キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【病は気から?】姜維が諸葛亮に延命祈祷を勧めた理由




諸葛亮

 

西暦234年8月、遠征中だった(しょく)丞相(じょうしょう)諸葛亮(しょかつりょう)は陣中で病に伏せります。

三国志演義(さんごくしえんぎ)では、諸葛亮が天文をみて自分の寿命が残りわずかであると察して嘆いた時に、

武将の姜維(きょうい)諸葛亮延命祈祷(えんめいきとう)を行うことを勧め、

諸葛亮はいそいそと祈祷にとりかかっています。

祈祷は諸葛亮が自ら七日のあいだ毎晩「歩罡踏斗(ほこうとうと)」というステップを踏むというハードなもの。

現代人の感覚からすると、利くかどうか分からない儀式で体力を消耗するよりも

安静にしているほうがいいのではと思いがちですが、

諸葛亮や姜維はこの儀式をどの程度信じていたのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魏延への嫌がらせ人事に込められた諸葛亮の愛

関連記事:諸葛亮の病状に温度差?二つの三国志演義を比較

 

 

諸葛亮は信じていた

諸葛亮は信じていた

 

姜維が延命祈祷を勧めた時、諸葛亮はこう言いました。

「その方法は知っているが天意がどうであるかは分からない」

祈祷を行っても寿命が延びるかどうかは分からない、と、

祈祷の効果を疑っているような口ぶりです。

 

しかし、そう言いつつもいそいそと祈祷に取りかかっていますので、

うまくいくことも充分考えられると思っていたのでしょう。

祈祷は七日間灯明が消えなければ成功するというもので、

六日目の晩になって灯明が消えずにいるのを見た時、

諸葛亮が心中甚だ喜んだという記述がありますので、

こんなもの気休めだというような諦めモードの取り組みではなかったことが分かります。

 

 

合理主義者のはずでは?

諸葛亮は合理主義者のはずでは?

 

諸葛亮は法に基づく公平な政治を行ったことが有名で、また、

自分のお墓には豪華な副葬品は入れるなと言っていた人です。

そんな合理主義的な人が延命祈祷なんて信じていたのかしらと疑わしくなりますが、

三国志演義の諸葛亮は信じていたはずです。

なぜなら、三国志演義の諸葛亮は自分が妖術使いだからです。

赤壁の戦いの時には七星壇の上で儀式を行い風を吹かせていますので、

星を祭ればいろんなことができるというのは彼にとっては常識だったことでしょう。

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

姜維は祈祷を信じていたのか

姜維は祈祷を信じていたのか

 

正史三国志でも三国志演義でも、姜維が神秘的な術を行ったような記述はありません。

姜維の法術に対する考え方は一般人と同じものであったろうと思います。

時々そういう術を行う人がいるという話を聞いたり

デモンストレーションを見たりする機会があったとしても、

本当かな? 手品じゃないのかな? と半信半疑だったのではないでしょうか。

だとすると、自分が信じていない延命祈祷をなぜ諸葛亮に勧めたのかが気になりますね。

 

病は気から

病は気からな孔明

 

三国志演義に描かれている諸葛亮の病状を見ると、

諸葛亮は精神的にショックなことがあった時に吐血をして体調を崩しています。

五年前にも将来に期待をかけていた若手武将が亡くなった時に

嘆きのあまり同じ症状で体調を崩したことがありますが、

その時はただちに遠征を中止して療養に入り健康を回復しました。

姜維がその情報を知っていたとすれば、こう考えたのではないでしょうか。

 

“この病気は、気持ちを落ち着けて安静にしていれば治る……”

 

ところで、目の前の諸葛亮は天文から自分の寿命が残りわずかであると信じ込んで動揺しています。

姜維が星占いやおまじないを全然信じていないとすれば、こう考えたはずです。

“星がどうだって人の寿命と関係あるものか。星を見て動揺していることこそが体に触るのだ”

 

祈祷の心理的効果

祈祷の心理的効果

 

どうにかして諸葛亮の気持ちを落ち着かせたいと考えた姜維は、

諸葛亮が星占いやおまじないを本気で信じていることを逆手にとって

延命祈祷をすすめたのではないでしょうか。

 

姜維自身はおまじないなんて全然信じていなくても、

諸葛亮が信じているならまじないをさせて、儀式が終了したら

“ああよかった! おまじないをしたからこれで治る!”と

安心してもらって健康を回復して欲しかったのだと思います。

気持ちが落ち着いて吐血が止まり患部がふさがれば、

あとはゆっくり体力を回復すれば元気になるはずだと考えたのではないでしょうか。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

この延命祈祷、六日目の晩に事故で灯明が消えてしまい、失敗に終わります。

そこで諸葛亮はがっくりして大量に吐血をして死の床についてしまうのですが、

祈祷が成功していればそうはならなかったのではないかなと思います。

 

おまじないをして寿命が延びるなんてありえないよ、と思いつつも、

心理的な効果で一命をとりとめることは充分ありうるだろうなと思います。

本気で星占いを信じている諸葛亮を見て、おまじないでもしたらと勧めた姜維の心境を慮ると、

祈祷失敗の顛末(てんまつ)はとても切ない気がします。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:姜維と魏延性格は真反対だけど似ている所があった!!

関連記事:【発見】諸葛亮の軍略の後継者は姜維だけではなかった!

 

【赤兎馬はカバだった説に迫る】
赤兎馬はカバ

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 99話:荊州を餌に孫権に合肥を攻めさせる劉備
  2. 【実録】今川義元にいじめられ続けた井伊家と松平家
  3. 袁術と孫策 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術
  4. 【李傕・郭汜祭り 7日目】最期の勝者?仲間達を蹴落し勝ち残った董…
  5. 【ネタバレあり】映画ドラゴンブレイドを三国志ライターkawaus…
  6. 25話:反菫卓連合軍の崩壊・・・それは、袁紹・袁術の確執から始ま…
  7. 残忍な曹丕 【権力を巡る兄弟の確執】曹丕&曹植 VS 後白河天皇&崇徳天皇
  8. 西遊記 【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 殺害される姜維と鍾会
  2. チャーチル
  3. 韓信将軍
  4. 孔明 司馬懿 陸遜
  5. 幕末 魏呉蜀 書物

おすすめ記事

  1. 戦国時代最初の天下人は織田信長ではなかった? 織田信長
  2. 黒田官兵衛は本当に息子の活躍を苦々しく思っていたの? 黒田官兵衛
  3. 【三顧の礼】均ちゃんの野望ホントは劉備に仕官したかった諸葛均
  4. 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」のことわざを作り出した班超って一体何者?
  5. 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う! 趙雲
  6. 島津斉彬(しまづなりあきら)はどんな人?西郷隆盛と大久保利通を育てた名君 島津斉彬

三國志雑学

  1. 劉備の黒歴史
  2. 孔明南東の風
  3. 蜀の厳顔
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 袁紹にお茶を渡す顔良
  2. 暴れまわる異民族に困る梁習
  3. 龐統した勝利
  4. 合肥の戦いの満寵
  5. 出世した韓遂

おすすめ記事

三国志に出てくる海賊達と甘寧 甘寧は夷陵の戦いで戦死していなかった?呉武将甘寧と夷陵の戦いを解説 旅 三国志 東方明珠のへなちょこ黄河旅行記 その2 呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!? 何で賈詡は董卓残党を奮起させて王允の政府を破壊したの? 【秦の次世代を期待された二人】蒙恬と扶蘇の無念な最期 光武帝 三国志 5話:頓挫する王莽の新と、後漢王朝の復活 蜀軍キラーとして名を挙げることになった陳泰の戦いに痺れる! 昔の中国のお葬式ってどんな感じだったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP