張郃は司馬懿に暗殺された?張郃の死因に迫る!




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

最終的には協力して戦う李典や楽進と張遼

 

魏には五将軍、もしくは五大将軍と呼ばれる人物たちがいます。張楽于張徐伝(ちょうがくうちょうじょでん)に乗せられている人物たちで、張遼(ちょうりょう)楽進(がくしん)于禁(うきん)張郃(ちょう)徐晃(じょこう)という面子ですね。(因みに朱霊も乗っていますが、それはまた別のお話)

 

三国志を解説するセンさん

 

彼らは一人一人が名高い名将たちばかりですが、その内の一人、張郃の死に付いて気になる点が……?

 

北方謙三 ハードボイルドな司馬懿

 

「実は張郃は司馬懿(しばい)に暗殺されたんだよ!」

 

そんな突飛な話が、今回のテーマです。




張郃という人物

張コウ 張郃

 

張郃は後に魏の将軍として数えられる人物ですが、最初から魏の将であった訳ではありません。その身は嘗て袁紹(えんしょう)軍に在り、いくつもの戦いで活躍していました。しかし袁紹と曹操(そうそう)の戦いでその命運が変わります。袁紹に烏巣の襲撃への救援を進言するも取り入れられず、曹操本陣への攻撃を命じられます。

 

袁紹を裏切る張コウ(張郃)

 

ですがここに攻略に手こずったために、張郃は全責任をなすりつけられた挙句、曹操と内通している疑惑をかけられ、窮地に陥った彼は曹操に降伏しました。

 

関連記事:曹操、宿敵を破る!曹操が「官渡の戦い」で勝利できた理由とは?

関連記事:陳寿の曹操アゲ発覚!官渡の戦いの曹操軍は1万人じゃない?

 

【三国志の時代の流れを決定付けた重要な戦い】
官渡の戦い特集

 




魏の張郃となる

曹操に仕える張コウ(張郃)

 

曹操の配下となった張郃は数々の戦いで手柄を挙げ、特に定軍山(ていぐんざん)の戦いでは夏侯淵(かこうえん)の死後に混乱した兵士たちをまとめるなど、堅実な働きもしています。これらの功績が認められ、220年には左将軍に任命されました。

 

水路を断たれ残念がる馬謖

 

曹叡(そうえい)の時代には対呉として活躍するも、対蜀に再び任命され、街亭(がいてい)の戦いでは見事馬謖(ばしょく)を破りました。この功績から加増され、4300戸となりました。

 

夏侯惇

 

比較のために夏候惇(かこうとん)が207年に加増されて合計2500戸なので、正に張郃は魏の臣下として信頼され、良く働いていたと言えるでしょう。

 

関連記事:馬謖の山登りは王平が原因だった!陳寿が隠した真実?

関連記事:もしも、馬謖が劉備に排除されていたら北伐はどうなる?

 

【諸葛亮に愛された登山家・馬謖】
馬謖

 

 

 

張郃の死

孔明 vs 司馬懿

 

しかし、231年の祁山の戦いで彼の活躍は終焉を迎えます。元々対蜀を任されていた曹真(そうしん)が病死し、対呉にいた司馬懿がその任務に任されます。魏略によるとここで司馬懿が張郃の反対に耳を貸さず、諸葛亮(しょかつりょう)軍の追撃をさせたことで張郃は諸葛亮軍に反撃を受け、戦死しました。

 

魏志(魏書)_書類

 

張郃の生年は不明なのでこの当時の張郃の年齢は分かりませんが、史料などでは「老将」とされているので、張郃もこの当時はかなりの年齢だったのでしょう。ともあれ三国志時代の英雄がまた一人、命を落としたのでした。

 

【古今東西の英雄の「最期」は千差万別】
英雄の死因

 

張郃の死因は司馬懿のミス

張コウ(張郃)を極端に恐れる劉備

 

因みに三国志演義ではあまり良い扱いとは言えない張郃ですが、史実ではかなりの名将です。あの劉備(りゅうび)も「張郃やべえわ(超意訳)」という言葉を残しており、蜀の人物たちはかなり張郃を警戒していたと言われているほどです。

 

 

そしてそんな張郃を死なせてしまったことは、司馬懿の最大の失態とも言われていますね。しかし、これは本当に司馬懿の失策だったのか?

 

司馬懿

 

それを考えるのが今回のコンセプト、実は司馬懿は張郃を失策で死なせたのではなく……全ては計算通りだったのだ!……というのが、今回のテーマです。

 

関連記事:司馬懿の「野心家」イメージはどこから生まれた?

関連記事:衝撃の夫婦仲?司馬懿と張春華のドロ沼夫婦生活

 

【英雄の壮絶な人生・死生観をひも解く】
英雄の墓

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP