいません。

 

そして現代の社会問題ともなっているいじめの問題を解決するには、

郭嘉と陳羣のように徒党を組まず、タイマンで言い合いを行い

それでも直さなかったら会社の上司や学校の先生へ

直接言う事が大切なのではないでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

郭嘉も陳羣もお互いだけを攻撃しているので、

二人が取り巻きを集めていない所は二人とも立派な人だなと一人で感心しているレンでした。

職場や学校などで郭嘉と陳羣を見習って互いにサシでやりあえば、

いじめが無くなるような気がするのはレンだけでしょうか。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:郭嘉と法正って似ている所あったの?

関連記事:陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 黄巾賊より多い黒山賊100万を率いた張燕(ちょうえん)
  2. 寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達
  3. そうなの!劉備と孔明は故郷について真逆のスタンスだった
  4. 【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を…
  5. 三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情
  6. 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲
  7. 官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」っ…
  8. 三国志の将軍たちは家族サービスできていたの?三国時代の軍生活

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【元祖】那須与一は呂布だった?弓矢の実力も一流の呂布の逸話
  2. 井伊直虎はおんな城主だったの?それとも男?身長は高かったの?直虎の生涯から迫まる!
  3. ライバルへの最期の言葉、劉備と曹操のイイ話
  4. 正史三国志・蜀書で見る蜀で忠誠度の高い武将ランキングを発表!
  5. 幾島とはどんな人?篤姫の尻を叩いて将軍後継者問題を進めた女スパイ
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

誰が読んでも間違いなく面白い戦国時代小説!夏の読書感想文もこれでバッチリ! 1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活 【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング! 秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの? 古代出雲王国の躍進、元祖「国盗り物語」?荒ぶる神スサノオ 賈詡のせいで董卓死後、中華が戦乱に陥った!? 劉備が宴会していた襄陽(じょうよう)ってこんな街!よかミカンが行ってみた 【有料記事】董卓が洛陽の人々から強奪した金額は何と○○円!

おすすめ記事

  1. 荀況(じゅんきょう)とはどんな人?始皇帝の法治国家の形成や李斯・韓非の先生
  2. 【1年3ヶ月ぶり】宇治一世 氏の朗読作品「耳で聞いて覚える三国志」の再開お知らせ
  3. 【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる?
  4. 四川の名物料理「張飛牛肉(チャンフェイニウロウ)」の謎に迫る
  5. 【ネオ三国志】第5話:兗州騒乱の終結と天子の擁立【蒼天航路】
  6. 軍師・荀攸と曹操の懐刀・荀彧が曹操の公就任に反対していればどうなったの!?
  7. 陸遜の死因は何だったの?孫権のパワハラに耐えきれなかった呉の丞相
  8. 三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP