呂布特集
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

いい部屋ネットが必要?三国志時代の家事情

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)




洛陽

 

衣食住というように、人間らしい生活の基盤を築くのには家が必要です。

その家にしても賃貸か持ち家か、いやいやマンションかで、

何がお得かで結構悩みますよね?

では、三国志の時代の家事情とはどんなものだったのでしょう?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

関連記事:まるでルイージマンション?曹操の自宅は、お化け屋敷だった!!英雄のお屋敷を徹底紹介!

 

 

元々、家を賃貸する発想は無かった

韓信

 

中国においては魏晋(ぎしん)の前には、貸家というものはほぼ見られません。

厳密に言うとあったのでしょうが、それは知人や縁戚を頼るもので

銭を徴収するという発想にならなかったようです。

 

楚漢時代の韓信(かんしん)は、貧乏時代に亭長(ていちょう)(警察を兼ねる最低ランクの吏)の家に

居候(いそうろう)をしていますが、韓信が少しも働かずにブラブラ過ごしているのを

亭長の妻が煙たがるようになり、寝床で自分だけ飯を食って韓信に与えないなど

露骨に待遇差別したので、韓信は憤慨(ふんがい)して亭長の家を飛び出しています。

項羽にキレる韓信

 

もし銭を取っているなら、このような仕打ちはないでしょう。

この頃の人口では、縁戚や知人を頼れば、事足りたのであり

供給は多くても需要は少なく貸家は成り立たなかったと考えられます。

 

 

前漢時代にはどんな変化があったのか?

焼き鳥

 

前漢時代の詩人、司馬相如(しばそうじょ)臨邛県(りんきょうけん)の大富豪、卓王孫(たくおうそん)の娘でバツイチの

卓文君(たくぶんくん)に琴の腕を披露した事が縁で()れられます。

しかし、貧乏人の司馬相如が婚姻を申し込んでも反対されると考えた二人は

その日の内にさっさと駆け落ちしてしまったのです。

案の定、卓王孫は怒り、卓王君には財産を分け与えないと決めて

勘当してしまいます。

司馬相如

 

その後、卓文君は臨邛県の繁華街に酒場を開いて自らホステスになり

司馬相如は上半身裸で召使のように働いてお金を稼ぎました。

この時に酒場を開いたお金は、卓文君の私的な財産だったようで

当時の女性が自分の財産を持っていた事を裏付けています。

 

ただ、酒場を賃貸で借りていた様子はないので、まるごと買ったか

新しく建ててしまったかも知れません。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

三国志時代の家事情

孫策と周瑜を引き合わせる袁術

 

三国志の時代の家事情については、孫堅(そんけん)に引き連れられて故郷を出た

孫策(そんさく)呉夫人が揚州舒県(じょけん)の周家を頼った話が参考になります。

呉志周瑜(しゅうゆ)伝には、周家は道の南の大宅を孫策に提供し、

孫策の母にも堂に登って拝礼し、足りない物資は融通して補ったとあります。

 

堂というのは、建物の形式で周囲を壁で囲まない吹さらしの空間です。

中国の建築様式では中庭の奥にありますから、

大宅の名に恥じない大きな屋敷だという事が分かります。

 

しかし、孫策から金銭を取って賃貸したという記述はありません。

当時、周家も魯粛(ろしゅく)に倉を一つ分けてもらわないといけない程であり

豊かとは言い難い経済状況なので、やはり当時、家を貸して、

お金を取るという発想は無かったのでしょう。

 

社会の安定により人口が増え、首都は手狭になっていく

三国志のモブ

 

借家は魏晋時代に始まると言いましたが、その大きな原因は社会の安定でした。

曹魏王朝は洛陽を帝都とし、それが晋に禅譲されて統一がなると、

洛陽は、さらに大きくなっていきました。

陸雲

 

田舎の呉から、洛陽に登ってきた陸雲(りくうん)が洛陽の壮麗な宮殿に度肝を抜かれて

その晋の礎を造った曹操(そうそう)をリスペクトするようになったのは有名な話ですが

それほどに洛陽は拡張され、人口は増加したのです。

 

ですが、中国の都市は例外なく城壁に四方を囲まれています。

人口が増えたからと言って、ホイホイ城壁を拡張して都市を大きくするのは

費用も労力も甚大ですから、早々出来ません。

かと言って区画整理された都市で、新しい建物を次々と建築するのも

スペースの問題で出来ないわけです。

函谷関

 

そうなると人口は過密になり住居は不足し、家を貸して金を取る

賃家業という商売が生まれる事になります。

唐の時代の長安は100万都市なのですから、その過密ぶりは、

かなりのものになり、長安で持家があるのは元々地元に住んでいる人か

大変な金持ちだけになっていくわけです。

 

たった一日の賃貸から染物屋の隣家のレンタルまで

三国志時代の民家

 

そのような事情なので、最初に家をレンタルし始めたのは貧しい庶民で

そこから士大夫の階級へと拡大していきました。

 

北史に記述がある魏晋南北朝(ぎしんなんぼくちょう)時代の刑劭(けいしょう)という人の記録には、

「借りし部屋は染工と隣す」とあり、彼の家が賃貸だった事と、

その隣が染物業者の家であり、粗末な貸家であった事が窺がえます。

 

同時代の劉ボウという人物は、

「妾をして屋を借り酒を()らしむ」とあり、

やはり家を借りている事が分かります。

 

定住できず貸家を転々とする人々

貸家を転々とする人々

 

唐代の有名な詩人である白楽天(はくらくてん)の弟の白行簡(はくぎょうかん)

8世紀の終わり頃に書いた李姓伝(りせいでん)という小説には、

「昨日一人ありて、この院を借り、いまだ陽を暮れずして去る」とあり

貧しい士大夫は貸家でも定住できず、転々と住処を変えていた事が

分かる内容になっています。

 

北宋の徐積(じょせき)は、「屋を借るは楊子に宅なき為なり、官を休むは、

武昌の魚の為にあらず」と詩に詠んでいます。

魏晋時代以後、都市が発展し人口が増えると、住宅事情はより悪くなり、

持ち家は夢のまた夢で、多くの人々は貸家を借りながら転々と

居住地を変えていったのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

三国志の時代頃までは、都市の人口もさして多くなく

住宅事情は大して悪くなかったようです。

賃貸業と言うビジネスもなく、家もすぐに見つかったようです。

しかし、社会が発展して唐の時代に100万都市が出現すると、

人口の過密がエライ事になり、住宅事情は悪化して、

賃貸家屋が生まれたという事のようですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に奴隷や奴婢はいたの?三国志の暗部に迫る

関連記事:三国志時代の便利すぎる水時計と元祖ブタの貯金箱を紹介!実は知られていない三国時代のイイモノ

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 王平は四龍将 王平(おうへい)ってどんな人?馬稷の山登りを止めようとした蜀の武…
  2. 今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語
  3. 2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側
  4. 【官渡の戦いの裏話】趙儼と李通がいなければかなりやばい状況だった…
  5. 五斗米道の教祖・張魯 張魯が漢中を占拠できたのは母のおかげだった?
  6. 司馬炎の息子は一体何人いたの??
  7. 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図っ…
  8. 典韋にボコボコにされる成廉 典韋は「悪来」って曹操に呼ばれたけど褒め言葉なの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 西園寺公望
  2. 孫権
  3. 鎌倉時代の侍
  4. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  5. 袁術、曹操、袁紹(他人とすぐ比較する癖を直す)

おすすめ記事

  1. 【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略1】ついに超名作ゲームがみんなの手に蘇る!!
  2. 司馬懿討伐をもくろんだ王陵の反乱はなぜ失敗に終わったの?
  3. 三国志時代の大晦日が楽しそう!プレゼント交換、友達と夕食や夜更かし
  4. 耶律阿保機とはどんな人物?実は本名ではない遼の建国者の秘密 耶律阿保機
  5. 【11月の見どころ】「麒麟がくる」特集 はじめての三国志編集長 kawauso
  6. 曹操のハニートラップ作戦が義に生きた武人・関羽に通用するのか? 関羽に惚れる曹操

三國志雑学

  1. 袁術と呂布
  2. 水時計
  3. 魏曹操と魏軍と呉軍
  4. 漢(ハン)HAN amazon引用
  5. 蒟蒻問答 孔明と張飛
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 岳飛(南宋の軍人)
  2. 献帝

おすすめ記事

【9月の見どころ】9/27公開予定:【三国志平話】俺は周瑜派!龐統が劉備に反逆? 毛利家に敗北して浪人となった山中鹿之助の修行 李儒と三国志 【意外】日本人のほうが三国志を原文で読めるって知ってた? 三国志平話 『三国志演義』の原典?『三国志平話』とは? 龐徳は馬超に義理で部下になっていた!? 後宮にいる美女の階級事情 後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪ 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.3【完】 徐庶 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP