三国志平話




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉備はなぜ死んでしまったの?その原因を徹底分析

この記事の所要時間: 324




魂が抜ける劉備

 

曹操(そうそう)は長年持病の頭痛に悩まされ、

結局持病が悪化したことによって

亡くなってしまったと言われていますが、

劉備(りゅうび)はそのような目立つ病歴もなかったのに、

突然病に倒れて亡くなってしまいます。

 

なぜ劉備は突然病に臥してしまったのでしょうか?

その原因を究明していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:漢の血筋を引く者は劉備のみにあらず!皇族・劉虞の悲しき最期

関連記事:劉備が親孝行でお茶を買う?中国茶の種類を紹介

 

 

関羽の死により心にストレスが

関羽の死により心にストレスが溜まる劉備

 

劉備の病については、

精神的なストレスによって

引き起こされたものであると考えられています。

 

劉備にそれほどのストレスをもたらしたものとは

一体何だったのでしょうか?

 

その発端となった出来事としては

関羽(かんう)の死が挙げられるでしょう。

 

桃園で義兄弟の契りを交わしてから、

何十年も共に戦ってきた関羽ですが、

呉の呂蒙(りょもう)の計略により捕まって処刑されてしまいます。

 

その頃劉備は蜀に漢中王として君臨し、

あとは益州と荊州の二方向から曹操を攻め滅ぼして…

といった具合に天下三分の計が成ることばかりを描いていたものですから、

この関羽の訃報はまさに青天の霹靂でした。

 

身内ともいえる関羽の死は、

劉備に大きなストレスを与えます。

しかし、このストレスを

劉備は怒り狂うことによって発散

 

劉備は孫権(そんけん)が和睦を申し出たり、

諸葛亮(しょかつりょう)をはじめとする臣下たちに必死で止められたりしても

その怒りを抑えることができず、

弔い合戦ともいえる夷陵の戦いを起こす準備を始めたのでした。

 

 

張飛の死でストレス倍増

張飛の死でストレス倍増

 

そんな中、

献帝(けんてい)が死んだという噂が流れたり、

献帝から魏の曹丕(そうひ)が帝位を奪ったという話が舞い込んだりして、

蜀の群臣たちは色めき立ちます。

 

そこで重臣たちは劉備に皇帝に即位することをすすめ、

劉備は蜀の地で皇帝となったのでした。

 

しかし、不幸なこととは続くもの。

今度は張飛(ちょうひ)が亡くなってしまいます

 

劉備と江州で合流する予定だった張飛ですが、

部下の裏切りにあって命を落としてしまったのです。

 

劉備は張飛の都督からその死を聞く前に

張飛が普段から厳しい刑罰で部下を締めつけていたことを思い出し、

あぁ、張飛が死んだか…

と悟ったのだそう。

 

このときには関羽が殺されたときほど

感情を爆発させることはなかった劉備ですが、

関羽を失った時と同等のストレスを

その身体に抱え込むことになったのでした。

 

■中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説■はじめての水滸伝

 

夷陵の戦いの敗北で更にストレス

夷陵の戦いの敗北で更にストレス

 

呉の臣下が関羽を討ったということと、

張飛を裏切った部下が呉に逃げたということで、

呉を討つ大義名分が完全に出来上がった劉備は

自ら呉に向かって出陣します。

 

序盤こそ快勝し続けた劉備でしたが、

そのために調子に乗って罠に気づかず、

夷陵で陸遜(りくそん)の火計に見事に引っかかって

大敗を喫してしまいます。

 

劉備は何とか白帝城に逃げ込みますが、

調子に乗ってしまった自分の不甲斐なさや、

たくさんの部下を死なせてしまった罪悪感、

そして、関羽と張飛の敵討ちが叶わなかったという絶望に打ちひしがれ、

ついに床に臥せてしまいます。

 

過度なストレスは胃腸に大きな負荷を与えたらしく、

劉備は下痢や腹痛に悩まされるようになりました。

実は、消化器官と脳というものは密接な関わりがあり、

精神的なダメージは消化器官にあらわれることが多いのです。

劉備のそれはこの典型ともいえるでしょう。

 

しかし、胃腸へのダメージだけではなく

手足がうまく動かなくなったり、

目がかすんでものがよくみえなくなったり

ついには不眠症を患ったりしてしまったという劉備。

 

弱った胃腸から細菌が侵入して、

手足や目に悪影響を及ぼしたとも考えられますが、

不眠症をも患ったということから、

これらの症状はやはり精神的なダメージに

起因するものと考えられるのではないでしょうか。

 

実は、気持ちが落ち込むということで有名なうつ病にも、

身体が動かなくなったり

視界がぼんやりしてはっきり見えなくなったり

といった症状があります。

 

劉備は身体的な面に特に強い症状が出るうつ病を患い、

胃腸がズタズタになってしまうほど

病んでしまったことによって亡くなってしまった

と考えられるのではないでしょうか。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

断腸(だんちょう)の思い」という言葉がありますが、

この話のもととなった母猿も

子猿を連れ去られたという

精神的ダメージによって

腸がズタズタになっていたといいます。

 

きっと劉備もこの母猿と同じくらい、

苦しく辛い思いをしたのでしょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:郭嘉は劉備の命の恩人?地獄で仏のアドバイス

関連記事:脾肉の嘆とは?劉備激白!「8年で20キロ太りました」

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 何で劉備と司馬懿は無能な人間のふりをしたの?分かりやすく解説して…
  2. 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる
  3. 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器
  4. 劉琦と劉琮の仲が悪くなったのは一体どうして!?
  5. 思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着
  6. 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは…
  7. はにゃ?これ名詩なの?三国時代の詩が難解すぎる件
  8. 【異聞】徐庶は劉備の人徳なんかどうでも良かった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 馬謖は街亭の敗戦の後、何を画策したの?孔明を裏切る行為で憂え悲しむ
  2. 46話:袁紹軍の審配、石弓隊で曹操軍を撃破
  3. かつて日本で大流行したカリスマコメント付き三国志が存在した!
  4. 【衝撃の事実】三国志でよく使われていた弩が日本で流行らなかったのは日本人がガラパゴス脳だったから
  5. 【ネタバレ注意】キングダム542話 楔 レビュー&今後予想
  6. 【はじめての孫子】第12回:卒を視ること嬰児の如し、故にこれと深谿に赴むくべし。

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

袁紹と今川義元は似たもの同士だったってホント!? 30話:曹操軍を支えた最強の青州兵 【映画関ヶ原を100倍楽しむ】関ヶ原の戦い…実は寧々と淀の争いが原因だった!? 読者の声(2018年10月28日〜11月5日) 禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏 中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの? 諸葛孔明も学んだ三国志の天文学とはどんなモノ? 桓騎軍のDQN集団がヤバ過ぎる・・・何であんなのが配下に集まるの?その驚くべき理由とは?

おすすめ記事

  1. 意外な事実!三国志の時代のお盆は死者の為に懺悔する日だった!
  2. 荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介!
  3. もし郭嘉が魏の建国まで長生きしていたら魏の内閣総理大臣になっていた?
  4. 能力か血統か?司馬炎VS賈充VS杜預、三つ巴お家騒動
  5. 彭越(ほうえつ)とはどんな人?漁師から王の位にまで上り詰めた梟雄
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【11/13〜11/19】
  7. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第19話 「罪と罰」の見どころ紹介
  8. 足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の微妙な関係性はどうやって幕を閉じたの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP