キングダム
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

夏侯淵が滅ぼした宋建は韓遂を上回る長生き群雄だった

魏の夏侯淵




 

西暦214年、天水よりもさらに西に位置している枹罕(ほうかん)という土地で、

宋建(そうけん)という人物が一か月あまりの籠城の末に敗れて夏侯淵(かこうえん)に斬られました。

このあまり有名ではない宋建という人物、実は、黄巾の乱の前後から

河首平漢王(かしゅへいかんおう)を自称し、文武百官を配置して漢王朝に反逆していた

韓遂を上回るキャリアの反骨群雄(はんこつぐんゆう)だったのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蒼天航路では王?正史三国志よりも活躍していた夏侯淵をご紹介

関連記事:老黄忠に迫る!黄忠が夏侯淵を討ち取ったのは本当に法正のおかげ?

 

 

韓遂を賊に導いた?関中軍閥の古株

韓遂

 

宋建は、後漢書によると西暦184年、王国と共に枹罕で反乱を起こしました。

この時に韓遂等数十人を人質にして金城太守の陳懿(ちんい)を殺害して独立します。

韓遂は金城の有力者にお金を出してもらい、釈放された後で、

自らも賊になって漢王朝に反逆するのですが、こうして考えると、

韓遂に反乱の美学・イズムを伝授したのは宋建かも知れません。

 

その後、間もなく宋建は河首平漢王を自称し、独自の年号を定め、

文武百官を定めて明確に後漢を拒絶しました。

184年前後ですから、もちろん袁術(えんじゅつ)よりも早いですね。

 

 

ロングランな群雄も弱気になり韓遂と共に劉備を頼る

劉備を頼ることを検討している韓遂

 

そこから三十年、宋建は自称河首平漢王として枹罕に君臨し続けます。

年齢を考えると七十を超えていたのではないかと思います。

しかし、いかんせん小さい国で、宋建なしには成り立たないのか?

あるいは身体壮健で後継者を置くつもりもないのか、位を譲る事なく

そのまま現役を貫いたようです。

馬超

 

ですが、いかに中央から遠い土地とはいえ、中央で曹操(そうそう)が台頭してきた

という事は宋建の耳にも入っていたようです。

関中軍閥の跳ねっ返り馬超(ばちょう)潼関(どうかん)曹操に負け、落ちぶれてすまん状態

「このまま突っ張っても将来はないな、、」という事で韓遂と連名で

益州を落としそうな劉備(りゅうび)を頼ろうとしていました。

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記はじめての西遊記

 

天寿は全うできず宋建、夏侯淵に斬られる

夏侯淵に斬られる

 

しかし、宋建の投降は間に合いませんでした。

西暦214年に漢中の張魯(ちょうろ)を攻撃しようという夏侯淵が行きがけの駄賃で

枹罕に攻めてきたのです。

そして、一か月あまり戦って10月に敗れ宋建は殺害され、

彼に仕えていた文武百官も皆殺しにされて河首平漢国は滅亡します。

 

文欽や諸葛誕と並べられた当時メジャーな反逆者宋建

諸葛誕

 

韓遂と比べても曹操と関係がない分、あまりにも地味な宋建ですが、

ところがどっこい、討伐された頃の彼の名はそこそこ知れていました。

というのも傅子(ふし)を著わした傅玄(ふげん)は、文欽(ぶんきん)諸葛誕(しょかつたん)と共に、

この宋建の名前を挙げ、反乱者はろくな末路を迎えない事を

当時、だれでも知っていたと揶揄したからです。

 

このようなケースで並べられる人々は

大体、実力か知名度が同じようなレベルの人が多いので

宋建は堂々と王朝を建国して滅んだ反逆者として、

あるいは名前が挙げられない韓遂以上に当時は知られていた存在

・・・という事になるかも知れません。

 

早く言ってよ!星占いで滅亡を予言された宋建

星占いで滅亡を予言された宋建

 

司馬彪の続漢書によると、西暦212年の10月に益州の周羣(しゅうぐん)は、

彗星(すいせい)五諸侯(ごしょこう)の星宿に出たのを見て、西方の群雄が皆、土地を失うと予言し

司馬彪は、これを益州の劉璋(りゅうしょう)、漢中の張魯、涼州の韓遂、枹罕の宋建に

当てはめて、予言が的中したとしているようです。

 

周羣は後に劉備に仕えて、漢中攻略戦でも様々な予言をして、

これを的中させている事から凄腕の占い師だったようです。

知っているなら、宋建に教えてあげればよかったのに・・

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

宋建は、公孫度のようにこっそり文武百官を置いていたのではなく、

堂々と国号をつけ年号を制定した事から,

こそこそしない確信犯的な反逆者をイメージしてしまいます。

韓遂との交流も途絶えていないようなので、韓遂も尊敬できるような

英雄的な部分があったのでしょう。

 

あまりにも早く、守成に入ったので華々しさはありませんが、

逆に言えば毀誉褒貶(きよほうへん)がなく安定していたとも言えます。

最後にメジャーな夏侯淵に斬られて、名を残した事を考えると

地味でも頑張っていて良かったんですかね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【衝撃の事実】夏侯淵の一族にはなんと皇帝がいた!?

関連記事:夏侯淵の死後、一族はどうなったのか?

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り

 

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 潼関の戦いの舞台関中はどんな土地?
  2. 許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー
  3. 三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情
  4. 魏から蜀に下る姜維 姜維が母よりも蜀選んだ理由に全三国志好きが泣いた!
  5. 三国志 Three Kingdomsのここがすごい!スリーキング…
  6. 曹嵩 曹嵩(そうすう)はどこの誰なのか?徐州大虐殺の切っ掛けにもなった…
  7. 側室の女性達を励ます甄氏 大学者鄭玄の下女達の会話は高学歴だった
  8. そろばんを叩く関羽 三国時代では数学が出来ないと下級役人にもなれない?算籌を徹底紹…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 反乱を起こす郝萌(かくぼう)と曹性
  2. 大喬と小喬
  3. 曹仁
  4. 曹操 油断
  5. 孔明

おすすめ記事

  1. 徳川家康の祖父は小覇王、松平清康とはどんな人? 徳川家康
  2. 『真・三國無双8』プロデューサー鈴木亮浩が絶賛する三国志×学園ラブコメ『劉備徳子は静かに暮らしたい(仲野えみこ/白泉社)』第2巻を販売開始。
  3. 【応仁の乱】 もっとも激しい戦であった相国寺の戦い! 燃える本能寺
  4. 【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓
  5. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「呂布編」 陳宮
  6. 五代友厚は大阪再生の立役者だった! 幕末 帝国議会

三國志雑学

  1. 黄月英と孔明
  2. 霊帝から益州統治を頼まれる劉焉
  3. 朱然と陸遜
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 城の前を掃除する孔明
  2. 唐周(とうしゅう)
  3. おんな城主 直虎
  4. 春申君
  5. 孔明 劉備の剣とハンコ
  6. バリバリビジネスマンの坂本龍馬
  7. 蜀 武運を誇る馬超

おすすめ記事

【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察 宿命のライバル?何度も激闘を繰り広げた姜維と鄧艾 【8月の見どころ】8/26公開予定:四川の孔明史跡(成都武侯祠・剣門蜀道・明月峡・都江堰)を調査してみた 騎射の術に長けた騎馬兵士 羽林騎(うりんき)とは何?董卓を輩出した近衛部隊を分かりやすく解説 劉禅と孔明 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人生 三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた! 南蛮胴を身に着けた織田信長 織田信長の業績とは?戦争面・人材登用・行政政策の輝かしい業績を紹介 蜀の皇帝に即位した劉備 劉備が皇帝になったのは皇族だった事が大きな理由?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP