ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【濡須口の戦い功労者列伝】濡須塢を築き二度も曹操軍を撃退、呂蒙

呂蒙


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

呂蒙

 

赤壁(せきへき)夷陵(いりょう)の戦いに比べて地味な扱いをされる濡須口(じゅしゅこう)の戦い

しかし実際には、魏においては蜀攻略以上に重要な作戦に位置付けられ、

特に、第三次濡須口の戦いは魏軍も呉軍もオールスター総動員で戦っています。

そこで、今回は呉の存亡の(とき)濡須口の戦いで功績をあげた呉将を紹介ご紹介

卓抜した戦略眼で濡須塢を築いて魏軍を撃退した呂蒙(りょもう)を取り上げます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の武将も勉強嫌いだったけど勉強したら進化を遂げた蒋欽と呂蒙に迫る!!

関連記事:【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍略に優れていた人物とは?

 


 

濡須口に塢を築かせて三次にわたる戦いに貢献する

濡須口に塢を築かせて三次にわたる戦いに貢献する

 

呂蒙が登場するのは、第一次濡須口の戦いの時です。

この頃、呉軍は濡須口で北岸の魏と対峙していましたが、

砦の類はまだなく、戦争がない時には呉軍は船上に待機していて、

必要に応じて、上陸して攻撃を仕掛ける方法を採用していました。

 

しかし、船の上は決して安全とはいえず、董襲(とうしゅう)が率いた巨大楼船五隻は

夜中に突風を受けて舵を失い横転、沈没する憂き目に遭い董襲も水死

同じく、蒙衝(もうしょう)を率いていた徐盛(じょせい)の船も北岸に流されてしまい

曹操軍に拿捕(だほ)される所を、徐盛の武勇で奪い返した所でした。

 

その後、甘寧(かんねい)が100の騎兵で40万の曹操軍に奇襲を加えて、

見事に成功すると言う快挙もありましたが、呂蒙の不安は去りません。

 


 

船では厳しい追撃には対応できない

カンチョーされる孫権

 

西暦209年、陳蘭(ちんらん)梅成(ばいせい)灊山(せんざん)に立て籠り曹操に反旗を翻します。

孫権韓当(かんとう)を派遣して救おうとしますが、曹操が派遣した張遼(ちょうりょう)臧霸(ぞうは)

于禁(うきん)張郃(ちょうこう)によって反乱は鎮圧されています。

この時、孫権の援軍は上陸して陳蘭を救おうとしていますが、

臧霸が来たので退却しようとしますが、追撃が厳しいので乗船できず

多くの兵士が川に飛び込んで溺死しました。

 

呂蒙はこの事件を忘れていなかったようです。

そこで、水軍頼みにしないで、中州に塢を築いて危うくなれば

塢に逃げ込んで籠城しようと考えたわけです。

 

しかし、勇敢で向こう見ずな呉の将軍たちは、塢の建設を余計な事と嫌がります。

必要な場合だけ上陸して敵を攻撃し、危うくなったら足を洗って、

船に逃げ込めばいいのだと主張しました。

呂蒙

 

ここで呂蒙は、相手の追撃が激しければ、

必ずしも安全に船に避難できないと主張しています。

書かれてはいませんが、臧霸のケースも口に出したと考えれます。

かつて、陳蘭を救助しようとして神出鬼没の臧霸に

散々やられた事をトラウマにしているモノも多かったのでしょう。

孫権は呂蒙の提案を入れて、濡須塢(じゅしゅう)を建設しました。

 

この塢は二つあったようで、塢と塢の間には城壁を築いています。

城壁が三日月のように湾曲していたので偃月塢とも呼ばれていました。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

第二次濡須口の戦いで臧霸を撃退

第二次濡須口の戦いで臧霸を撃退

 

第一次濡須口の戦いでは、あまり活躍の場は無かった濡須塢ですが、

217年の第二次濡須口の戦いでは、大きな役割を果たします。

この時には、朱然が濡須塢を防衛していましたが、張遼と臧霸の攻撃を

朱然は一万張の弩で迎え撃ち、この為に布陣さえままなからない

張遼と臧霸は退却せざるを得ませんでした。

 

ここで呂蒙の軍勢が攻勢に出て、魏軍を散々に打ち破り、

曹操は退却を決意する事になるのです。

戦いは長引き、春3月に長江の水かさが増えてくると魏軍は諦めて

濡須口から引き揚げて呉軍は勝利します。


 

呂蒙の死後も魏軍を撃退した濡須塢

奮闘する曹仁

 

呂蒙の死後、西暦223年には魏の名将、曹仁が濡須塢に襲いかかります。

この時には、魏は三方面作戦を取り、江陵、洞口(どうこう)も戦場でした。

曹仁は濡須塢の兵力を減らす為に、羨渓(せんけい)を落とすと虚報を流し、

濡須塢を守備していた朱桓(しゅかん)は、これに引っ掛かり兵力を派遣してしまい

塢の守備兵は5000人までに低下します。

 

勝機と捉えた曹仁は、総攻撃を加えますが、朱桓は持ちこたえ、

曹仁の息子の曹泰(そうたい)が率いる本隊を火攻めで撃破し、

別動隊の常雕(じょうちょう)を配下の駱統(らくとう)厳圭(げんけい)が破り、将軍の王双(おうそう)を捕虜にし

常雕を戦死させる功績を挙げました。

 

もちろん、これは虚報に引っ掛かっても気落ちせずに、

逆に濡須塢が弱体化したかのように装って

曹仁を誘い込んだ朱桓の力も勝利の原動力です。

 

ですが頑強な濡須塢が存在すればこそ、少ない手勢で曹仁を撃破できた

という事は疑いなく、呂蒙の先見の明が(うか)がわれます。


  

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

濡須塢(じゅすう)の存在がもしなければ、呉軍は従来通りに船上と陸を往来して、

魏軍を攻撃するスタンスを崩さなかったかも知れません。

これでは、夜襲などで慌てた時には、呉兵は船に戻る事が出来ずに、

次々に河に飛び込んで溺死する事態は避けられなかったでしょう。

かつて、大敗をした経験を無駄にせず塢の建設を願い出た呂蒙は

やはり偉大な都督だったのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった!

関連記事:三国志の時代に傘ってあったの?始皇帝や光武帝、呂蒙も使っていた傘事情

 

【赤兎馬はカバだった説に迫る】
赤兎馬はカバ

 


 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 羅貫中と関羽 関平の実の親って誰!?関羽?関定?
  2. 陸遜 周泰は陸遜と一緒に戦った事ってあるの?孫呉の英雄の共闘を調べてみ…
  3. ボロボロになった馬超 馬超は許チョにビビって何にもできなかった!?一騎打ちもウソ?
  4. 司馬懿と諸葛亮孔明がライトアップされて驚く 【三国志トランプ】ジョーカーが諸葛亮と司馬懿である理由とは?
  5. はじめての三国志 画像準備中 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事
  6. 三国志大学 曹操 教える事は特権?後漢時代の塾の先生は威張っていた!
  7. 于禁を虐める曹丕 于禁の憤死の原因を考察
  8. 逃げる夏侯覇 なぜ夏侯覇は蜀に亡命したの?魏期待の星のナゾに迫る

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉備と関平たち
  2. 蜀の劉琦
  3. 曹洪
  4. 曹操
  5. 呂布に殺害される丁原(ていげん)
  6. 劉備の黒歴史

おすすめ記事

  1. 諸葛孔明も学んだ三国志の天文学とはどんなモノ? 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  2. 橋本左内と吉田松陰、二人の天才が残した功績とは?
  3. 103話:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな!
  4. 趙雲が最強イケメンだった3つの理由 五虎大将軍の趙雲
  5. 劉備に徳はどれくらいあったの?三国志で最も大事なのは「徳」? 陳登と劉備
  6. 週刊ビジネス三国志 vo2都合の良い情報はよくよく注意して確認せよ 魏の曹操孟徳

三國志雑学

  1. 徐庶
  2. 呂蒙
  3. 孫権に煽られて憤死する陸遜
  4. 劉備の黒歴史


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 周瑜の魅力
  2. 井伊直政
  3. 農民から苦学して成り上がり尊敬されるカン沢(闞沢)
  4. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  5. 赤壁の戦いで敗北する曹操

おすすめ記事

李広利 【失敗は許されない】李広利が汗血馬を手に入れた経緯を徹底紹介 劉備 劉備はなぜ死んでしまったの?その原因を徹底分析 キングダム54巻amazon キングダム601話ネタバレ予想vol2朱海平原の戦い決着予想 劉虞 界橋の戦いで袁紹と戦った公孫サン、その猛将の寿命を縮めた人物とは? 張飛にボコボコにされる魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん) 魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)はどんな人?呂布を裏切った八健将 孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう) 残忍な曹丕 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの? はじめての三国志 画像準備中 范蠡(はんれい)とはどんな人?越王勾践を助けた謎の天才軍略家

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP