ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての変

実はガラクタ疑惑も諸葛亮が発明した木牛流馬とは?

木牛流馬


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

木牛

 

戦争において輸送は重要問題です。輸送において、特に食糧は必要不可欠です。

三国志では、諸葛孔明(しょかつこうめい)は食糧不足と輸送問題で何回も戦いに敗れたことがありました。

食糧の輸送問題に悩んでいた諸葛孔明はどのようにして解決を試みたのでしょうか。

今回は輸送問題の解決手段とその成果について取り上げます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【発見】諸葛亮の軍略の後継者は姜維だけではなかった!

関連記事:水攻め、地雷?三国志の中で最強の計略ランキングを三國志ライター黒田レンが発表するよ


いつもいいとこまでいくのに・・

司馬懿と孔明

 

諸葛孔明劉備(りゅうび)の死後、南蛮征伐(なんばんせいばつ)を行うことで後方の敵を無くそうとします。

同時に魏と戦うために自国の国力を増強し始めます。国力の増強が順調に進むと、

孔明は何度も魏を攻めますが、その度に退却を繰り返していました。

孔明は退却せざる得ない原因を考えました。退却の原因として兵糧を輸送する方法に

問題があると結論づけました。兵糧の輸送問題を解決するために考察しました。


輸送力アップを考えた切っ掛け

兵糧を木牛で運ぶ蜀兵士

 

第二次北伐戦では郝昭(かくしょう)は数千の兵で陳倉城(ちんそうじょう)を防衛していました。

孔明は陳倉城に籠城している兵の数が少ないこと判断して総攻撃を仕掛けましたが、

この籠城戦に負けました。

孔明は城攻めに失敗しました。失敗した要因として食糧不足を挙げました。

孔明は、食糧を輸送する際、どのようにしてより多くの食糧を輸送できるのか考えました。

輸送力アップのために、孔明は輸送する手段として木牛・流馬を発明することを考えました。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

発明!木牛流馬

書物

 

諸葛孔明は食糧を効率よく輸送するために木牛(もくぎゅう)流馬(りゅうば)を発明しましたが、

木牛・流馬とはどのようなものでしょうか。

史実によれば、木牛とは長柄をつけた四輪の車、流馬とは一輪車とそれぞれ書かれています。

どのようにして使われたのか気になると思いますが、詳細な記録は残されていません。

木牛と流馬はともに部品であることから、これらの部品を組み合わせることで使用したと考えられます。

組み立てると、牛馬のような機械式の手押し車かリアカーのようなものと考えられます。


実は木牛流馬はポンコツ?

孔明

 

木牛・流馬で輸送効率は改善したのでしょうか。

初めて木牛・流馬が使用されたのは第四次北伐戦の祁山(ぎざん)の戦いです。

この戦いで孔明は勝利しましたが、食糧不足により退却せざるを得ない状態になったことから

輸送力の改善につながったとは言えません。

 

第五次北伐戦である五丈原の戦いでは木牛・流馬を使いませんでした。

代わりに、孔明は兵士に五丈原で屯田をするように命令しました。

屯田とは平時の時に農業に専念させ、有事のときに

軍隊に従事させることを言います。


  

 

使用されなくなった木牛流馬

 兵士

 

今回は諸葛孔明が開発した木牛・流馬について取り上げました。

史料からパーツを組み立てて使うという記録が残されているだけです。

イラストなど詳細なものはありませんが、リアカーのようなものが考えられます。

 

当時、木牛・流馬は画期的で、初めて祁山の戦いで使われました。

実際に、この戦いでほとんど使われることなく孔明側の勝利に終わりました。

五丈原の戦いでは一切使われませんでした。諸葛孔明はこの戦いで病死しましたが、

三国志で木牛・流馬は使われることなく姿を消しました。

その原因として、輸送日数がかかることが挙げられます。

 

五丈原の戦いを例に考えます。木牛・流馬は一日8kmしか進めないため、

片道200kmある五丈原まで25日かかります。輸送に片道25日かかるならば、

敵地で兵に屯田をさせたほうが効率的だと考えたのかもしれません。

 

最後に、木牛・流馬は、孔明の死後戦いの輸送手段で使われませんでした。

戦争で使われなくなった木牛・流馬はどのようにして使われたのか気になります。

農民が木牛・流馬を(すき)として使っていれば、孔明は発明家と言えるのかもしれません。

 

kawa註

本文では木牛流馬は五丈原の戦いでは用いられなかったと書かれていますが

正史三国志では、234年の五丈原の戦いでは流馬を使用して食糧を運搬したと

諸葛亮伝にはあります。

十二年(234年)春、亮悉大衆由斜谷出、

以流馬運、據(寄る)武功五丈原、與司馬宣王(司馬懿)對於渭南

ですので、木牛は不明ですが流馬は使用されたと言えるでしょう。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

 

元記事:木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孔明の南蛮征伐の目的は交易路(南シルクロード)狙いだった!?

関連記事:【みんなが知らない諸葛孔明】戦率99%!撤退戦では無敗だった!?

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1  


 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 犬猫に襲われる孔明 【丞相ランキング】三国志で一番すごい丞相はいったい誰なの?
  2. 劉備の黒歴史 怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超…
  3. これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?
  4. 曹操探検隊 世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る
  5. 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前…
  6. 【はじめてのスキッパーキ】どうして?スキッパーキのしっぽ(断尾)…
  7. 孔明 【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない!
  8. こっそりお教えします!NHK大河ドラマの通な見方。歴代大河ドラマ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 責められる陸遜
  2. こいつらが悪役達だ!
  3. 項羽と劉邦
  4. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  5. 孔明
  6. 袁術に助けを求める呂布
  7. 魏延からの提案を却下する孔明

おすすめ記事

  1. 蜀はなぜ北伐に乗り出したの?その目的は? 北伐を結構する孔明
  2. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志の魅力編 【003】
  3. 1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活
  4. 【西郷どん】実は大久保利通は囲碁が下手だった?
  5. 曹操に寵愛された環夫人は、控え目な子育て上手な女性だった 環夫人
  6. 魯粛の子孫は父と同じように優秀な人なの?? 魯粛

三國志雑学

  1. 三国志に出てくる海賊達と甘寧
  2. 劉禅に気に入られる黄皓
  3. 張翼
  4. 司馬懿


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 廉頗
  2. 李斯
  3. 呂蒙のお見舞いにかけつける陸遜
  4. 旅馬 三国志

おすすめ記事

キングダム54巻amazon キングダム606話ネタバレ予想vol2「悲惨!倉央と田里弥が道化に」 木牛流馬 諸葛亮、木牛を作って兵站確保するも、虚偽申告発覚で北伐失敗を考察 張飛VS馬超 95話:馬超と張飛の一騎打ち 王威 王威とはどんな人?三国志の英雄・劉備と曹操を殺害しようとした暗殺者 【意外な事実】天才将軍・韓信は数学にも強かった事が判明! 魏から蜀に下る姜維 姜維が母よりも蜀選んだ理由に全三国志好きが泣いた! 大村益次郎 幕末 桂小五郎と大村益次郎の出会いが維新にシナジー効果を起こす 城 銅雀台 まさかのまさか?いや、当然?漢王朝が2回も滅亡したワケ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP