よかミカンの三国志入門
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【横山光輝三国志】イリュージョンで世を去る諸葛亮




孔明

 

(しょく)丞相(じょうしょう)諸葛亮(しょかつりょう)はとても人気のあるキャラクターで、三国志のお話の中では

諸葛亮臨終(りんじゅう)のシーンはとてもドラマチックな演出がなされていることが多いです。

対魏遠征の前線・五丈原で病にたおれ、志なかばで世を去る諸葛亮

哀感たっぷりなシーンです。

 

横山光輝さんの漫画『三国志』を見ていると、どうもイリュージョンっぽく見えて

ちょっとだけ面白い感じになってしまっているのですが……。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:天下の奇才!?諸葛孔明とはどのような人物だったのか

関連記事:【そうか!】蜀の次世代武将達に孔明が与えた任務が深い

 

 

三国志演義の臨終シーン

三国志演義の臨終シーン

 

まずはエンタメ系三国志のバイブルである三国志演義(さんごくしえんぎ)の演出を見てみましょう。

重態に陥り、部下に遺言をして皇帝あての遺書も書き意識不明になった諸葛亮。

そこに、勅使の李福(りふく)がやってきます。

 

李福は諸葛亮の後継者候補を聞いておきたかったのですが、

もはや聞くことができなくなったと思い嘆きます。

しばらくすると諸葛亮は意識を取り戻し、李福の質問に答えます。

 

「後継者は蒋琬(しょうえん)がよい」

蒋琬の次は誰がよいでしょう」

費禕(ひい)がよい」

費禕の次は」

「…………」

返事がないのでのぞき込んでみると、すでに息絶えていました。

国の先々のことについて思い(わずら)いながらなくなったのかなというような哀切きわまるシーンです。

 

 

1994年の中国ドラマ三国志の臨終シーン

 

1994年に中国で放送されたテレビドラマ三国演義では、第77話が秋風五丈原です。

このドラマでは、李福の「費禕の次は」という質問には首を振って沈黙しています。

その後、諸葛亮は四輪車に乗って陣営を見てまわりました。

 

丞相が重病だと知っている兵士たちはその閲兵する姿を見て、感極まった調子で

口をそろえて「丞相、ご自愛下さい」と言い平伏します。

蜀軍の士気が極めて高いことと諸葛亮を慕っている様子がよく現われている描写です。

その様子を眺めた諸葛亮の目から一すじの涙。

 

天を仰ぐと、そこには「克複中原(こくふくちゅうげん)」と書かれた軍旗がひるがえっています。

「もう陣に臨み賊を伐つことはできなくなった。悠々(ゆうゆう)たる蒼天よ、なぜかくも薄情なのか」

ゆっくりと目を閉じる諸葛亮。

カットが切り替わり、四輪車に乗っている諸葛亮の手元が映ります。

そして手に持っている羽根扇(はねせん)がぽろり。

 

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

2010年の中国ドラマThree Kingdomsの臨終シーン

桃園三兄弟

 

2010年の中国テレビドラマ「三国志 Three Kingdoms(原題:三国)」では、

第94話にそのシーンがあります。

重態(じゅうたい)に陥った諸葛亮が寝台に横になりながら皇帝宛ての遺書を

楊儀(ようぎ)に口述筆記させています。

ぽつり、ぽつりと言葉を出していく諸葛亮。

 

遺書の最後の文言を言いながらゆっくりと目を閉じ、そこでカットが切り替わり、

腕を布団の上に出し羽根扇を握りながら上体の上に置いているところが映ります。

その腕から力が抜け上体から滑り落ち、羽根扇がぽろり。

 

横山光輝さんの漫画『三国志』の臨終シーン

 

さてお待ちかね、イリュージョンです。

問題のシーンは漫画『三国志』単行本59巻の99ページから始まります。

勅使の応対を終え、皇帝宛ての遺書も書き、部下たちへの遺言も済ませた諸葛亮。

いつも乗っている四輪車を持ってこさせ、それに乗って外へ出ます。

夜空を指さし、諸将にこう言います。

 

見よ あの煌々(こうこう)と輝いているのが わしの宿星じゃ

いま滅亡前の最後の輝きを見せている

見ていよ 今に落ちるであろう

 

厳粛な面持ちで空に視線を向ける諸将。

満点の星空に、一筋の流星。

「あっ」

「ああっ」

口々に驚きの声をあげる諸将。

諸葛亮の四輪車に視線を戻すと、

四輪車に座ったまま諸葛亮は亡くなっていたのでした。

 

諸葛亮のこの手際がどうも、イリュージョンっぽく見えるのですが……。

観衆の注意を一方にそらしている間に何かしかけをやるマジシャンのようです。

亮さん、亡くなり方まであざやかです。

丞相は亡うなってない、きっと仙人にならはったんや……

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

横山光輝さんの三国志は、最後まで諸葛亮があまり可哀相な感じにならなくていいですね。

少年漫画として、少年たちをあまり号泣させたら可哀相だという配慮でしょうか。

横山さんの優しさが現われている素敵な描写だな、と思いました。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:そうなの!劉備と孔明は故郷について真逆のスタンスだった

関連記事:孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの?

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. もう見てられない!王朗と諸葛亮の舌戦が学芸会レベル
  2. 【知りたくなかった!】本当は書くほどの内容でもない赤壁の戦い
  3. 幻の必殺陣形・八卦の陣とは?三国志演義と諸葛亮孔明の八陣図
  4. 典韋と弁慶の共通点を探してみたら意外な事実が判明!?
  5. 命乞いでここまで堕ちるか?関羽に命乞いし全てを失った男・于禁
  6. 苛ついている曹操 「濮陽の戦い」と「定陶の戦い」における曹操の復讐行為まとめ
  7. 曹操の窮地を何度も救った英雄・曹仁
  8. 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話
  2. 【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの?
  3. 卑弥呼降臨 倭国大乱を制す【完結編】
  4. 独裁なんて無理!三国志の群雄は雇われ社長
  5. 【有料記事】三国志の時代の墨は○○で出来ていた
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第29話「女たちの挽歌」の見どころ紹介

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  2. 豊臣秀吉 戦国時代2

おすすめ記事

幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 明治維新とはどんな改革?近代国家を目指した政治改革を分かりやすく解説 苛ついている曹操 「濮陽の戦い」と「定陶の戦い」における曹操の復讐行為まとめ 司馬朗(しばろう)とはどんな人?司馬懿でさえ頭が上がらない偉大な兄の生涯 【キングダム名物】将軍同士の一騎打ち、印象に残る名勝負は? 曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【後半】 海賊時代の孫堅 孫堅は三国志の○○だったのか? 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操

おすすめ記事

  1. 毛利家に敗北して浪人となった山中鹿之助の修行
  2. 呂布の裏切りについて考察してみた
  3. 【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁
  4. 【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘ってどんな人?
  5. 銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬兵器
  6. 【ホラッチョ劉備】皇帝の子孫は後付け設定だった? 劉備玄徳が眩しい理由 三国志
  7. 【趙の名宰相・藺相如の名言】長平の戦いの時に王に発した名言とは
  8. 董襲(とうしゅう)とはどんな人?孫家の仇敵・黄祖討伐戦で活躍した武勇の士

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP