広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

管輅(かんろ)とはどんな人?全ての占いを極めた天才占い師

この記事の所要時間: 452




photo credit: Sunset via photopin (license)

photo credit: Sunset via photopin (license)

 

三国志の時代の占いには風占いや夢占いなどの占いに精通した人物が多数いました。

今回紹介する魏の管輅(かんろ)は風占い・天文占い・人相見などほとんどの占いを極めますが、

カメの甲羅を焼いてその亀裂で占う方法と筮竹を用いる二つの方法を組み合わせた卜噬を得意とします。

彼は占いの天才でありますが、学問にも非常に優れた人物です



星座大好きな幼少期

 

管輅は幼い時から好奇心旺盛な人でした。

彼が8歳の時、夜空を仰ぎ両親や知り合いの人に星の名を聞き、一晩中起きていました。

両親は彼がずっと星座を見ている事を心配し「公明(管輅のあざな)よる星を見てはだめだよ」と注意します。

彼は両親から注意を受けるも「ぼく夜空に浮かぶ星を見るのが好きだからいいでしょう。」と反論。

管輅はその後も夜空を毎晩眺めます。



数年で師を超える

photo credit: M42 Orion via photopin (license)

photo credit: M42 Orion via photopin (license)

 

管輅は父が徐州の瑯邪(ろうや)国の県長になったため、父の任地に付いていきます。

管輅は「天文占い」の達人である郭恩が瑯邪にいたので、彼について学ぶことを決めます。

師について数十日後、天文占いを完璧にマスター。

物事を占わせれば外れる事無く当てていきます。

一年後には天文占いを極め、師であった郭恩が天文について管輅にあれこれと聞くようになります。

 

人相見の占いで足の悪い原因を言い当てる

 

郭恩は以前から足の調子が悪く悩んでいました。

そこで弟子である管輅に足が悪い原因を占って欲しいと依頼します。

彼は師の依頼を快く受け、人相見の占いを開始。

占いの結果郭恩の足が悪い原因が判明します。

その原因は彼らが以前飢饉にあった時、食料を奪うため

父の兄弟の奥さんを井戸に放り込んで、殺害した事が原因だと分かりました。

郭恩は管輅の占いを聞きき、涙を流しながら「その通りだ」と頷きます。

郭恩は井戸の底に眠っている父の兄弟の奥さんを丁重に弔ったそうです。

 

鍾毓(しょういく)と「易」について語り合う

 

管輅はその後魏に仕えます。

鍾会(しょうかい)の兄貴である鍾毓(しょういく)と仲が良く色々な事を語り、遊びに行ったりしておりました。

管輅はある日鍾毓と「易」について語り合います。

「易」とは古代中国から存在する陰陽を用いた占い方法です。

このやり方について二人で論じ合いますが、話は平行線のままでした。

 

誕生日を「易」で見事に当てる

photo credit: Poppy & Sun via photopin (license)

photo credit: Poppy & Sun via photopin (license)

 

管輅は自らの論が正しい事を証明するため

鍾毓に「易を用いてあなたの生死を占いましょう」といいます。

鍾毓は試しに「では私の誕生日をあててくれないか」と笑いながら問います。

管輅は見事に鍾毓の誕生日を一日の狂いなくぴたりと言い当てます。

鍾毓は誕生日を当てた管輅にビックリして

「あなたは恐ろしい人だ。だけど私が死ぬ日は聞かないでおくよ」

と言い死ぬ日は聞きませんでした。

 

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だ…
  2. 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】
  3. 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!?
  4. なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!?…
  5. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1
  6. 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ…
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【6/12〜6/1…
  8. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【前半】
  2. 三国志ロワイヤル-みんなのサンロワ-とはどんなアプリゲーム?
  3. 石川克世って、何者?
  4. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後漢にやってきたローマ使節
  5. 後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?
  6. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【反逆編】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌 三国志水軍最強の将・決定戦!あの色男が一位でしょ!? 真紅の衝撃!山県、馬場、内藤、武田騎馬軍団、長篠に散る 【意外】古代中国では犬や山猫が鼠を捕っていた? 武田勝頼の自信を信長・家康連合軍に打ち砕かれた長篠の戦い 鍾毓(しょういく)の進言が的確すぎる!曹叡や曹爽に撤退の進言をした魏の臣 どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの? 横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?

おすすめ記事

  1. 【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの?
  2. 許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー
  3. もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】
  4. 楽毅の猛攻に神対応!籠城の天才、斉の田単(でんたん)
  5. 廉頗(れんぱ)とはどんな人?悲劇のレジェンド元趙三大天[キングダム ネタバレ注意]
  6. 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操
  7. ニッチローも真っ青!三国志の英傑はモノマネ大好きだった!
  8. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP