魏延
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【危篤の孔明そっちのけ!】始まっていた五丈原の権力争い

夜の五丈原で悲しそうにしている孔明




孔明

 

西暦234年8月、(しょく)丞相(じょうしょう)諸葛亮(しょかつりょう)は北伐の前線・五丈原で病を発し危篤(きとく)に陥りました。

三国志演義(さんごくしえんぎ)では、諸葛亮がまる一日意識を失っていた場面がありますが、

目を覚ましてから自分で首都・成都の皇帝・劉禅(りゅうぜん)あての表文を大至急で発送しています。

 

自分は重病でどうやら危ないです、という一報を入れたのだと思いますが、

それって自分でやらなきゃいけないことだったのでしょうか。

たっぷり一日ものあいだ意識不明だったのに、

そのあいだ誰も成都に一報入れておいてくれなかったのでしょうか?

 

※本稿は三国志演義李卓吾本の内容に沿いながら想像を膨らませたものです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?後編

関連記事:五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編

 

 

諸葛亮の病状

魏延

 

遠征中、過労気味で食も細くなっていた諸葛亮。

魏に対して共同戦線をとっていた呉が撤兵してしまったという知らせを受けた時、

嘆きのあまり昏倒し、かつて患っていた血を吐く病が再発しました。

夜に星を眺めていると、自分の寿命が残りわずかであることが星にあらわれていたため、

延命(えんめい)祈祷(きとう)を行います。

 

夜は祈祷、昼は軍務。吐血が止まらず、しばしば昏倒(こんとう)しては起きてまた続きをやるという状態。

7日のあいだ祈祷の灯明が消えなければ成功ですが、

6日目の晩に事故で灯明は消えてしまいます。

 

このとき諸葛亮は大量に吐血し、姜維(きょうい)楊儀(ようぎ)に自分の死後に関する指示を

いくつか与えてから人事不省に陥りました。

祈祷が失敗した夜が明け、次の日も暮れてから、諸葛亮は目を覚まし、

皇帝あての表文を大至急で発送しました。

いったん目を覚ましたものの、夜の間にまた何度か意識不明になっています。

 

 

常識的な判断

孔明

 

大量に吐血して横臥の体勢でも意識を保ち続けることが難しい状態だったということは、

顔色もひどいでしょうし、冷や汗をかいていたり呼吸が苦しそうだったり、

とにかく尋常じゃない様子だったはずです。

 

ボスがそんな状態で昏睡していたら、ふつうは慌てふためいてただちに都に急報しますよね。

そのとき五丈原にいた人たちは、誰一人としてそのことを考えなかったのでしょうか。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

現地スタッフの心情……

現地スタッフの心情

 

もしも都に一報入れたとしたら、都からも慌てふためいて勅使がやって来るでしょう。

ただの伝言係がやって来るだけならいいですが、もしそれと一緒に都から誰か偉い人がきて

「みんな安心しろ!これからは俺が指揮をとる!」なんて言い出したら、

前線で諸葛亮を支え続けてきたスタッフの人たちは面白くないですよね。

現場の苦労も知らない人が、ぽっとやってきて、ああせいこうせいと指図するわけです。

はるか離れた成都から横やりを入れられたくない、と思うのが人情ではないでしょうか。

 

現地のナンバー2にとっていちばん得なこと

楊儀

 

このとき、丞相長史として諸葛亮の事務を全面的に支えていたのは楊儀です。

諸葛亮は臨終のさい、自分亡き後の撤兵の総指揮を楊儀に託していますから、

現場のナンバー2は楊儀であったと考えていいでしょう。

 

さて、楊儀の立場から考えて、丞相危篤はどういう状況でしょうか。

都に一報を入れて、都から新しいトップが来てしまえば、自分はずっとナンバー2のまま、

いや、悪くすると新しいトップに干されるかもしれません。

しかし、もしこのまま都に報告を入れずにそっと丞相の病状をみまもり、

万が一みまかられた場合には、楊儀は丞相の棺を守って手柄顔で成都に帰還することができます。

 

なぜ手柄顔かというと、棺を守ることは

自分が後のことを万端取り仕切りましたという意味だからです。

そして今は自分が現場のトップであることをアピールできます。

それが楊儀にとっていちばん得なことだったのではないでしょうか。

 

誰もが様子見をきめこむ

 

楊儀に野心があれば、ここは様子見をきめこむところです。

楊儀がこういうつもりであったなら、周りにいる人たちは “なるほど君はそういうやつなんだな”と

苦々しく思いながらも、ナンバー2に睨まれると面倒だからそっと口を閉ざしていたことでしょう。

 

もし丞相が目を覚まして、どうして早く都に一報を入れなかったのかと叱られたら、

みんなで口をそろえてかわいらしく嘘泣きでもしながら

「丞相のことが心配なあまり気が動転して都へ連絡することに思い至りませんでした」

とでも言えばきっと許してもらえます。

誰も損しません。可哀相なのは諸葛亮だけです。

 

一刻も早く勅使に来てもらいたい諸葛亮

 

諸葛亮はどういう気持ちだったでしょうか。

さんざん変な夢を見たあげく金縛りにあいながらなんとか目を覚ましてみたものの体調は最悪、

思わず横山光輝(よこやまみつてる)三国志3巻137ページの「とてもつらい」というコマが脳裏をかすめます。

 

都に一報入れといてくれたんだろうね、と部下に聞くと、まだですという返事。

思わず59巻56ページの「この報告は孔明にとってはショックだった」というコマが

脳裏をかすめます。

 

成都に帰還できそうもない以上、せめて勅使に来てもらって言葉のやりとりでもしてから

みまかるのと、それすらはたせず亡くなりましたという報告だけが都に行くのとでは、

宰相人生の閉じ方としての格が全然違います。

 

今の体調からするとそう何日ももつとは思えず、一刻も早く勅使に来てもらいたいところです。

それが、まる一日誰も動いていなかったですと!

今からスタートか……マジか……ガックシ。

倒れた時は成都に一報入れろとまで指示するゆとりはなかったけど

そんなこと当然誰かがやってくれると思っていたよ。トホホ。

 

かわいい部下には信頼感しかない

孔明

 

俺こんなになってんのになんで誰も早馬飛ばしてくんないんだよ

頼りにならない連中だな!と

キレる元気もないのでぼそぼそと小言を言うと、

丞相のことが心配なあまりうんぬんかんぬんという返事。

 

おお、おお、そうか、かわいいやつらめ。

でもこれからは俺がいなくてもみんなでちゃんとやらないといけないんだぞ。

頼りにしてるんだからたのむよ。

心の美しい諸葛亮はこんな感じで部下を許してあげちゃうんじゃないでしょうか。

 

諸葛亮は日頃から自分の指示通りに動いてくれる人が好きだったでしょうから、

指示がない時になんにもできずにおろおろしている部下を見ても

さほど腹を立てなかっただろうと思います。

劉備

 

劉備(りゅうび)だったら一瞬で

“楊儀アンニャロー俺がくたばるのを待っていやがったな!”って

気付くでしょうけれど。

諸葛亮は自分が賢いので、他人のことはみんな愚か者みたいに見えて

他人にもそれぞれ企みがあるということにあまり気付かないんじゃないでしょうか。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

諸葛亮が自分で発送したのは「(ひょう)」(主君に(たてまつ)る文書)であって、

部下たちが実務レベルで一報入れるのはそれとは別にとっくにやっていたかもしれませんね。

三国志演義を読むかぎりでは皇帝は表文を受け取って初めて丞相危篤を知ったように見えますが)

そもそも本稿は三国志演義の内容について書いたものなので、根も葉もない話であります。

 

もし正史三国志の楊儀伝をまだお読みでなかったらぜひご覧になってみて下さい。

きっとご期待を裏切らないことが書いてあると思います!

 

※三国志演義李卓吾本のテキストは下記を参照しました。

『三国演義(新校新注本)』羅貫中 著 瀋伯俊 李燁 校注 巴蜀書社出版 1993年11月

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【痛恨の極み】吉川英治さん、どうしてあの三国志の迷シーンを復活させちゃったの?

関連記事:曹真を憤死させた演義の孔明の悪口ってどんだけ~

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 【なんだそりゃ?】注さらに注!ラビリンスな注釈の歴史
  2. 信(キングダム風) 信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物
  3. 陶謙はどうして劉備を後継者にしたの?三国志の素朴な疑問に答える
  4. 丁奉(ていほう) 丁奉の能力を数値化してみた(呉書丁奉伝を参考)
  5. 孟獲 孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだっ…
  6. 【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの?
  7. 皇帝に就任した曹丕 【魏の歴史事件簿】曹魏の4代皇帝曹髦の時代起きた事件をざっくりご…
  8. 三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. おんな城主 直虎
  2. 魔王曹操
  3. 董卓
  4. おんな城主 直虎
  5. 曹操が黄巾党が仲間に!
  6. 太平道の祖・張角(黄巾賊)

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.16「はじ三に小難しい記事が載る理由?」
  2. 【孔門十哲】子夏(しか)のどのあたりが文学に長けていたの? 孔子の弟子であり文学が得意な子夏
  3. 蜀に入れば生き返る!?桃源郷とよみがえりの話 司馬徽
  4. 司馬昭ってチョー有能?それとも親の七光りだったの!? 司馬昭
  5. 【衝撃の事実】厳顔は老将なんかじゃなかった!? 蜀の厳顔
  6. ギョッ!これも薬?華佗も利用した、ちょいグロな漢方薬の話 華佗

三國志雑学

  1. 道具を輸送する民人
  2. 三国志ライター よかミカンさん
  3. 年を取った司馬懿
  4. 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく)
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操に憧れる荀彧
  2. 小帝と董卓
  3. 竹林の七賢
  4. 幕末 魏呉蜀 書物
  5. 耶律突欲

おすすめ記事

月刊はじめての三国志2018年7月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました ダムが完成した蜀 蜀は古代から独立王国だったって知ってた? 徐晃と夏侯淵 夏侯淵が定軍山で戦死した原因は兵力不足だった? 孔明 【三顧の礼】孔明トコの天才童子が劉備に冷たすぎる件 于禁 【衝撃の事実】于禁は三国志のアニメで女の子として登場している!? kawauso編集長のぼやきVol.12「三国志演義は凄い」 はじめての三国志編集長 kawauso 【告知】8月のはじ三のスペシャル記事をピックアップ紹介 関平 関平と関羽の微妙な関係性、正史と三国志演義では異なる二人の間柄

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP