キングダム579話最新ネタバレ予想「飛信隊の覚醒スイッチは○○だ!」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

大人気春秋戦国(しゅんじゅうせんごく)時代漫画キングダム、秦軍右翼は王翦(おうせん)からの指示もないまま兵糧ばかりが減っていき、

とうとうの残り兵糧は1日分になりました。

何も打つ手がないと頭を抱えている河了貂(かりょうてん)、だんだんと士気が低下する秦軍・・

しかし、ここで王賁おうほん)(しん)に軍を覚醒させる必要があると突然の提案を出します。

もはや、亜光(あこう)軍本隊に期待できない今、玉鳳(ぎょくほう)隊と飛信(ひしん)隊を覚醒(かくせい)させる事でこの窮地(きゅうち)を乗り切るしかないと言うのです。

では!飛信隊と玉鳳隊の覚醒スイッチは、どうすれば押せるのでしょうか?

今回、大胆にその正体に迫ってみたいと思います!!

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

 

関連記事:キングダム578話最新ネタバレ「明日までに」レビュー解説

関連記事:キングダム578話最新ネタバレ予想vol2朱海平原の戦いはフェイクだった

 


 

キングダム579話最新ネタバレ予想 ナレーションと堯雲のセリフがヒント

 

Kawausoは、この覚醒スイッチが何か分かりました。

それは、キングダム恒例のナレーションに薄ーくヒントが隠されています。

 

しかし、12日目の開戦直前に二人は玉鳳・飛信隊のそれぞれの隊の覚醒のスイッチを入れる事になる。

 

開戦直前というのが大きなヒントで、戦いの前に行う事がポイントです。

朝起きて顔を洗い、歯磨きをしてする事と言えば、トイレを除けばあの行動しかないですよね?

 

それから、もう一つ、11日目の戦いの日没間際に堯雲(ぎょううん)が言った事もヒント

 

堯雲「ああ、もう秦軍の兵糧はほとんど残っていない

王翦からの助け舟でもない限り、ここの秦軍は滅する事になる

しかし、飢えを目前に力を発揮することもあるからな、、

その前にその力を削らねばならぬ」

 

飢えを前にすると力を発揮するという事は、食料が尽きると兵は追い詰められやけっぱちになり死力を尽くして戦うという事です。

王賁の言う覚醒とは、そのような死をも顧みない極限状態でしょう。

 


 

キングダム579話最新ネタバレ予想 覚醒スイッチは食糧を捨てる事

 

人間が朝起きてからする行為で、それが断たれると死にもの狂いになる事は食事です。

現在、秦軍の右翼において兵糧は残り1日分しかありません。

このままいけば翌日には、食べるものがなくなり秦軍の士気はゼロになるでしょう。

ですから、逆に信と王賁は残りの兵糧を捨てさせてしまい、予定より一日早く食糧を尽きさせてしまうのです。

 

そうして、目前の趙軍を撃破し連中の食糧を奪わない限り、秦軍には餓死(がし)以外に道はないという自分の尻に火をつけるやり方を取ります。

堯雲が恐れていた窮鼠(きゅうそ)猫を噛む状態は、これによって人為的に作り出す事が可能になりました。

もはや後がない飛信隊と玉鳳隊は、死に物狂いになって、堯雲と趙峩龍(ちょうがりゅう)に襲い掛かる事になるでしょう。

 

これによって、飛信隊と玉鳳隊は、圧倒的に多数で楽勝ムードの趙を士気で圧倒し堯雲と趙峩龍の首を挙げようというわけです。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


 

キングダム579話最新ネタバレ予想 史実に登場する計略 破釜沈船

項羽

 

信と王賁が実践する食糧の廃棄は、決して絵空事ではなく史実でもちゃんと登場します。

それが楚の覇王、項羽(こうう)が実行して秦の名将、章邯(しょうかん)を破った鉅鹿(きょろく)の戦いです。

戦いの前、章邯の率いる秦軍は20万という大軍で、反秦連合軍の拠点である鉅鹿城を包囲していました。

当時の反秦連合軍は鉅鹿城を救援に向かいますが、章邯を恐れており、どうせ鉅鹿城は救えないとあきらめ遠巻きに見ているだけでした。

章邯

 

そこに項羽の救援軍2万が到着、まず項羽は秦の補給部隊を襲って糧道を断ち、鉅鹿城を包囲している秦軍を飢えさせます。

その後河を渡って鉅鹿につくと、項羽は、兵士に3日分の食料と水だけを持たせ、補給物資を積んだ船を河に沈めてしまったのです。

 

「3日間で鉅鹿城の包囲を解く、それが出来なければ我らは死ぬのみだ!」

 

もう戻る事も出来ず、三日で飢え死にする運命の楚兵は項羽の(げき)に応え1人で10人の秦兵を相手に奮闘しこれを殲滅(せんめつ)します。

かくして項羽は、それまで無敗だった章邯を破り、黙って見ているだけだった反秦連合軍の他の群雄を抑え楚軍の頂点に立ちました。

これを歴史上、背水の陣、あるいは破釜沈船(はふちんせん)と言うのです。


  

 

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

計略と言いましたが、破釜沈船は計略と呼べる代物ではありません。

失敗すれば全滅するしかない、ただ味方の精神力と戦意に頼った玉砕(ぎょくさい)戦術です。

おそらく河了貂は無謀だと反対するでしょうが、「これしか生き残る術はねェ」と信に説得されて渋々承知するのでしょう。

 

それと余談ですが、前述の鉅鹿の戦いで項羽に敗れて捕虜になった秦兵には王賁の息子の王離(おうり)がいます。

王賁が趙に勝利した戦法を敵である楚の項羽にやられるというのは、因縁めいていてグッとくる部分がありますね。

 

次の記事:キングダム579話ネタバレ予想vol2李牧は王翦の包囲殲滅に敗れる

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム578話ネタバレ予想王翦の神出鬼没には法則があった?

関連記事:キングダム577話最新ネタバレ「赤の他人」レビュー

 

キングダム579話最新ネタバレ予想 Youtube動画

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 


 

関連記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. kawauso
  3. キングダム56巻
  4. 蘇秦(そしん)は合従連衡を行った
  5. キングダム55巻
  6. 昌平君

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP