朝まで三国志悪
北伐




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性

この記事の所要時間: 314

王昭儀

 

王昭儀(おうしょうぎ)は、晩年の曹操(そうそう)の

寵愛を受けた女性であると言われています。

 

しかし、寵愛を受けつつも子供には恵まれなかった彼女は、

その後の身の振り方を考えないといけませんでした。

 

いかに、曹操の寵愛を受けても、夫人達で厚遇されるのは、

子供を産んだ者だけです、それ以外は曹操の死後はどう扱われるか

分かったものではありません。

 

実際に曹操も死の間際には、子供がいない妻達の将来を案じて、

内職の下駄作りの技能を身につけさせようと思っていた位でした。

 

焦りを覚えていた王昭儀ですが、そこで曹操の妻の一人

陳姫の死去の情報が入ります。

 

 

王昭儀にチャンスが巡ってくる

秦 王騎

 

彼女には、生まれたばかりの曹幹(そうかん)という息子がいました。

曹操は、王昭儀を呼んで、陳姫に代わり養育するように頼みます。

 

これは、王昭儀にとっても、願ってもないチャンスでした。

この子が大きく成長すれば、やがて王に封じられ自分の立場も

王母として安泰になるからです。

 

 

魏では後継者争いで曹丕と曹植が対立

曹丕 曹植

その頃、魏では、後継者問題が起きていて、

家臣達は、曹丕(そうひ)派と曹植(そうしょく)派に分かれていました。

 

王昭儀は、常に曹操の寵愛を受けていた事で曹操の言動を多く聞く

立場にあったので曹操が、現実的には、お気に入りの曹植ではなく、

嫡男の曹丕を後継者に据えると早くから判断していて、

曹丕の生母、卞(べん)夫人と曹丕を擁護する動きを見せていました。

 

王昭儀の読みは的中し、曹丕が曹操を継いで、魏の初代皇帝、

文帝として即位します。

 

 

曹丕の歪んだ性格

曹丕

 

曹丕は、自分に優しくしてくれたものには恩義を返しますが、

敵対したものには容赦をしない狭量で陰険な性格でした。

 

かつて、曹丕に反対して、曹植を押した家臣達や、日和見をしていた、

曹丕の異母兄弟は、不信と猜疑心に曝され、死に追いやられたり、

領地を取り上げられたりしました。

 

しかし、一貫して曹丕を支持した王昭儀と義理の息子の曹幹には、

曹丕は心を開き、曹幹を常に手元に置いていたと言います。

 

異母兄弟とはいえ、曹丕と曹幹の年齢差は数えで30歳もあり、

傍目からは、親子のように見えました。

 

実際に曹幹は、曹丕を「お父さん」と呼び、曹丕は、

曹幹を「お前は私の弟だ」と呼び涙を流したという話もあります。

 

しかし、この話には、いささか生々しいものがあります。

それは、曹丕が密かに王昭儀と密通していたという話です。

 

 

曹丕が密かに王昭儀と密通していた説

三国志 月

 

幼い曹幹は、母と曹丕が逢瀬をしているのを度々目撃し、

曹丕を本当に自分の父であると勘違いしていたのではないか?

という推測があるのです。

 

実際に、曹丕は、曹操の後宮にいた女達を、そのまま自分の後宮に

編入してしまい、実母の卞夫人から「汚らわしい」と軽蔑され、

死後も実母は、曹丕の墓で泣かなかったという逸話もあるのです。

 

真実は闇の中ですが、曹操との間で子供がいない王昭儀にとっては、

義理の息子とはいえ、自分とほとんど年齢が変わらない曹丕と

関係を持つ事には、それほどの抵抗が無かったのかも知れません。

 

 

曹丕は死ぬ直前まで王昭儀と曹幹を大切にしていた

三国志 川

 

曹丕は、後継者の曹叡(そうえい)に、

王昭儀と曹幹に目を掛けるように、特に遺言して亡くなるなど

配慮を尽くし、曹幹は5000戸を有して趙王にまで昇りました。

 

歴史書は王昭儀について多くを語りませんが、猜疑心の強い曹丕の

治世で、少しも嫌疑を受けなかったのは、かなりの力量がある

強く賢い女性だったのではないでしょうか?

 

 

こちらの記事もよく読まれています

13人の妻達(曹操)

 

よく読まれてる記事:三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!

 

尹夫人 曹操 2

よく読まれてる記事:後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1

 

杜夫人

 

よく読まれてる記事:関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人

 

 

はじめての三国志 アンケートのお願い

曹操 ゆるキャラ

 

サイトが見づらい、この武将をもっと取り扱ってほしいなど要望がありましたらこちら

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■HN:

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

■好きな三国志の人物:

袁術 自分に正直だから、、嘘ゴメン、やっぱ劉備

■幸せを感じる瞬間:

三度のご飯を頂いている時。

■宝くじが当たったら?

自宅を古本屋に改装して嫌な客は追い出す頑固親父になる。

■世界最後の日、あなたは何をしていますか?

明日の朝ごはんの事を考えています。

■出没場所

電脳空間

■何か一言:

実は、kawausoはホログラフで存在しません(嘘)

 

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!…
  2. 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史…
  3. 知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!
  4. これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレード…
  5. 【ネオ三国志】第7話:皇帝に就任した袁術と荀彧の秘策【蒼天航路】…
  6. 【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの?
  7. ホリエモンが舛添都知事を庇った理由と晏嬰で考える政治家倫理
  8. 曹丕(そうひ)ってどんな人?魏書には正当性を表す記述ばかり!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 恩賜の御衣ってなに?三国志や源氏物語にも出てくるエピソードを紹介
  2. 【第五回 放置少女】ケチ武将・曹洪倒すためガチャをぶん回してみた結果
  3. 蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?
  4. もし司馬懿が赤壁の戦いに参加していたら魏はどうなった?
  5. ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だった
  6. 【5分で丸わかり】西郷隆盛とはどんな人?2018年の大河ドラマ「西郷どん」の生涯

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第2回 三国志マニアも喜ぶ豊富なキャラ! 左慈(さじ)の秒速デリバリー!三国志も鮮度が命 【ネオ三国志】第9話:呂布の覚醒と劉備軍の降伏【蒼天航路】 ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の名将 命乞いでここまで堕ちるか?関羽に命乞いし全てを失った男・于禁 游殷(ゆういん)が的中させた人物評価が凄かった!ズバリ言うわよ!YOUは長官になる器だ! 孫呉を滅亡させた晋の将軍は誰だったの?杜預それとも王濬? 【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発

おすすめ記事

  1. 陳矯(ちんきょう)とはどんな人?忠誠心と優れた決断力を持っていた魏の文官
  2. 馬謖は街亭の敗戦の後、何を画策したの?孔明を裏切る行為で憂え悲しむ
  3. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第2部
  4. 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛
  5. キングダム 531話 ネタバレ予想:必殺の別働隊
  6. 111話:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める
  7. 【曹操が慕った偉大な王様】天下の三分の二を所有するも王へ登らなかった周の文王ってどんな人?
  8. 戦う思想家集団 墨家(ぼくか)とは何者?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP