よかミカンの三国志入門
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

張郃は袁紹の疑心暗鬼の犠牲者だった!?

この記事の所要時間: 331




張郃

 

張郃(ちょうこう)は魏の名将として活躍する将軍でしたが、

元々は袁紹(えんしょう)に仕えていた将軍です。

張郃は袁紹の将軍として優れた戦術眼を披露し、

公孫瓚(こうそんさん)討伐戦で活躍。

 

袁紹は張郃を将軍の位を与えそれなりに優遇しており、

彼も袁紹に不満を持っているわけではありませんでした。

しかし張郃は官渡の戦いの後、

曹操(そうそう)に降伏することになります。

 

今まで袁紹に不満を持っていなかった張郃が

どうして袁紹を見限って曹操に降伏したのか。

今回はこの部分を探ってみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴

関連記事:【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~張郃篇~

 

 

官渡戦前に袁紹へ進言

官渡戦前に袁紹へ進言

 

張郃は官渡の戦いが始まる前に

袁紹に曹操と戦い方について進言をしています。

 

張郃は袁紹へ「殿は戦えば必ず勝ってきましたが、

曹操とは戦わない方がいいような気がします。

殿みずから出陣して曹操と戦をするのではなく、

曹操の南方の領域へ将軍を派遣して領土内を乱せば、

簡単に勝つことが出来るでしょう」とアドバイス。

 

もしこの張郃の進言が採用されていれば、

曹操が領土内に侵入した袁紹軍の別働隊に振り回されて疲れた所を

袁紹率いる本隊の攻撃を受けてやられていたかもしれません。

 

しかし袁紹はこの進言を取り上げることなく

曹操を打ち破るため出陣していくのでした。

 

 

曹操率いる奇襲部隊から鳥巣を全力で守るべし

曹操率いる奇襲部隊から鳥巣を全力で守るべし

 

袁紹は軍勢を率いて曹操がこもっている官渡の城塞へ攻撃を行います。

曹操は袁紹軍の攻撃を耐え忍ぶ辛い戦いを強いられることに。

 

そんな中、曹操は袁紹の参謀・許攸(きょゆう)から

袁紹軍の兵糧貯蔵庫の場所を教えられます。

袁紹軍の兵糧貯蔵庫は鳥巣にあるとのことです。

 

曹操は許攸の進言を信じて自ら兵士を率いて鳥巣へ奇襲攻撃を敢行。

袁紹の元へ曹操自ら兵士を率いて鳥巣へ攻撃を仕掛けてきたことが通報されます。

 

張郃も鳥巣攻撃の情報を知り袁紹へ

「曹操は自ら兵士を率いて鳥巣へ攻撃した来たことは

鳥巣を攻略することができると踏んでいるのでしょう。

そのため鳥巣を全力で守るため、

大軍の援軍を派遣するべきだと考えます。」

とアドバイス。

 

袁紹の幕僚である郭図(かくと)

「張郃のアドバイスは間違っています。

ここは全力で官渡を攻撃して陥落させればいいだけです。」と進言。

 

しかし張郃は郭図の進言に

「曹操がこもっている官渡は強固な守りで、

簡単に落とすことなんてできません。

それよりも早く鳥巣を救援しなければ、

殿の事業が破綻してしまいまずぞ」

と強く反対します。

 

袁紹はふたりの進言の間をとって鳥巣へ軽兵の援軍を派遣し、

残りの軍勢で官渡へ攻撃を行います。

 

この作戦は大失敗に終わり

袁紹軍の兵糧が貯蔵されていた鳥巣は陥落し、

兵糧は全て燃やされてしまいます。

そして官渡は袁紹軍の総攻撃を受けても攻略することができませんでした

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

架空戦記  

袁紹の疑心暗鬼が原因で張郃が曹操に降ってしまう

 

張郃は鳥巣が陥落したことを知ると

撤退の準備を指示していましたが、

ある噂が耳に入ってきます。

 

その噂は袁紹の参謀で鳥巣の救援をするべきか

それとも官渡を攻略するべきかの意見で争った郭図に関してでした。

郭図は自らのアドバイスが間違った事で

袁紹軍の全軍崩壊を招いたことを知りこの責任を逃れようと悪知恵を働かせます。

 

そして郭図はある事を閃き袁紹へ

「張郃は俺の進言を取らなかったから今このような現状になっていると

色々な人へ言っているらしいですよ。」

張郃の悪口を流します

 

そしてここで袁紹の悪いところの一つ・疑心暗鬼が発動。

袁紹は郭図の噂を信じ張郃に疑念を抱くようになります。

 

張郃はこの郭図と袁紹のやり取りを聞いて

袁紹の元に身を置くのは危険と判断し曹操に降伏するのでした。

 

袁紹の悪いところの一つである疑心暗鬼を発動させることを

郭図がもくろんで張郃の悪口を流したとすればとんでも無い人物です。

このような人物を袁紹が周りに侍らせてしまったことが

曹操に敗北した原因の一つで、

張郃も袁紹の疑心暗鬼の犠牲者の一人と言えるのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

袁紹が色々なところに配慮する事ができない残念な性格だったのが、

張郃を降伏させてしまった事でも分かると思います。

 

歴史にもしはありません。

しかしもしをどうしても想像してしまうのは

歴史大好きな人ならば仕方ないとはずです。

 

レンも歴史が大好きなのでもしをつけて違う未来を考えてしまうのですが、

もし袁紹がもっとしっかりと色々な事に配慮できる人物であれば、

張郃を失うこともなかったはずです。

更に袁紹が諸将をしっかりと扱い、

曹操に打ち勝つことができたのではないのでしょうか。

 

参考文献 【正史三国志魏書】等

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦った魏の猛将

関連記事:【防御力倍増!】三国志野戦陣営の造り方を解説

 

登場人物全員が悪!悪人のお祭り騒ぎ!
李傕・郭汜祭り

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 賈詡のせいで董卓死後、中華が戦乱に陥った!?
  2. 士仁(しじん)は何で関羽を裏切ったの?呉へ降伏してしまった蜀の武…
  3. 魏の重鎮・郭淮と蜀の大将軍姜維どっちが強いでしょう??
  4. 集まれ曹操の25人の息子たち・その2
  5. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編
  6. 【マニアック読解】諸葛亮が倒れた場所は床かベッドか
  7. 病気の呂蒙を穴から見守る孫権
  8. 戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いな…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか
  2. 【悲惨】周瑜は劉備の噛ませ犬でジャンプ台扱いだった?
  3. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.7
  4. よく考えてみると劉備は反董卓連合に参加していないのでは!?
  5. 秦の身分制はどうなっていたの?夏子、真って何?
  6. 【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【祝・はじめての三国志】3周年記念の御礼を申し上げます! ペリーとプチャーチン日本を研究した二人から日本人の弱点を探る 蜀を制圧したばかりの劉備軍をまとめるために孔明が打ち出した二つの方針とは? 意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達 【衝撃の事実!!】正史三国志の作者・陳寿は孫権が打ち立てた孫呉を皇帝として認めていなかった!? 胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じながらすぐに辞職した男 【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった

おすすめ記事

  1. 公孫康(こうそんこう)とはどんな人?虚を捨て、実を取り遼東に安寧をもたらした男【遼東三代記】
  2. 田豫(でんよ)とはどんな人?魏の国境付近の平和を勝ち取っていた異民族政策のプロ
  3. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.2
  4. 諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛がった愛息子
  5. 対蜀戦を任される前の曹真はどんな活躍していたの?
  6. 試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害
  7. 【三国志問題】リアルな武装率ってどれ位あった?
  8. 坂本龍馬の髪型はハゲ隠しだったの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP