王昭儀、曹操に愛され曹丕に大事にされた世渡り上手な女性

2018年10月4日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操

 

曹操(そうそう)には多くの夫人がいましたが、

晩年にはどんな夫人たちよりも愛された

王昭儀(おうしょうぎ)という女性がいました。

王昭儀はドロドロとした後宮の中でうまく立ち回り、

幸せな生涯を送ったといいます。

 

今回は、そんな賢媛・王昭儀を

ご紹介したいと思います。

 

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

関連記事:三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



寵愛されるも子がいなかった王昭儀

寵愛されるも子がいなかった王昭儀

 

王昭儀の「昭儀」とは、

「夫人」や「美人」などの女性の身分の名称です。

 

王昭儀はその聡明さ故か他の夫人よりも多くの愛を

曹操から注がれていたのですが、

身分が低かったがために他の夫人から見下されていました。

しかし、そんな彼女を憐れんでか

曹操が夫人よりも高い位である「昭儀」の称号を与えます。

 

しかし、そんなことをしては

女性たちの嫉妬の炎に油を注ぐだけ。

「どうせ名ばかりの称号よ!」

「成り上がりものの!」

このように王昭儀は他の夫人たちから

チクチクネチネチ嫌味を言われたことでしょう。

 

そしてその嫌味には

子どももいないくせに

といったものも多く含まれていたはず。

彼女は曹操から深く愛されてはいたものの、

子どもを授かることができなかったのです。

 

王昭儀はこのことについて

顔には出さなかったかもしれませんが

心の奥底ではいつも深く悩んでいたことでしょう。

 

曹幹を養子に迎える

曹幹を養子に迎える

 

しかし、そんな王昭儀に転機が訪れます。

なんと曹操の妾が

幼い子を遺して亡くなってしまったのです。

 

その子とは、

まだたったの3歳だった曹幹(そうかん)

年老いてから授かった子ということで、

曹操が特別可愛がっていた子でもありました。

曹操は曹幹の養母として

王昭儀をあてがいます

 

曹操は王昭儀がかねてより

子を欲しがっていたことを知っていたのでしょうし、

何より愛する彼女の身分を保障してあげたいと思ったのでしょうね。

これは王昭儀にとって

まさに棚から牡丹餅(ぼたもち)

 

血の繋がりこそありませんが、

ようやく息子を手に抱くことができたときの

王昭儀の喜びは言い表せないほどのものだったでしょう。

 

三国志平話

 

曹丕を猛プッシュしていた王昭儀

曹丕を猛プッシュしていた王昭儀

 

しかし、実は王昭儀は子がいなくても

自分の地位を安泰なものにするために

曹幹を迎える前から様々な努力をしていた様子。

 

王昭儀が曹幹を育てることになる少し前、

魏の宮廷内には不穏な空気が漂っていました。

曹操の後継者をめぐる争いが激化していたのです

 

嫡男である曹丕(そうひ)と文才に長けた曹植(そうしょく)との

一騎打ちの様相を呈したこの後継者争いですが、

多くの臣下や後宮までもを巻き込んでの

熾烈な泥仕合が繰り広げられていました。

 

実はこのとき、

王昭儀は曹丕が選ばれるように

全力で曹操に曹丕を猛プッシュ。

曹丕が後継者になれるように

全面的にバックアップしていました。

 

曹植陣営に度重なる嫌がらせを受けて

辟易していた曹丕は

王昭儀に大きな恩義を感じたことでしょう。

 

このために王昭儀は子どもがいないながらも

曹丕から保護されて将来も安泰であったはずですが、

養子として曹幹を迎えたことによって

後宮での地位を盤石なものすることに成功したのでした。

 

 

幼い我が子を想う曹操の遺言

幼い我が子を想う曹操の遺言

 

そんな折、

曹操が持病をこじらせて床に臥してしまいます。

 

曹操が自身の死期を悟ったとき、

曹操は曹丕を枕元に呼び、

涙を流しながら次のように語ったそうです。

 

曹幹はたった5歳で両親を失おうとしている。

曹丕、この子のことをよろしく頼むぞ。

曹丕は恩を受けた王昭儀の養子であり、

父の忘れ形見である曹幹を常に傍において可愛がりました。

 

そんなある日のこと、

曹幹が曹丕に「お父様」と呼びかけるという事件が発生。

曹丕は幼くして父のいない曹幹が

兄である自分を父と呼んだことを大層哀れに思い、

私はお前の父ではなく、兄なのだよ。

と告げて涙を流したと言います。

 

曹丕と曹幹の年は30歳近く離れていましたから、

曹幹が曹丕を父親であると勘違いしても仕方のないこと。

しかし、もし2人の年がもう少し近かったとしても、

曹幹は自分を可愛がってくれる曹丕を

父親のように慕ったのではないでしょうか。

   

 

曹丕も曹幹の行く末を想う

曹操が亡くなった後、

魏の皇帝として即位した曹丕ですが、

わずが7年で亡くなってしまいます。

 

曹丕は父がかつて自分に曹幹を託したように、

息子の曹叡(そうえい)に曹幹を託します

また、自分が曹操の後継者となるように

力を尽くしてくれた王昭儀についても

手厚く保護するようにと伝えたそうです。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

女性にとっても生き抜くのが大変な時代で

時勢を読んでうまく立ち回り、

幸せな生涯を送った王昭儀。

 

そんな彼女に養われた曹幹も

早くに両親を亡くしてしまったとはいえ

十分に幸せな幼少期をおくることができたのでしょう。

 

関連記事:曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1

関連記事:曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part2

 

赤兎馬はカバ

 
 
 

-三国志の雑学
-, , ,