三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志演義の翻訳本比較してみた!どれを読めばいいの?




袁術

 

漫画やゲームをきっかけに三国志に興味を持つようになった。

三国志演義(さんごくしえんぎ)を読んでみようと思うけど、

たくさんの翻訳本(ほんやくぼん)があってどれがいいのか分からない!

そんなあなたのために、主な翻訳本6種類を比較してみました。

ぜひお好みに合うものを選んで下さい!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志演義の架空キャラを並べてみたよ!

関連記事:【三国志演義】無能な劉備は知識人の理想の君主?

 

 

井波律子さんの翻訳(2002年頃)

書籍

 

ちくま文庫の正史三国志の翻訳でおなじみの井波律子(いなみりつこ)さんの翻訳。

原文の講談調の息づかいを大切にしながらリズミカルに訳されています。

張飛劉備を呼ぶ時の「哥哥(コーコー)」という言葉を「兄貴」と訳している本が多いですが、

井波さんは「哥哥(兄貴)」としています。

 

文語調の三国志演義の中で張飛のせりふだけ目立って口語調なのですが、

その雰囲気を活かしたくて「哥哥(兄貴)」と訳されたのだと思います。

 

劉備(りゅうび)賄賂(わいろ)を要求する悪徳監察官に張飛(ちょうひ)が腹を立てる場面を下に抜き出してみます。

 

さて、張飛はヤケ酒を数杯ひっかけると、馬に乗って督郵(とくゆう)の宿舎の前を通りかかった。

見ると五、六十人の老人が門の前でオイオイ声をあげて泣いている。

張飛がわけを聞くと、老人たちは答えた。

「督郵さまは県の役人に無理強いして、劉公(りゅうこう)劉備)に罪を着せようとしております。

わしらはお願いにまいりましたが、中へ入れてくれず、反対に門番に叩き出されました」。

張飛は激怒して、ドングリ(まなこ)をカッと見ひらき、バリバリ歯ぎしりして、

転がるように鞍からおりると、ただちに宿舎に押し入った。

(『三国志演義(一)』講談社 2014年9月10日)

 

 

渡辺精一さんの翻訳(2000年頃)

張飛

 

講談社(こうだんしゃ)の『三国志人物事典』でおなじみの渡辺精一(わたなべせいいち)さんの翻訳。

現代の日本語として違和感のないような訳し方を意識されているようです。

軍事用語などがとても現代的です。固守持久作戦、指令本部、夜警(やけい)、など。

「プライド」なんていう外来語のカタカナ言葉も使われています。

先ほど井波さんの訳を引用したのと同じ箇所を抜き出してみます。

 

さて、張飛は気がむしゃくしゃしてしかたないので、酒をあびるように飲み、

馬に乗って監察官の泊まっている宿舎の前を通りかかった。

ふと見ると、五、六十人の老人が宿舎の門前で泣きわめいている。

どうしたわけだと問うと、老人たちは、

「監察官が県の役人に迫って、無理やり劉県尉(りゅうけんい)を告発し、

ひどい目にあわせようとしておいでです。

わたくしどもは及ばずながら、嘆願(たんがん)をしにまいったのですが、

門番に棒で叩き出されてしまいました」と答えた。

それを聞いて怒った張飛は、ただでさえ大きなグリグリ(まなこ)をさらに大きく見ひらき、

鋼鉄(はがね)のような歯をバリバリと噛みならして鞍から飛びおりると、

ものすごい勢いで宿舎にはいっていった。

 

(『新訳 三国志 天の巻』講談社 2000年10月12日)

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

小川環樹さん/金田純一郎さんの翻訳(1988年頃)

張飛

 

1973年までに岩波文庫から出版された旧訳を1988年に改訂したものです。

この翻訳本の最大の特徴は、現在のメジャーな三国志演義(毛宗崗本(もうそうこうぼん))でカットされてしまった

古い三国志演義にあった逸話が巻末の訳注のところで読める点です。

諸葛亮(しょかつりょう)魏延(ぎえん)を焼き殺そうとした話や、曹操(そうそう)関羽(かんう)寿亭侯(じゅていこう)という役職を与えようとしたら

関羽は辞退したが、役職名の頭に「漢」の一文字を加えると受けたという話)

 

巻末の訳注で語句などが詳しく説明されているので、詳しくなりたい人にはオススメです。

文体としては、ちょっと文語調の講談調です。

歴史物は現代っぽい口調じゃないほうがいい!という方にオススメ。

 

さて張飛は腹立ちまぎれのやけ酒をあおり、騎馬で宿舎の前を通り過ぎたとき、

五、六十人の老人らが、門前で大声をあげて泣いているのが目にはいった。

張飛がそのわけをたずねると、老人らは答えて

「督郵さまが県の吏員を無理強いして、玄徳さまに罪をきせようとしておりますので、

わたくしどもが愁訴(しゅうそ)にまいりましたところ、中に入ることもかなわず、

門番に打ちすえられて追い出されたのでございます」。

これを聞くなり、張飛は大いに立腹し、まるい眼を見ひらき、

くろがねの牙をかみ砕かんばかり歯ぎしりして、

ころげるように馬から下りると、ずかずかと宿舎に入り込んだ。

 

(『完訳 三国志(一)』岩波文庫1988年7月7日)

 

村上知行さんの翻訳(1968年頃)

張飛

 

村上知行(むらかみともゆき)さんは1899年生まれですが、世代を感じさせないみずみずしい翻訳です。

この方は中国文学者ではなく、中国文学翻訳家、中国評論家です。

語句の細かい意味よりも日本語としての流暢(りゅうちょう)さを追求した素敵な訳です。

 

こちらでは張飛がむかっ腹に何杯かひっかけ、馬で宿舎の前をとおりかかった。

見ると老人が五、六十人、門の前にあつまって泣いている。

どうしたい? と聞いてみると、

「督郵さまが役所の吏員をお責めです。劉県尉を罪人にしようってんで……。

わしら、それで、そんなこたあおやめなすって、とお願いにあがりやしたが、

お目にかかれるどころか、門番がたにひっぱたかれやしてね……」

張飛がまっ黒焦げだ。大目玉をくるくる。歯をバリバリ。

やにわに馬をおり、宿舎に駆けこんだ。

 

(『三国志(一)竜戦虎争の巻』 グーテンベルク21 2011/10発売

↑これは電子書籍ですが、他の出版社から紙の書籍も出ています)

 

 

立間祥介さんの翻訳(1958年頃)

張飛

 

この方は1928年生まれの中国文学者です。

文体はちょっぴり文語調の講談調です。

 

さて張飛はやけ酒を何杯もあおり、馬に乗って督郵の宿舎の前を通りかかると、

年寄連中が五、六十人、門前でわあわあ泣いている。

わけを尋ねると、年寄たちが口々に訴えた。

「督郵が県のお役人を責めたて、劉さまにあらぬ罪を着せようとしているのでございます。

わたくしどもがこうしてお許しを願いに上がったところ、中に入れてくれないばかりか、

反対に門番に殴りちらされたのでございます」

張飛は大いに怒り、まるい顔をはりさけんばかりにむき、

(はがね)のような歯をばりばりと噛みならして馬からまろび下りるや、宿舎に突き進み(以下略)

 

(『中国古典文学大系 第26巻 三国志演義(上)』平凡社 1968年1月6日)

 

湖南文山さんの翻訳(江戸時代。元禄2~5年(1689~1692)刊)

江戸時代。元禄2~5年

 

三国志演義の初めての日本語完訳本です。『通俗三国志(つうぞくさんごくし)』という題名になっています。

これまで挙げた翻訳本がすべて三国志演義の毛宗崗本という版本を底本にしている

のに対し、この『通俗三国志』はそれより古い李卓吾本(りたくごぼん)という版本の翻訳本です。

吉川英治(よしかわえいじ)さんの小説『三国志』はこれを参照しながら書かれているので、

毛宗崗本にはない魏延焼殺作戦や漢寿亭侯のエピソードが入っています。

 

張飛は酒を飲て後只一人馬に打のり館門の前を過けるに

年老たる百姓共五六十人泣居たりければ如何なる故ぞと問に答て曰督郵(まいない)を取ん為に

県吏を召て訴状を書せ天子に奏して罪なきに玄徳を害せんとす

我等ここに来り其事を告て玄徳の恩徳を(あらわ)さんとすれば門より内に入こと能ず

却て散々に打出されたり張飛これを聞て大に怒り牙を(かみ)て馬より飛おり

直ちに館門に走り入(以下略)

 

(『通俗三国志』 信濃出版 明治17-18 国立国会図書館デジタルコレクションから抜粋。

原本のカタカナをひらがなに書き換え、適宜濁点を加えました)

 

引用した信濃出版のものは活字でしたが、google検索で出てきた広島大学図書室の蔵書

『絵本通俗三国志』の画像では天保年間の版本を見ることができました。

ちょっぴり和風の挿絵や、変体仮名(学校で習うのと違う異体仮名)が使用されている文面が

面白いです。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

私のイチオシは 小川環樹さん/金田純一郎さんの岩波文庫です。

注釈が充実しているところ、吉川英治三国志に通じる古い版本の内容について知ることが

できるところがオススメポイントです。

 

あと、個人的には、文体が現代っぽくないところが格調高くていいかな、と思っています。

立間祥介さんも文語っぽいのですが、わずかな差でちょっとしっくりこない時があります。

こういう感覚はごく個人的なものですね。

それぞれ個性的な翻訳本、ぜひお好みに合うものを選んで下さい!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:『三国志演義』の原典?『三国志平話』とは?

関連記事:江戸期は『三国志』の二次創作が大ブームを巻き起こしていた!?

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2  

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏
  2. 曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校
  3. 三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌
  4. 曹操に仕えることを検討する荀彧 荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介!
  5. 諸葛恪vs妖怪世紀の対決の軍配は??
  6. 揚州の問題児?山越族とはどんな民族だったのか
  7. 【笑林】人命度外視の治療と儒学をまなんだ不孝者
  8. 甘過ぎるおかん孔明!部下に厳しく出来ない事実が発覚!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操軍
  2. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  3. 泣く子も張遼

おすすめ記事

  1. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.2
  2. 淳于瓊(じゅんうけい)はどんな人?実は無能ではなかった袁紹軍の都督
  3. 司馬昭ってチョー有能?それとも親の七光りだったの!?
  4. 第8話:袁術くん「コンフォートゾーン」から抜け出す
  5. 曹操が遺言で見せた女性への愛情
  6. 【古代中国の伝説の聖剣】欧冶子が作った宝剣がとんでもない高価なモノだった!?

三國志雑学

  1. 典韋にボコボコにされる成廉
  2. 料理人
  3. 周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志
  4. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 張飛と本多忠勝
  2. 蒼天航路
  3. 曹丕を生む卞夫人と曹操
  4. 三国志大学で勉強する劉備

おすすめ記事

藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(1/3) 西郷園(その)はどんな人?実は吉二郎の再婚相手だった女性 疫病が蔓延している村と民人 【キングダムに描かれない】秦の時代の貧困のリアルを追ってみる 【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった? 孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説 【徹底調査】諸葛恪の欠点とは一体何!? 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪? 裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに!

おすすめ記事

  1. 司馬師(しばし)とはどんな人?眼球が飛び出て死亡!強烈すぎるのエピソード 目玉が飛び出て亡くなる司馬師
  2. 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢
  3. 【八陣図】三国志の戦術マニア必見!少ない兵力を多く見せる必殺疎陣とは何?
  4. スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・ 華佗
  5. 関羽が打った囲碁って、どんなものだったの? 三国志 麻雀
  6. 【ファン必見】2016年スーパーエリート袁術君の活躍まとめ26選
  7. 【子龍一身これ胆なり】趙雲はどのような活躍をして劉備に褒められることになったの?
  8. お笑いウルトラクイズか?大田城、水攻め爆発で落城!秀吉のリベンジはハンパ無い 豊臣秀吉 戦国時代2

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP