三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての変

大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

この記事の所要時間: 314




13人の妻達(曹操)

 

その生涯の大半を戦争をして過ごした忙しい曹操(そうそう)には、何と13名という妻がいます。

あんなに忙しいのに、よくそんなに・・と要らない心配をしてしまいますが、

そんな曹操の妻達は、誰一人として似たような人がいない個性的な人達なのです。

はじさんでも人気記事になった、曹操を巡る女達のドラマをまとめました。



側室から正妻へ、良妻賢母の鑑だった卞(べん)夫人

卞夫人 曹操

 

卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1

https://hajimete-sangokushi.com/2015/05/25/post-2758/

・卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2

https://hajimete-sangokushi.com/2015/05/27/post-2826/

 

卞夫人は、元々は身分の低い家の生まれでしたが、曹操に見染められて

曹操が丁(てい)夫人と離婚した後に正妻になります。

 

正妻になっても威張り散らす事もなく、謙虚で倹約家、前妻の丁夫人にも

思いやりを持って接し、次々と増え続ける曹操の妻や子供達の面倒を一手に引き受けています。

 

大体、このような世界では、ドロドロした大奥での権力争いが起き、

権力者を悩ませるのですが、曹家の妻達にはそのような事が少ないのは

ひとえに卞夫人の指導力があったからでしょう。

 

まさに曹操が生涯最も信頼したのが卞夫人だったのです。



知的で争い事が嫌いな環(かん)夫人

環夫人

 

・卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人

https://hajimete-sangokushi.com/2015/06/11/post-3184/

 

環夫人は、西暦180年頃に徐州で生まれました。

曹操より、25歳下、卞夫人より20歳下という事になります。

 

曹操との馴れ初めは記録されていませんが、徐州という土地柄を

考えると、曹操による徐州大虐殺を免れるために、地元の豪族が

彼女を曹操に差しだしたという事かも知れません。

 

でも、だからといって曹操が環夫人を形式的にしか愛さなかった

というような事はないようで、彼女が産んだ曹沖(そうちゅう)

少年時代から聡明で曹操も後継者と目していた程でした。

 

また、曹操は、彼女との間に生まれた息子には、古代の神や仙人の

名前を与えるという今でいうキラキラネームのような事もしています。

 

曹操と関羽に取りあいされた杜(と)夫人

杜夫人

 

関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人

https://hajimete-sangokushi.com/2015/05/25/post-2754/

 

曹操は、愛情が深すぎる人物であり、気に入れば未亡人であろうが、

見境いなしという困った助平でした。

こちらの杜夫人も、元は夫がいましたが、袁術(えんじゅつ)の元に

行った時に、夫は強引に離婚させられて彼女は独身に戻ります。

 

しかし、杜夫人はかなりの美貌だったようで、あの朴念仁の

関羽(かんう)が曹操に「戦利品として杜夫人をくれ!くれったらくれ!」

と何度も催促する程に惚れていました。

 

が、あまりのしつこさが仇になり興味を持った曹操が、

杜夫人に面会し、その美貌に一目ぼれ、関羽との約束を反故にして

自分の妻にしてしまいました。

 

薄幸だった後漢王朝の華 尹(いん)夫人

尹夫人 曹操

 

・後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1

https://hajimete-sangokushi.com/2015/05/26/post-2809/

 

・後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2

https://hajimete-sangokushi.com/2015/05/26/post-2804/

 

尹夫人は、杜夫人と同じように未亡人でした。

彼女の夫は、後漢の大将軍、何進(かしん)の息子の何咸(かかん)でした。

平和な時代なら、栄耀栄華を欲しいままにする素晴らしい日々が

続く筈でしたが西暦189年、7月、義父、何進が宦官に殺され、

夫も殺されるに至り、彼女の運命は暗転してしまいます。

 

争乱の宮廷で宮女として何とか幼い息子、何晏を育てていた彼女は

当時、宮廷の実権を握った曹操に見初められ、彼の妻になります。

 

こうして安定するかに見えた尹夫人の人生には、この後

悲しい結末が待っていたのです・・

 

運命を知略で切り開いた 王昭儀(おうしょうぎ)

王昭儀

 

王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性

https://hajimete-sangokushi.com/2015/06/12/post-3208/

 

王昭儀の昭儀とは、名前ではなく側室の官位の名前です。

ですから、王夫人というべきなのかも知れません。

 

彼女は曹操の最晩年に愛された女性ですが、

惜しい事に子供を授かる事がありませんでした。

 

当時の常識では子供がない妻は、一方的に離婚され

追い出される事さえ、珍しくはありませんでした。

曹操は、そうしないとしても、曹操が死んで

曹丕(そうひ)が即位したらどうなるか分かりません。

 

そこで王夫人は、生き残りを掛けて巧みな手腕を駆使して

幸福を掴もうとするのです。

 

曹操の愛した妻達全員について知りたい

宋姫

 

・曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1

https://hajimete-sangokushi.com/2015/06/20/post-3321/

 

こちらに曹操が愛した妻達のダイジェスト版があります。

名前だけしか知られていない妻達の事も書かれているので、

曹操の妻について調べている人には参考になると思います。

 

三国志ライターkawausoのオススメ

kawauso 三国志

 

三国志という本筋の話からは、外れがちな曹操の妻達の物語、

でも、案外無関係でもなく、曹家の後継者争いがそこまで揉めなくて、

孫家では大揉めになったのも、この後宮の妻達の連携が取れたか、

対立していたかにもよるようです。

 

関連記事:諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変えて愛されていた!

関連記事:曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校

関連記事:宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を分かりやすく解説!

関連記事:旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事をまとめた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?
  2. 【桓騎 vs 慶舎】黒羊の戦いは史実にあるの?本当にあった戦いな…
  3. 梁興(りょうこう)とはどんな人?魏も漢もクソ喰らえ!野望のままに…
  4. 大河ドラマ西郷どんをブレなく楽しむ6つのポイント
  5. 王騎の矛はどういう武器なの?矛と槍との違いも徹底解説!
  6. 【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強
  7. 曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け!
  8. どうすれば関羽を死なせずにすんだのか?三国志ライターろひもと理穂…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 江藤新平 幕末

おすすめ記事

  1. 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる
  2. どうして一橋慶喜と島津久光の仲は悪くなった?
  3. kawauso編集長のぼやきVol.6「天敵」
  4. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編
  5. 【信長の野望】織田信長は、天皇家を取り込もうとしていた!?
  6. 【三国時代】英雄の地位はどの位?

三國志雑学

  1. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志

おすすめ記事

【魏の名将五人衆】 五大将軍に数えられる武将たち ゴールデンカムイネタバレ予想 127話 本当のチタタプ 【囚われた二人の友情】匈奴に囚われた李陵と蘇武の熱き友情 【シミルボン】皆、戦争は嫌だった!三国志の時代の徴兵逃れ 年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】 三国志をより深く知る 特集noteバナー(有料) 【お知らせ】はじめての三国志が有料記事の単品販売を開始 【三国志RPG】DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)第3回 アプリでここまで袁術を育ててみました! 趙雲の京劇風コスチュームって何?真・三國無双8をさらに楽しむ

おすすめ記事

  1. 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具として生きることになった美女
  2. 【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【5/7〜5/14】
  4. 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!
  5. ええっ?曹操は歴史の先生として宮廷で採用されていた!?
  6. どうして張飛は士大夫に卑屈なの?
  7. 意外!漢書が編まれた理由は司馬遷へのダメ出しだった
  8. はじめての三国志「ストライキ決行」の熱い舞台裏

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP