キングダム




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志由来!】一歳の誕生日占い抓周とはどんなモノ

この記事の所要時間: 323




kawausoと沖縄

 

皆さん、本日もはじめての三国志へメンソーレータム(鉄板沖縄ギャグ)

さて、編集長kawausoは沖縄県の出身です。

立地条件から日本と同じ位に中国との関係が深い沖縄では、お祝い事にも

中国と共通するものが多くあり、これは沖縄土着だろうと思っていると

ビックリする事が多々あります。

中でも、満一歳のお祝いと占いであるタンカースージは中国由来であるばかりか

その歴史も伝承では、三国志の呉の歴史に繋がるようです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:時空を超える関羽、琉球の民話に登場

関連記事:中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介

 

 

沖縄の将来占いタンカースージを解説

お金

 

タンカースージとは、直訳すると同列のお祝いになります。

タンカーとは、並ぶ、並列するという意味、スージは祝儀(しゅうぎ)(なま)ったものです。

沖縄では、満一歳を迎えた子供をちゃんと人間として完成したと見做し

その成長を祝うと共に儀式を行い、その子が将来にどんな人生を歩むかを

ある儀式をして見定める事をします。

書物

 

それは、床の上に、お金やノート、鉛筆、計算機、お米、等の生活用品を並べ

赤ちゃんが最初に掴んだアイテムから、将来の職業を占うというもので

例えば鉛筆やノートを選ぶと、作家や画家や公務員になり、計算機やお金なら

銀行員や金融業に就き、お米を選ぶと将来、食べる物に不自由しないと解釈されます。

 

基本、どれをとっても良い意味しかないので占いというより縁起(えんぎ)担ぎですが

沖縄では、かなりポピュラーな行事でよく新聞を賑わします。

 

 

文献上最古の抓周は南北朝時代

文献上最古の抓周は南北朝時代

 

タンカースージの原型は中国にあった満一歳のお祝い行事の抓周(チャーチョウ)です。

文書として確認できるのは、中国の南北朝期、6世紀末に北斉(ほくせい)顔之推(がんしすい)が著した

「顔氏家訓」で、一歳の誕生日には、衣服を新調して、沐浴(もくよく)して着飾り

男子の場合には、矢、紙、筆、女子の場合には、小刀、針、糸、物差しを用意し

さらに男女ともに、食べ物や珍しい玩具や高価な貴金属を加えて円形に並べ

好きに選ばせて子供が最初に選んだ物で、賢愚(けんぐ)を占いました。

袁術

 

当時の抓周は沖縄のケースとは違い、玩具や貴金属を選ぶと

貪欲で邪な人間になるとされ両親や祖父母を落胆(らくたん)させたようです。

(わず)か一歳の子供にさせる占いとしては、ちょっとハードですね。

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  

伝説上の抓周には、呉の孫権が絡んでいた

呉の孫権が絡んでいた

 

伝承上の抓周は、さらに400年程起源を遡り三国志の英雄、呉の孫権(そんけん)にたどり着きます。

孫権は当初、皇太子に孫登(そんとう)を立てていましたが、孫登は孫権より先に死にます。

 

悲嘆にくれた孫権ですが、悲しんでばかりもいられず

皇太子の選定に掛りますが若くして君主になった孫権には、

すでに孫もいる状態で、後宮はわちゃわちゃしていました。

それで後継者選定は捗らず、困っていたのです。

景养

 

その頃、西湖の景养(けいよう)という無官の庶民が孫権に目通りを願います。

 

「皇太子を選ぶのは国家の命運を決める重大事で、軽々しくしてはいけません

私に皇太子候補の賢愚を見定める方法がありますのでお任せ下さい」

 

孫権は、景养の言い分は筋が通っていると思い皇太子の選定を任せました。

 

後継者は抓周で孫晧に決定する

銅雀台

 

吉日を選び、景养は宮殿に孫権の幼い皇子たちを呼びます。

そして、様々なアイテムを床に円形に並べてから、

「さあ、皇子様、どれでもお好きな物をお選び下さい」と言いました。

 

孫権の皇子たちは、ハイハイしながら、アイテムに突進しましたが、

多くの皇子は、ピカピカした翡翠(ひすい)や高価な犀角(さいかく)を掴みました。

ところが、ただ一人、孫和(そんか)の子供の孫晧(そんこう)だけは、片手に木簡を掴み、

片手に印鑑を結び付ける色付きの紐を選んだのです。

孫権

 

孫権「おお、木簡を手に国務を真面目にこなし印鑑を帯びるとは

翡翠や犀角を選んだ卑しい皇子達に比べて、なんと謙虚で聡明であろうか」

 

孫権は孫晧の聡明さを喜び、その父である孫和を後継者に選びました。

しかし、たかだか占いで後継者を選ばれてたまるかと他の皇子達の

取り巻きが猛反発して孫覇を擁立、それが二宮の変に繋がり呆れた孫権は、

孫和を廃嫡、孫覇(そんは)は殺害し僅か7歳の孫亮(そんりょう)を後継者に決めたのです。

 

因果は巡り、孫晧が皇帝になる

孫晧が皇帝になる

 

孫亮は7歳で即位して7年在位してから、政変で退位し孫休(そんきゅう)が擁立されました。

その孫休も在位6年で、幼い息子を残し崩御(ほうぎょ)してしまいます。

 

群臣たちは幼帝では、また外戚が専横を奮うと恐れて、

孫権の血縁の中では、最年長で成人していた孫晧を皇帝に選びます。

 

孫晧が即位した頃、老臣が20年前の景养の後継者選定方法を思い出します。

 

老臣「ああ、奇なるかな・・紆余曲折(うよきょくせつ)はあったが、

景养の占いは見事に的中した事になった」

 

この老臣の呟きが話題になり、江南地方では抓周が子供の将来を

決める重要な行事として普及したそうです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

歴史では、孫晧が生まれた時、父である孫和はすでに後継者であり

孫権は孫の誕生を喜び、自ら彭祖(ほうそ)という名を与えています。

これを見ると抓周に関係なく孫権は当初から孫和に帝位を譲り、

次の皇帝を孫晧と見定めていたのでしょう。

 

その後の二宮の変で孫和が廃され、孫晧も一時は死の危険がありながら

孫休の時代に見いだされ、やがて帝位に就いた数奇な運命から

実は、孫晧が帝位に就くのは抓周で予言されていたのだという

物語が創作されたと考えられます。

 

景养という人も史書には記録がなく、「养」は養う面倒を見るという意なので、

孫晧を皇帝に見出す面倒を見た人として創作された臭いです。

しかし、同時にそれは、当時抓周という習慣が無ければ成立しない話であり

やはり三国志の時代から、江南には抓周はあったのだと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?

関連記事:管輅(かんろ)とはどんな人?全ての占いを極めた天才占い師

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!…
  2. またまた発見!劉備の黒歴史、なんと劉禅には生き別れの兄がいた?
  3. 霍峻(かくしゅん)とはどんな人?劉備の益州乗っ取りの明暗を分けた…
  4. 孔明の死後から三国志の統一までをザックリ紹介
  5. 合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?
  6. 三国志の将軍たちは家族サービスできていたの?三国時代の軍生活
  7. 曹操の文学サロンが武に代わるソフトパワーを生み出した
  8. よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権
  2. はじめての三国志企画 – エイプリルフール特集
  3. 楊修(ようしゅう)とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/11〜7/17】
  5. レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!
  6. 占領する城を増やし領土を広げる国盗りボードゲーム『三国志ダイス』の事前登録を8月22日からスタート

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い 鼎(かなえ)って何?玉璽の前の権力のシンボルを紹介!! 【角栄ブームを斬る】田中角栄の裏の顔!原発利権で国土を汚したダーティーな男 英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析 王騎の矛はどういう武器なの?矛と槍との違いも徹底解説! 封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【9/11〜9/17】 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加していた!

おすすめ記事

  1. 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生
  2. 【祝】はじめての三国志TVチャンネル登録者5000人突破
  3. 井上馨の汚職事件から考える日本の政治とカネ!
  4. 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【前半】
  5. 白起(はくき)ってどんな人?キングダムでお馴染みの六大将軍
  6. 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は?
  7. 勝海舟と日本海軍、近代日本を切り開いた驚異のプロジェクト
  8. 三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP